« February 2011 | Main | April 2011 »

03/27/2011

27th march diary 2011

前回、静岡県内の宿泊施設の空き部屋を地震被害者の受け入れ先に利用すべき、と書きましたが、1週間経て、ようやくその方向で話がまとまりつつあるようです。http://www.at-s.com/news/detail/100014305.html   このような案は僕のような素人でも思いつくアイデアなのですから、県知事をはじめとした行政側はもっと迅速に行動すべきだと思いますね。

そして、このような方針が決定したら、対象となる被災者の方々に広く告知することが大切だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/20/2011

20th march 2011 diary

僕の住む静岡県には伊豆地区を中心に数多くのホテル・旅館・民宿など観光宿泊施設があります。しかし、地震の影響(計画停電・ガソリン不足・自粛ムード等)で観光客からの予約キャンセルが相次いでおり、観光業者も打撃を受けていると、ニュースで見ました。

で、思ったのですが、今回の地震で被害にあった方々の当面の避難所&疎開先として、静岡県内の宿泊施設を活用したら良いと思います。宿泊費・食費などの費用は県や市など自治体が補助をすれば、被災者も助かるし、観光業者にとっても有益だと思いますが、いかがなもんでしょう? それに現在、静岡県の人口は微減傾向にありますし、被害にあわれた方々を積極的に受け入れたら良いと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

03/17/2011

17th march 2011 diary

帰宅途中に、いつも通りかかるガソリンスタンドの前を通ったら、「本日18:00にて閉店」となっていました。東京では既に、どこのスタンドでもガソリンが品切れ状態になっているようですが、静岡でも状況は段々、そうなりつつあるようです。

民放のテレビ番組は通常のバラエティ番組を放送し始めましたが、果たしてこれで良いのだろうか?  各局で分担・担当を決めて地震関連の情報を発信したほうが良いと思うのだが・・・・

分担の仕方としては、たとえば、宮城県の状況を放送する局・岩手県の状況を放送する局・福島県の状況を放送する局・茨城県の状況を放送する局というように、各局で担当地域を分ける、

あるいは、原発の状況を放送する局・救援物資や物流の状況を放送する局、停電や交通情報を放送する局 etc......  というようにして、きめ細かい情報を放送すれば、状況が把握しやすくなると思います。

今現在も、CNNやBBCはじめ海外メディアは日本の状況をトップニュースで報じています、当の日本が仮装大賞とか黄金伝説とか放送していて良いのだろうか? 疑問です。

| | TrackBack (1)

03/15/2011

15th march 2011 diary

そろそろ布団に入ろうと思っていたら、今度は静岡で震度6の地震ですよ。けっこう揺れました。東北地震の影響によるプレートのズレは、確実に関東・東海地方にまで影響してると思います。 これが東海大地震の引き金にならなければ良いのですが・・・

今日、東北大震災への義援金を日本赤十字宛に振り込んできましたが、東海大地震が起こってしまったら、この義援金で自分達が助けられちゃうという皮肉な結果になってしまいますから・・・(笑)   当分、安心できないな・・・

| | TrackBack (0)

03/11/2011

11th march 2011 diary

地震、静岡もかなり揺れました。地震の時は、保健センターで健康講座の指導中でした。参加者は高齢の方が多く、「家には孫がいるので、大丈夫か心配」と皆さん、家族のことを心配しており、本日は、講座も途中で中止となり、皆、早めに帰途につきました。

皆さんのところは大丈夫でしょうか? これ以上被害が拡大しないことを祈ります。

| | TrackBack (0)

03/10/2011

10TH MARCH 2011 DIARY

 

110310_115021_m_2

今日の昼食は、久々にクルマの中で食べてます。気温はやや低めですがよく晴れていて、外の景色を見ながら弁当食べると気持ち良いです。本日のメニューはチキン照り焼き弁当(笑)

| | TrackBack (0)

03/03/2011

3rd march 2011 diary

今日は久しぶりにコアストレッチ・ウォーキング講習会の講師を担当。コアストレッチウォーキングを担当するのは、3ヶ月ぶりくらいなので、自分自身の技術や指導内容が錆付いていないか?ちょっと心配でしたが、何とか無事講習会を終えることが出来ました。

本日、お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »