« March 2010 | Main | May 2010 »

04/28/2010

事業仕分けと通訳案内士試験 

通訳案内士試験は国土交通省が認可する国家試験ですが、試験の実施は独立行政法人・国際観光振興機構(通称 JNTO)が代行しています。  で、そのJNTOが本日の事業仕分けの対象になりました。  仕分けの対象事業には「通訳案内士試験」は入っていないのですが、今回対象のJNTO事業は、一旦、国に移管し、民間や地方自治体で実施できるものは、そちらへ移譲するようなので、実際にはJNTOはかなり縮小するだろうと思われます。

つまり、国からJNTOに配分される予算が減少するわけです。となると、JNTOは新たな収入源となる事業を構築しなければなりません。

で、僕の予想なのですが、通訳案内士試験を、英検やTOEICのような資格ビジネス化して、収入をUPしようと考えるのではないか?と思います。  現状では通訳案内士は英検やTOEICなどに比べて、ずっと受験者が少ないので事業としては赤字のようですが、やり方次第では、資格ビジネスになり得ると思います。

それは、1級通訳案内士・2級通訳案内士のようにレベル分けして、従来の試験区分を1級とする、 で、2級は比較的簡単にして、受験者を増やす。  もちろん、英語だけでなく、中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語その他、多くの言語の試験を実施する。

2級の資格では、外人観光客に対して、ショッピングや街歩き・送迎などの通訳案内が可能。 ただし、日本の歴史・文化などの通訳案内に関しては1級資格が必要、というように従事可能な職務を分ける。

現在、観光庁では、増加する中国人・韓国人の観光客に対応できる通訳ガイドをどうやって確保するか?検討しています。 先日も、ちょっと書きましたが、免許がなくても通訳ガイドの仕事に従事できるように規制緩和する案も出ているようですが、上記のように、1級・2級のようにランク分けすれば、JNTOの縮小に伴う新たな収入源の模索や中・韓のガイド確保といった問題にも対応できるのではないでしょうか?

ランク分けに決して賛成するわけでなないのですが、本日の仕分け結果を見るにつけ、このようなことが一つの方向性としては予見されます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/21/2010

仕分け人の人選に疑問

事業仕分けの第二弾が始まるが、仕分けを担当する仕分け人リストを新聞で見て、   人選にずいぶん偏りがあるな、と感じた。

http://www.shiwake.go.jp/data/files/bdde6f44-b06d-9f4f-61dd-4bcd7468f5cf.pdf このリストを見れば分かるとおり、弁護士・法科大学院教授・会計士・証券会社のエコノミストなど、法律・会計・経営系の分野の人間が大多数である一方、科学者・技術者・医療関係者などは、ほとんど見当たらない。  文系の人間がほとんどで、理系の人間は、ごくわずかといった人選である。

仕分けの対象事業は広範である。科学技術・医療・福祉・教育・国際交流・建設・農林・水産・芸術・大学入試センター etc・・・・・  これら、広範な事業を、法律・会計・ビジネス関係の人間主導の視点のみで判断して良いものか? 疑問を感じる。 色々な分野の専門家の意見をバランスよく聞いて、必要なものか?無駄なものか? 改善・解体の必要があるのか?を検討すべきである。

弁護士や法学教授などが多数を占めるのは、仕分けの議論において、いかに議論を優位に進めるか、という作戦だろう、 法律家は議論のプロですから。

ビジネス関係の人間にしても、大手企業・監査役や大手証券会社・エコノミストに限らず、中小企業だけど優良経営している会社のオヤジなどの発想・視点を取り入れてもいいと思う。

この人選自体、事業仕分けを、いかに民主党の思惑通りに進めるか?といった視点で選ばれているように思える。 民主党の意向に沿わない人物・仕分けに反対意見を述べそうな人物は、選ばないのである。 こういった出来レース的な不条理さ・横暴さは、自民党政権時代と全く変わっていない気がする。

事業に無駄がないか検討するのは良いことである、でも、民主党は、予算をいくら削減した・天下り官僚を何人削減した・独立行政法人をいくつ解体した、等の数字的な削減のみ追い求めるあまり、本来、日本の発展や国民生活に必要な部分まで削ってしまっていないだろうか? 「2位ではダメなんですか?」といったセリフに象徴されるように・・・・

特定分野に偏った仕分け人の人選を、まずは最初に仕分けるべきである(笑)  それを是正した上で、長期的&客観的視野&展望を望みたい。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2010

18th april 2010 diary

「いきなり黄金伝説」の再放送を見ていたら、「餃子の王将のメニュー全部・完食に挑戦 」ってのをやっていた。学生時代住んでいたアパートの近くに王将があったので、よく行ったのですが、卒業してから餃子の王将には一度も行っていない。 で、テレビを見ていたら久しぶりに王将の味が恋しくなってしまい、今日は約20年ぶりに王将で昼食。

静岡市には何故か王将がないので、焼津店まで行って来ました。着いたのが、もう14:00過ぎだったので、日曜といえども空いているだろうと思ったら、なんと、駐車場も満車で、順番待ちの列。   何故に王将がこんなに繁盛しているのだ? やっぱりテレビの影響?

ちなみに王将は東日本と西日本でメニューが多少違っているらしく、東と西の境目がこの焼津店らしい。焼津店までが東日本メニューで、浜松店からは西日本メニューらしい。

学生時代に僕が良く食べていたのは、かに玉・餃子・ライスなどがセットになっている定食だったけど、残念ながら同じセットは、なかったので、八宝菜定食を注文。 20年経っても変わらない懐かしの味に、ちょっとノスタルジックになった一日でした。 

| | TrackBack (0)

04/15/2010

15th april 2010 diary

いつもは移動の途中で昼食採る場合はスーパーで弁当買って食べることが多いですが、今日は何となく食堂に入りたい気分だったので、午後の仕事場近くの静岡インター食堂でランチ。この系列の店はいたる所にあると思いますが、学生食堂みたいに好きなメニューをえらべるのがいいね。特に、ここの玉子焼きは美味いっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2010

12th april 2010 diary

N0023634_l ブルース・リーのドキュメンタリーDVDが新発売だそうです  http://www.cinematoday.jp/page/N0023634 

アメリカのヒストリー・チャンネルTVでやったブルース・リー特集番組「How Bruce Lee Changed the World」をDVD化した製品のようです。  ボクサーのシュガー・レイ・レナードや、ボディビルダーのフレックス・ウィーラーもブルース・リーの大ファンで、如何にブルースから影響を受けたか、このDVDで語っているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2010

4th april 2010 diary

100404_134538_m

今日は、公園に散歩ついでに花見に行って来ました。やや曇り空で風もちょっと強かったですが、ヒラヒラと桜の花びらが舞う、良い花見日和でした。   静岡で桜が咲いたのは結構早かったですが、今行われている静岡祭りの時期までに桜が散らなくて良かったですな。

cherry blossoms are in full bloom now, and i went viewing them at a nearby park today.    but these beautiful flowers fall only in two weeks ,  yes , the life of cherry flower is so short,  and  japanese people see the sense of impermanence in it, and this is why the japanese are so enthusiastic about cherry viewing, i guess.      

| | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »