« 20th feb 2010 diary | Main | 25th feb 2010 diary »

02/23/2010

チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか?

http://www.cinematoday.jp/page/N0022655  このニュース、2ちゃんねるで知ったんですが、ブルース・リーファンとしては複雑な気分です。

「ドラゴンへの道」をリメイクすると言っても、それはあくまで、「ドラゴンへの道」のストーリーをベースにした全く別の映画ってことになると思います。少なくとも、クラシカルな格闘シーン、という点ではあれを越えるクオリティの作品は、そうそう出来るものではない、とあえて断言します!

あの作品は、全盛期のブルース・リーの肉体&動き、初監督作ということで張り切るブルース・リーの熱意&気迫、共演にチャック・ノリス、クライマックスの舞台のローマ・コロシアム etc.....  色々な要素が奇跡といえるレベルで融合した作品なのです。

何かに例えるならば、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノ、レナード・バーンスタイン、ジェローム・ロビンスなどの才能が化学反応起こして奇跡を生んだウエストサイド物語みたいなもんだと思います。

チャウ・シンチーが熱烈なブルース・リーファンだというのは、ブルース・リーのファンとしては嬉しいことですし、自分の映画作品でブルース・リーへオマージュを捧げているのも歓迎すべきことです。 でも、カンフーハッスルや小林サッカーみたいな漫画チックなノリで「ドラゴンへの道」をリメイクするのはやめてもらいたいものです。 

それと、アクション・シーンに関してはチャウ・シンチーがブルース・リーと比較にならないことはわかりきっています。たけしに心酔する爆笑問題が、ツービートと同じ路線で行っても、所詮は「ツービートごっこ」の域を出ないのと同じ。

「ドラゴンへの道」リメイク、格闘技で見せる作品というよりは、ブルース・リーの精神性と魂を受け継ぐような作品にしてもらいたいと思います。  

|

« 20th feb 2010 diary | Main | 25th feb 2010 diary »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/47645659

Listed below are links to weblogs that reference チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか?:

« 20th feb 2010 diary | Main | 25th feb 2010 diary »