« January 2010 | Main | March 2010 »

02/25/2010

25th feb 2010 diary

フィギュアスケートの浅田真央VSキム・ヨナがスゴイ騒ぎになってますね。トヨタ社長の公開ヒアリングよりも、フィギュアスケートのニュースの方が大きなニュースになってんだから、日本も平和というか何と言うか・・・

僕はフィギュアスケートのことは全然わかりませんが、素人目に見て、表現力という点では、キム・ヨナの方が浅田真央をやや上回っていると思いますね。

ひとつひとつの技については、浅田真央の方が難易度の高いことをやっているんだろうけど、回転やジャンプにスピードとパワーがやや足りない、助走とプリパレーション動作も大きいというか・・・ キム・ヨナもそんなにパワフルってわけではないけど、浅田真央に比べると回転&ジャンプがスピーディでダイナミックに見えるんだよね。 そこで、加算点の差がついているんでしょうね。

瞬発力っていう点ではジョアニー・ロシェットがこの2人を凌いでいるように思います。ショートレンジから、いきなりパワフルなパンチを打つボクサーみたいに、凄く短い助走動作で、いきなり高速のスピンを決めてくる。 

明日のフリーは順当にいけば、ヨナ=金 浅田=銀 ロシェットまたは安藤=銅、あたりになるのでしょうが、金を意識し過ぎたヨナと浅田がミスをし、天国の母に見守られたロシェットが金、なんていう大ドンデン返しも考えられると思います。

インタビューで浅田真央は「やっぱり金が欲しいです」と言っているのに対し、ヨナは「もし、金以外でも受け入れる準備は出来ています」と語っていたのが対照的で印象的でした。 金メダルへの執着とガッツが勝つか、達観したクールな情熱が勝つか・・・

女子フィギュアスケートの選手寿命がどのくらいなのか?知りませんが、まだ19歳で、今後の進歩も大いに期待できる浅田真央が、金を取って目標を達成してしまうには、まだ早すぎるような気もします。 日本国民は浅田真央が成長するプロセスを見守るのを楽しんでいる部分もあると思います。 金メダル取って引退して、プロのアイスショーに出たりテレビタレントや解説者になるのはまだ見たくない。 そういう意味では、最善を尽くした結果、2位とか3位だった、という過酷な結末の方が、今後の更なる成長の糧になるような気もします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/23/2010

チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか?

http://www.cinematoday.jp/page/N0022655  このニュース、2ちゃんねるで知ったんですが、ブルース・リーファンとしては複雑な気分です。

「ドラゴンへの道」をリメイクすると言っても、それはあくまで、「ドラゴンへの道」のストーリーをベースにした全く別の映画ってことになると思います。少なくとも、クラシカルな格闘シーン、という点ではあれを越えるクオリティの作品は、そうそう出来るものではない、とあえて断言します!

あの作品は、全盛期のブルース・リーの肉体&動き、初監督作ということで張り切るブルース・リーの熱意&気迫、共演にチャック・ノリス、クライマックスの舞台のローマ・コロシアム etc.....  色々な要素が奇跡といえるレベルで融合した作品なのです。

何かに例えるならば、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノ、レナード・バーンスタイン、ジェローム・ロビンスなどの才能が化学反応起こして奇跡を生んだウエストサイド物語みたいなもんだと思います。

チャウ・シンチーが熱烈なブルース・リーファンだというのは、ブルース・リーのファンとしては嬉しいことですし、自分の映画作品でブルース・リーへオマージュを捧げているのも歓迎すべきことです。 でも、カンフーハッスルや小林サッカーみたいな漫画チックなノリで「ドラゴンへの道」をリメイクするのはやめてもらいたいものです。 

それと、アクション・シーンに関してはチャウ・シンチーがブルース・リーと比較にならないことはわかりきっています。たけしに心酔する爆笑問題が、ツービートと同じ路線で行っても、所詮は「ツービートごっこ」の域を出ないのと同じ。

「ドラゴンへの道」リメイク、格闘技で見せる作品というよりは、ブルース・リーの精神性と魂を受け継ぐような作品にしてもらいたいと思います。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/20/2010

20th feb 2010 diary

本日は、静岡県体育協会主催のスポーツ指導者講習会で講師を務めさせていただきました。 今日のテーマは「バランスボールを使用したエクササイズ」です。

最近はテレビや雑誌等でもバランスボールがよく取り上げられていますので、バランスボールに触れたことのある方も多いのですが、正しい使い方となると、まだまだ普及していません。

そんなわけで、今日はスポーツ少年団や部活動その他でスポーツ指導をされている先生方が数十名参加して、バランスボールに取り組んで下さいました。

ボールを使用した基本的なストレッチ・バランストレーニング・筋力強化エクササイズなどを主体としました。 皆さん、熱心に取り組んで下さいました。もっと細かいところまでアドバイス&チェックできれば良かった等、反省点は多いですが、本日、お世話になりました皆様に感謝いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/14/2010

14th feb 2010 diary

100214_133421_m_2

先日、モスバーガーでツナバーガーを食べて以来、ちょっとバーガーにハマってまして、今日は焼津・大崩海岸にあるバーガー・レストラン「日の出」で昼食。

この店は、駿河湾を見下ろす崖の上に建っており、見晴らしは抜群。あいにく、今日は、やや曇り空でしたが・・・

画像は、今日食べた照り焼きチキンバーガーです。

100214_132934_m

席からの眺め。伊豆半島がうっすらと見えます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

02/07/2010

7th feb 2010 diary

100207_104507_m_2

最近、近所のスーパーではあまり見かけなくなった鶏のササミの缶詰を久しぶりに見つけたので購入。

缶詰といえば、普段はノンオイルのシーチキン、マグロのフレーク、サバの味噌煮や水煮などでたんぱく質補給することが多いんですが、同じものばかりだと飽きるので、たまにはササミもいいです。

今日はぺぺロンチーノ・スパゲティにあえて食べようかな(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/04/2010

4th feb 2010 diary

朝青龍引退ですか・・・気になるのは今後の進路ですね。モンゴルで政治家になるのか? あるいは日本で総合格闘家&タレントとして活動するか・・・

TBSなんかは、今年の大晦日に、石井慧VS朝青龍をもう考えているだろうね(笑) 朝青龍の総合の試合、是非とも見てみたいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/01/2010

1st feb 2010 diary

最近、食料品の買出しにスーパーマーケットに行くと感じることなんですが、不景気&デフレの影響がモロに出ているなと思います。

とにかく「安さで勝負!」っていうか、リンゴ1個・88円、コロッケ1個・17円なんて値段がついている。で、買ってリンゴの皮むいてみると、少し酸化して茶色くなっていたりする。値段が安くなるのはいいんだけど、質まで落ちている気がする。  全てのスーパーがそうだとは言わないが、最近リニューアルした店舗に行くと、大概、「安かろう、悪かろう」の傾向に変わっている。

以前ならば、特価品・見切り品、フツーの価格帯&グレードの商品、贈答品や富裕層を対象とした高級品、というように多様な選択肢があった。 ところが最近は選択の幅がグッと狭くなってしまった。

「売れない商品は置かない」主義を徹底しているのか、空っぽの陳列棚とか、何も置いていないコーナーとかあって、すごく殺風景なのである。 商品がない=日本経済もどんどん没落していくな、と暗い気分になってくるのである。

いくら不景気といっても、コロッケ・17円は値段下げ過ぎじゃね?と思うし、日本人は17円のコロッケに喜ぶ時代になってしまったのか、とまたまたミジメな気分になる(笑)

以前は、マグロ解体ショーとか料理実演など遊び心のある催しも色々あってスーパーも活気があったが、最近は、とにかく低価格化&徹底した合理化で、スーパーに買い物に行っても、すごく無味乾燥した荒涼とした気分で帰ってくるのは僕だけでしょうか??? 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »