« チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか? | Main | 3rd march 2010 diary »

02/25/2010

25th feb 2010 diary

フィギュアスケートの浅田真央VSキム・ヨナがスゴイ騒ぎになってますね。トヨタ社長の公開ヒアリングよりも、フィギュアスケートのニュースの方が大きなニュースになってんだから、日本も平和というか何と言うか・・・

僕はフィギュアスケートのことは全然わかりませんが、素人目に見て、表現力という点では、キム・ヨナの方が浅田真央をやや上回っていると思いますね。

ひとつひとつの技については、浅田真央の方が難易度の高いことをやっているんだろうけど、回転やジャンプにスピードとパワーがやや足りない、助走とプリパレーション動作も大きいというか・・・ キム・ヨナもそんなにパワフルってわけではないけど、浅田真央に比べると回転&ジャンプがスピーディでダイナミックに見えるんだよね。 そこで、加算点の差がついているんでしょうね。

瞬発力っていう点ではジョアニー・ロシェットがこの2人を凌いでいるように思います。ショートレンジから、いきなりパワフルなパンチを打つボクサーみたいに、凄く短い助走動作で、いきなり高速のスピンを決めてくる。 

明日のフリーは順当にいけば、ヨナ=金 浅田=銀 ロシェットまたは安藤=銅、あたりになるのでしょうが、金を意識し過ぎたヨナと浅田がミスをし、天国の母に見守られたロシェットが金、なんていう大ドンデン返しも考えられると思います。

インタビューで浅田真央は「やっぱり金が欲しいです」と言っているのに対し、ヨナは「もし、金以外でも受け入れる準備は出来ています」と語っていたのが対照的で印象的でした。 金メダルへの執着とガッツが勝つか、達観したクールな情熱が勝つか・・・

女子フィギュアスケートの選手寿命がどのくらいなのか?知りませんが、まだ19歳で、今後の進歩も大いに期待できる浅田真央が、金を取って目標を達成してしまうには、まだ早すぎるような気もします。 日本国民は浅田真央が成長するプロセスを見守るのを楽しんでいる部分もあると思います。 金メダル取って引退して、プロのアイスショーに出たりテレビタレントや解説者になるのはまだ見たくない。 そういう意味では、最善を尽くした結果、2位とか3位だった、という過酷な結末の方が、今後の更なる成長の糧になるような気もします。

|

« チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか? | Main | 3rd march 2010 diary »

Comments

ほ~遠藤さんの予想通りの結果となりましたね~

それにしても良く見てますね~

こういうアートな競技に疎いMACはてんで違いが分かりません・・・


真央ちゃんの悔し涙は遠藤さんのいう通り、次につながるでしょう。

それにしても、キムヨナの結果を受け入れるという大人の発言といい、冷静な滑りといい、年齢は同じでも精神的には一歩先を行ってましたね!

Posted by: MAC | 02/27/2010 at 12:13 AM

>MAC先輩
ありがとうございます!
審査員が採点する競技であり、なおかつ、採点基準の不可解さでよく揉めるって点では、フィギュア・スケートもボディビルコンテストも共通してるような気がして、ついつい入れ込んで見てしまいました(笑)

昨日の結果で良かったのだと思います。現時点では精神的にも技術的にもヨナが真央ちゃんより一枚上手。 しかし、ヨナは既にポテンシャルの限界近くまで鍛えられおり、今がピークだと思います。万が一、今回、金メダルを逃していたら、4年後に再チャレンジというのはあまりにも酷。

一方、真央ちゃんは、表現力もメンタルも、経験&年齢と共にもっと向上すると思いますし、筋力をもっとつければ、ジャンプのスピードやキレも増すと思いますので、今後の伸びしろという点では、真央ちゃんの方が大きいような気がします。 ヨナは近い将来、女優への転向を考えているらしいですし。

なんてことを考えていたら、フィギュアスケート選手のジャンプや回転をパワフルにするためのストレングス・トレはどんあことをやったらいいのだろう??? なんて思ってしまいました(笑)

Posted by: ENDO | 02/27/2010 at 09:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/47659203

Listed below are links to weblogs that reference 25th feb 2010 diary :

« チャウ・シンチーが「ドラゴンへの道」をリメイクか? | Main | 3rd march 2010 diary »