« April 2009 | Main | June 2009 »

05/31/2009

ヒョードル、次戦は vsジョシュ

8863afflictiontrilogy_poster according to an article on mma weekly website, the next opponent against Fedor Emelianenko is ........Josh Barnet !     that match is taking place on the ring of Affliction Trilogy on 1st august .

久々の格闘技ネタ。ヒョードルの次の対戦相手は、ジョシュ・バーネットだそうです。 8月1日、アフリクション・トリロジーにて行われる予定。

話変わりますが、昨日買ったフライデーをパラパラと見てますが、グラビアページの文章を読んでいると、明らかに変ですヨ。  「渚に現れたヘソ出し&ホットパンツの婦警さんは、エネルギッシュ&セクシーなアッキーナ!」 

グラビアページに、この手の文章書いてあっても、ありきたりなことですが、冷静に考えたら・・・・・ ヘソ出した婦人警官がホットパンツで渚をパトロールしてる状況なんてフツーあり得ないっての!(笑)  脳みそスポイルされそうですよ!   それを指摘して喜んでる僕の頭はもっとスポイルされてますが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2009

漢字検定の次は?

090530_174540_m フライデーの今週号(6月12日号)にTOEICの記事が出てます。内容をここに書いちゃうとネタバレになるので、詳しくは書きませんが、組織の人事などに不透明な部分があるのではないか?とのこと。興味のある人は本を見てください。

僕にとって、TOEICはとても「微妙な存在」です。というのは、Aランクの点数をクリアーしましたが、心の中では、TOEICのことをあまり好きではないという・・・ 一種、屈折した感情(笑)

だって試験内容が、事務文書みたいのを読んだり・聞いたり、単調なので勉強していて面白くないんですよ (たとえば、英検は時事問題などについて読んだり、意見を述べたり、試験を通じて、色々な話題に触れる楽しさがありました)

でも、日本ではなぜかTOEICの受験者がここ数年で急激に増えている。なので、英語やる以上は避けて通れない義務感みたいな感情というか・・・  「筋トレやってます」って言うと「バーベル何キロ挙がりますか?」って聞かれるのと同じ  「英語やってるんですか?  TOEIC何点ですか?」みたいな・・・

しかも、合格・不合格で結果が出るのではなくて、「0~990点の間で何点取れたか?」という形式なのが、また微妙なところ。合格・不合格で結果が出る試験なら、合格すれば、気分的には開放される。

ところが、TOEICは、895点を取ってホッと一安心したのもつかの間、少し冷静になると、満点まで、あと95点改善の余地があるじゃないか、もう一回受けるべきか?という気持ちになってしまう(笑)

●つまらない●外国語の試験なのに全問マークシート選択式で、理想的な試験形式とは言い難い●なのに世間的には普及してしまっている●一度受けるとクセになる(笑)

ある意味、ファーストフードみたいなものだと思います  ●栄養のバランスを考えたら理想的な食事とは言い難い●メニューが限定されていて単調●なのに世間的には普及してしまっている●食べるとクセになり、また行ってしまう(笑)   まあ、お手軽時代の産物と言いますか・・・  で、自分も、その一人・・・(苦笑)   

今回、フライデーに書かれていることが本当なのか?誤解なのか?は、わかりません。しかし、「猫も杓子もTOEIC」という風潮は、色々な意味で、そろそろターニング・ポイントに来ているような気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/28/2009

28th may 2009 diary

先日、英語の発音のことを書きましたが、同様のことは日本語を学んでいる外国人にも言えると思います。代表的な例は、漢字の読み方。

たとえば、「人」という漢字の読み方は「ヒト ・ ニン ・ ジン」など。 「間」という漢字の読み方は、「アイダ ・ マ ・ ケン ・ ゲン」など。  それでは、「人間」という漢字はどう読むのか?

もちろん、日本語が母国語の人なら無意識に「ニンゲン」と読めます。ところが、外国人からしたら、「人間」という字は、「ヒトマ」 「ヒトアイダ」 「ニンアイダ」 「ジンアイダ」etc....   何と読んだらいいのか混乱すると思うんです。

日本人に「人間という漢字は、どうしてニンゲンと読むのか?  ヒトマ ヒトアイダと読まない理由は何か? と質問しても、少なくとも僕は、うまく答えられません。

同じ質問を先日、スカイプ英会話の先生にしてみました。 「A」 「I」 「U」 「E」 「O」などの母音は、日本語ではア イ ウ エ オと発音するけど、 英語では、同じ「O」の字でも、場合によって、OUT(ウト)と発音したり、OPEN(オウプン)と発音したり、OFFER(ファー)など色々な読み方(発音の仕方)がある。 体系的な原則や識別法があったら、教えて欲しいのですが・・・   と聞いてみました。

帰ってきた答えは、「特定の原則はないので、慣れるしかない」でした。「人間」という字をなぜニンゲンと読むのか?  ヒトマ  ヒトゲン と識別するための原則など明確な理由がないのと同じことだと思います。

OUTのように、日本人にもお馴染みの単語は、ほとんどの人が「アウト」と読めると思います。オウトとかオット、オアトと読む人は少ないと思います。 でも、初めて見る単語に、「O」の文字が含まれていたら、アと読むべきか? オと読むべきか? オウと読むべきか?  迷うと思います。 もちろん、発音記号の存在意義は、まさにそれなんでしょうが・・・・

日本の英語教育の初期の段階で(中学、場合によっては小学校か)、このあたりのこと、つまり、同じ漢字でも色々な読み方があるように、英語の場合も、同じ文字でも、いくつかの発音パターンがあり、それらのいくつかは、日本語ではあまり用いない発音だということを徹底的に認識させたらどうかな?と思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/26/2009

26th may 2009 diary

僕はこれまで英語を学んできた過程で、「発音記号」には注意を払っていませんでした。正直に言うと、発音記号の見方さえ(読み方というのか・・)よくわかりませんでした。

「英語学習者と発音記号の関係」というのは、「音楽家と楽譜の関係」に似ていると思います。 大多数の音楽家にとって、楽譜の存在は、当然&必須のことだと思います。 ところが、古い世代の歌手なんかだと、ごく稀に、楽譜が読めないのに、天才的に歌が上手い人がいたらしい。 楽譜の存在が当たり前の人達からすれば、楽譜なしに正確なメロディを把握することは信じがたいことでしょうが・・・

あ、自分自身のことを、例外的な音楽家に例えているわけではありませんので、誤解しないで下さいね。上に書いたことは、あくまで、たとえ・・・  僕自身は、最近ようやく、発音記号の大切さを認識するようになってきました。

あらためて発音記号を学んでみると、これまで気づかなかった事が色々と見えてくる。  たとえば、「U」の文字の発音には、いくつかのバリエーションがあることに気がつく。

たとえば、<cut    culture    study>  これらの場合は、Uの音は、ストレスト・シュアと言うらしい。 一方、<suggest     support     supply> これらのUは、アンストレスト・シュアと言うらしい。 同じUの文字でも、微妙に発音が違うのである。 同様のことが、「A」や「O」にも言える。 open(オウプン)  out(アウト)  offer(オファー)   同じ「O」の字なのに、オウだったり、アだったり、オだったり・・・ 

これまで、「スタディ」とか「サポート」って単語を口に出すときに、それが、ストレスト・シュアなのかアンストレスト・シュアなのか?なんて気にしたことはなかった。普段、耳から入ってくる情報と、スペルを見たフィーリングで発音してきた。それでも、通じてきたのは奇跡的ですが・・・いつも通っている道が、実は、一方通行なのだと、これまで知らなかった、なのに、逆走したこともなかった。そんな心境である。

今後は、発音記号にも気を配る必要があると、今頃気がつきました(笑)   気づくの遅い、っての!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/24/2009

24th may 2009 diary

2009_05240002_2 ここ数年、若手の芸人やバラエティ・タレントのテレビ番組を見たい、という気にならない・・・理由は、おそらく・・・自分が歳をとって、自分の感覚が、意識していない部分で、若い世代の感覚とズレて来ているのか、あるいは、芸人や番組の質自体が、低下してきているのか? あるいはその両方の理由によるものか・・・ 

で、たけしが久々に本を出したと聞いて、思わず本屋に走った(笑) ツービートで昔やっていた漫才&新しいネタも少しだけ加えたネタ本である。

この前、田村英里子の本を買いに行った時もそうだったが、この手の本は、書店のどのコーナーを探してよいのか?見当がつかない。新刊本のコーナーなのか? 芸能本のコーナーなのか? 文芸書のコーナーなのか? と色々探したが見当たらない・・・

結局、書店のオネーサンが僕の近くを通りかかった際に、「あの、スミマセン、 ビートたけしの新刊で「漫才」ってのが新潮社から出ていると思うんですが・・・」と聞いてみた。

「ビートたけし」・「漫才」というキーワードだけだと、なんとなく気恥ずかしいので、苦し紛れに思わず「新潮社の本」と付け加えてしまった自分が、より一層恥ずかしい(笑)  結局、芸能本のコーナーにあった。 まだ半分程度しか読んでないが、面白いよ! たけしファンにはオススメの一冊ですぞ。

| | TrackBack (0)

05/20/2009

20th may 2009 diary

090520_223755_m it is 10:30 in the evening,  and the thermometer in my room indicates 28 degree celsius now.   a nightly show in my local said today's highest daytime temperature in shizuoka was around 27degree........    i wonder my room is a kind of green house ???

今日は暑かったッスね。ローカル・ニュースは、「静岡の日中最高気温は27度位でした」と言っていたけど、今、夜の10:30現在、僕の部屋の温度計は、ご覧のとおり28度なんですが・・・    部屋の通気性が悪くて、日中に上がった温度が、まだ充満しているんだろうか?  温室か?っての・・・  もう夜なんだから、もう少し気温が下がっても良いと思うんですが・・・      

| | TrackBack (0)

05/19/2009

19th may 2009 diary

漢字検定協会の前理事長、ついにタイーホですが、漢字と言えば、最近、以前にも増して、情けないくらいに漢字を間違えます 今日、「トレーニングは短時間に集中して行うべし!」ってメモ書きするつもりだったんですが、気がついたら、無意識に「単時間に集中・・・」って書いていた(笑)   パソコンの変換ミスではなくて、ボールペンで書いてました・・・(笑)

今日、仕事で打ち合わせ中も、「このエクササイズはバランス感覚を促進します」って言いたかったのですが、一瞬、「促進」って言葉が頭に思い浮かばないんですよ。 代わりに心に浮かんだのは、facilitate って言葉.....    英語の勉強仲間と話している時なら、それでいいけど、仕事の打ち合わせ中に、ファシリテイトとか言っても、周りの人からは、「何?コイツ」と思われるだけである。 言葉に詰まり、数秒の沈黙の後、ようやく「促進」って言葉を思い出してホッとした。

もちろん、僕の現在の生活で日本語を忘れるなんてことは、あり得ません。っていうか、ほとんどの時間、日本語で過ごしてます。英語に触れている時間といえば・・・本やネット記事読んだり、このブログ書いたり、時々スカイプやったり、etc...その程度で、全体の割合からすれば、ほんの少しですが、一旦、思考が英語アタマに切り替わると、日本語アタマに戻ってくるまでに、少しタイムラグが生じてしまうことが時々あるのです。スイッチの切り替えが、まだ遅いってことですね。

それが、予期せぬ瞬間に起きて言葉に詰まったりする・・・ 瞬間的であれ、頭が空白になってしまうと、自分のアイデンティティを失ってしまったようで、ちょっと不安になったりする。今、僕はそんな不安定なステージにいます。おそらく、これも一つの transitional phase なのだと思います。異なる言語のボーダーを自由に行き来できるようになるのが、次のステップです。

thanks to the english conversation lessons on skype in these 2months, my speaking skills are progressing little by little,   but at the same time, an unexpected phenomenon is happening recently.     that is....   i forget japanese language temporarily sometimes.   of course, to forget your mother tongue completely cant be,  but if my mind and thought have changed into english oriented once,  it takes some time to return to japanese oriented mind sometimes.      so to speak,  how quickly change your mind between these two languages is bit hard for me now.    my next aim is to overcome this temporary confusion in thoughts and mind.   

| | TrackBack (0)

05/18/2009

18th may 2009 diary

my exercise class at a public facility has started today,  though this course is made up of only eight weeks, it is a good season to start exercise now, cuz around the time the course ends, the summer is coming !.  i hope to share good time with the participants.   某公共施設でのエクササイズ教室の今シーズン・クラスが今日からスタート! 全8回の講座ですが、この講座が終わる頃には夏ですので、エクササイズを始めるのには、ちょうど良い季節です。本日のクラスに御参加くださった皆様、ありがとうございました。see ya next week again!

| | TrackBack (0)

05/17/2009

久々にエビオス購入

090517_152647_m 20年ぶりくらいでエビオス(ビール酵母で出来た栄養補助食品&整腸剤)を買ってしまった(笑) 20代の頃は筋肉でカラダをデカクするため、食後に毎日飲んでおりました。

今回、久しぶりに購入した理由は、ビール酵母は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが豊富なので、疲労回復や気分転換にも効果あるんじゃないかな? なんて思った次第です。

飲むというよりは、ボリボリと噛んで食べる感覚ですが、歯につくんですよ(笑)  エビオスを食べた後は歯磨きが欠かせないという・・・・ 笑   さっき、食後に10錠ほど飲みましたが、気のせいか気分が良くなってきたような・・・ 単純な性格でしょ?  笑

today, i purchased this supplement food,  which is made from beer yeast.   and it contains abandunt vitamins , minerals , and amino acids.    when i was in my 20's,  i used to take this supplement food after meals everyday for gaining muscle mass.       but this time i bought this after 20 years of interval.     the reason i bought this after a while is .... i think abandunt minerals and vitamines will be beneficial for mental and physical refreshment.    only drawback is they stick to teeth when biting the tablets..     haha. 

| | TrackBack (0)

05/16/2009

16th may 2009 diary

090516_204443_m 3日ぶりの更新です。 牛乳を切らしちゃったのでコンビニに行ったんですよ。 僕は、いつもは低脂肪牛乳を飲んでます(スーパーマーケットで1リットル150円位のヤツ 笑)

コンビニでは、なぜか、低脂肪乳の1リットルのヤツ、あまり置いてないんですよね・・・  で、しょうがないので、画像の普通乳を買ってみた。 レジに行って、値段を聞いて、一瞬驚いたね。「255円です」だって。

150円でも250円でも、100円しか違わないんだから、冷静に考えれば、大した問題じゃないんですが、僕の思考の中には、「牛乳1リットル=150円~180円くらい」って、観念があるので、250円って聞くと、バーコードの登録ミスかと思うもん。思わず、コンビニの店員さんに「何かの間違いじゃないですか?」って言いそうになったもん(笑)

低脂肪乳と普通乳の価格の違い、スーパーとコンビニの価格設定の違いなど考えたら、納得のいくことですが、自分が無意識の部分で、いかに先入観や固定観念に捉えられているか? を思った瞬間でした(笑)  一種の浦島太郎状態とでも言いましょうか・・・

この前書いた、無意識のストレスや緊張などへの対処も、物の見方や視点を少し変えてみるってことが、一つのポイントなのかもしれませんネ。

| | TrackBack (0)

05/12/2009

12th may 2009 diary

yesterday, i was terribly out of shape and absent from my work.  today, i feel much better. as i wrote before, one of my weak points is....  when i am into something, i have a tendency to overdo it.   and when it goes extreme, i sometimes lose balance of body and mind.   i know the cause of yesterday's bad shape myself.

through many years of physical fitness training, i have learned how to train muscles and reduce body fat.      but how you face with subconscious feeling, emotions, worry, and fear,  i need to learn more in this aspect.   seriousness &commitment are important in everything. , but not to be too serious and a perfectionist,  that's necessary for me now.

体調だいぶ回復してきました。一言で言えば、自分では意識していない部分で、疲れや緊張が溜まっていて、それが昨日ピークに達してしまった、という感じでしょうか。

何年も肉体を鍛錬してきて、筋肉を強化する・脂肪を落とす、といったことのノウハウは学んできました。でも自分の潜在意識下の感情やストレス・緊張・恐怖などといかに向き合うか? ということに関しては、全然ダメですネ。 「本気とリラックス」・・・簡単なようで、自分にとっては難しいことです。

| | TrackBack (0)

05/11/2009

11th may 2009 diary

今日は体調不良です。数年ぶりで、仕事も休んでしまいました(御迷惑をおかけした皆さん、スミマセン)  健康体力づくりを指導する仕事なのに、自分の自己管理ができないのはダメですね(反省)  今日は、カラダと心を休めます。see ya! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2009

9th may 2009 diary part2 (本日2度目の更新)

おとといのブログで、「クルマで犬のウ○コ、踏んじゃった」を英語で言ったら何て言うか?と書きましたが、スカイプ英会話の先生に聞いてみました(笑)

i drove over a dog shit だそうです。 何でこの英語が解らなかったか? と言いますと、主語を何にしたら良いのか?が解らなかったからです。クルマではなくて、自分の足でウ○コ踏んじゃったなら、主語は自分自身だから「 I 」 でいいわけです。簡単な話です。 i stepped on a dog shit とか i trod on a dog shit でいいわけ。

ところが、クルマで踏んじゃった場合、主語はクルマ、つまりmy car あるいは、もっと正確に言えば、タイヤですから、one of tires of my car trod on a dog shit かな? とか色々 迷ったわけです。

で、答えはシンプルだった。運転していてウ○コ踏んじゃったので、主語は「自分・ I 」 で、動詞はdrive over (轢く) だと・・・  つまり、直訳すれば、「私はウ○コを轢いちゃった」ってことですね。  あ、ちなみに、ウ○コは、shit でもいいし、poopでもOKだと。

いやあ、勉強になりました。スカイプでウ○コの話とかしてて良いのでしょうか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9th may 2009 diary

以下のコピペ、ネットのニュースで見ましたが面白いですね。 言葉や文章というのは、最初と最後が合っていれば、中間部分は間違えていても、前後関係から推測が可能という研究のサンプルだそうです。

外国語の学習についも、頭と最後の部分の発音&スペル等が合っていれば、中間部分はちょっとおかしくても、何とかなる可能性がある、ってことですかね。  多分、僕の英語の発音と文法も、ネイティブの皆さんから見たら、下のコピペと同じレベルだと思う(変な間違いが一杯あるけど、とりあえず、意味はどうにかわかる、みたいな・・・)

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2009

7th may 2009 diary (キタナイ内容につき、食事中の方は読まないで下さい)

今日は運(ウン)がついてるっていうのか、ついてないっていうのか・・・・  仕事帰りに、食料買おうかとスーパーに寄ったんですよ。駐車場にクルマ停めて、クルマから降りた途端に、プーンと変な異臭が・・・  その瞬間、イヤな予感がしましたよ、きっとこれは犬のウ○コの匂い・・・   恐る恐るタイヤを確認したら、右の前輪にベッタリと・・・

スーパーの駐車場に犬のウ○コがあったのを、夕暮れで暗くて気がつかずにクルマで踏んでしまったのじゃーーーーっ  しかも、雨上がりで、水分を含んでペースト状といいますか(笑)   いちばんオイニーのキツイ状態なんです・・・  (smell is called as オイニー in とんねるず terminology) 

ポカリ・スエットのボトルを持っていたから、スーパーのトイレに行って蛇口で水くんで、汚れたタイヤをジャブジャブ洗い流して、なんとか事なきを得ましたが、イヤーな気分です(笑)

ここ数日、頭が飽和状態で、ボーッとしていることが多かったですが、一気に頭が冴えてしまいましたよ(笑)

ところで、「犬のウ○コをクルマで踏んじゃった」ってのを、英語で言うと、どう言えばいいのでしょう???      昨日の日記のように、ハンス・セリエのストレス学説の概要を英語で述べることは可能なんですが、「犬のウ○コ踏んじゃった」レベルの英語が、わからないんですよ(悲しいけど事実 笑)   自然な表現で何と言ったらいいのか???  というわけで今日は日本語のみで書いてます(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2009

apply the principle of general adoptation to stimuli to language learning !!

肉体の鍛錬でも語学の習得でも、やる気満々の時と、意欲が低下しがちな時期があります、僕自身、ここ数日は、頭も体もボーッと、少しだけ飽和気味なので(いつも、ボーッとしてますが 笑)、今日はこんな話題書いてます。

筋トレの世界では、トレーニング・プログラムに数週間~数ヶ月単位でバリエーションをつけたり、量や強度を調節することで、このような波と上手に対処して行こうという概念があります。

呼び方は、「サイクル・トレーニング」「ピリオダイゼーション(periodization)」など色々ですが、原則になっているのは、ハンス・セリエ博士という生理学者が提唱した、「ストレス(刺激)への適応の原理」に基づいています。

例えば、ハード・トレーニングを週3日~7日も、というように、強い刺激(ストレス)を連続して与え続けると、人間のカラダは約7週間~12週間程度でピークに達します。しかし、その後も引き続き同じような内容・調子でハードトレーニングを続けると、今度は疲労がピークに達し、一時的に体力・意欲・集中力などが低下してきます。 逆から見れば、これらは、ハードなトレーニングを継続した必然の結果とも言えます。

簡単に言えば、2ヶ月~3ヶ月、ハードなトレーニングを継続したら、その後は、数日、休息日を入れて回復を促すとか、トレーニングメニュー(刺激)を変える、練習強度や量を落として回復を促す、などが必要になるわけです。

良い例は、相撲の世界です。大相撲は15日間連続で試合をします。肉体の疲労度や精神の緊張度は凄まじいと思います。その後は、少しOFFを取ったり、地方巡業などを経て、次の場所に備えて、次第に厳しい稽古を再開してゆく。 これが、春場所・夏場所・秋場所というように、約3ヶ月サイクル(中2ヶ月)で繰り返されます。

いつの頃から、相撲の興行スケジュールが今のようになったのかは知りませんが、相撲の世界では、古くから、ハンス・セリエの提唱している理論と同じことが、経験的に確立されていったのでしょう。 k-1なんかも、ほとんど毎月テレビでやってますが、各選手が試合をするサイクルは2ヶ月~3ヶ月に1度が多いと思います。

ただし、人間のカラダってのは理論通りにはいかないのが常で、自分の経験からしても、2ヶ月以上頑張っても平気な時もあるし、1ヶ月で息切れしちゃう時もあるので、この理論は、おおよその目安にしたら良いと思います。好調なのに無理やりOFFを取る必要もないし・・・ かといって好調だからと調子に乗って飛ばしすぎると、突然、ドッと疲れが来ることもあるし・・・   この辺が難しいところですよね。

数日間、トレーニングを中断するのに抵抗感があれば、何か遊び程度のことを行ってリフレッシュする手もあります。  普段、ウエイト・トレ中心にやっているなら、OFFの時期にエアロビや水泳をやってみるとか、語学だったら、「勉強」というよりも、好きなCDや映画を見るとか・・・  積極的休息 active rest ってヤツですか。

if you are after something such as bodybuilding training, learning of a foreign language or what so ever.....   how well you cope with mental/physical up and down is an important factor for success.     in the field of physical fitness , this concept is known as cycle training,  periodization, or  the principle of general adoptation to stress(stimuli).

so to speak,  if you give intense repetitive stress to your body, your body will reach its peak in 7-12 weeks and if you stick with similar routeen over that period, the next thing you get is fatigue ......  a kind of overtraining symdrome

a good example is...... this phyisiological reaction is known in the world of Sumo (a traditional japanese wrestling) from long time ago.    a seasonal pro-sumo tournament lasts 15 days .   each wrestler has a bout a day in 15 days in a row.     seasonal pro-sumo tournament is held once in every 3months .      having bouts in consecive 15 days is very hard physically and mentally,   and as a result, this seasonal system has been established naturally. i guess.

the point is , similar reaction should occur in case of foreign language learning as well,   if you apply the concept of the general adoptation to stress to language learning,  it must be very helpful !!

| | TrackBack (0)

05/05/2009

5th may 2009 diary

最近、スカイプ英会話のレッスン枠が予約不可になっていることが多い。先日聞いた話だと、 ここ最近インターネット回線に何らかの問題があるのか、回線が途切れたりすることが多く、レッスン進行に支障があるので、回線状態の悪い日は営業自粛というか、予約枠をサスペンドしているらしい (真面目で真摯な会社ですね  感心します)

こんな時は気分を変えて、たまには文法の本でも読むかと思い、大学受験の時に使用した英文法の参考書など引っ張り出して来た(笑)

久しぶりに手に取ると、受験用の参考書も結構役にたつものである。自分の文法理解がいかにいい加減か、見えてくる。 冠詞(theなど)の適切な用法がいまだにピンと来ないし、前置詞もよく間違える、時制も適当である(過去形と現在完了形の適切な使い分けってのがよくわからない)

スカイプがサスペンドされたことで、普段あまり気にしない文法に意識がいったのは、ある意味、小さな発見だった。 to turn a stumbling block into a stepping stone, that's the point !

i noticed what lacks in my current english skills today,   my weak points in english are mainly in grammer and pronunciation.    when it comes to grammer , my weak points are especially in tense, articles and prepositions.     i make mistakes in usage of articles and prepositions sometimes.    and i dont understand correct usage of present perfect tense and past perfect tense well.     but when i have overcome these weakpoints, my english should go to the next stage.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2009

4th may 2009 diary (originarity and conformity)

昨日の続きになりますが、日本人というのは単一民族だし、教育制度も非常によく整備&統一されているので、大勢の人が、同じような発想・行動をします。これには、良い面と悪い面があると思います。

良い面について言えば、たとえば、スーパーマーケットで自分のエコバッグを持参するという運動。数年前まで、日本はこういった環境保護・資源保護の面では非常に意識が低かった。 ところが、日本でエコバッグ運動は急激に普及して、今やスーパーにマイバッグ持参で来る客の割合は、日本は世界的にもかなり高いらしよ。  このように、全員が同じ方向を向いたときの日本人の協調性というのはスゴイものがあると思う。

反面、マイナス面について言えば、テレビでやっているような納豆ダイエットとか、あの手の情報にも簡単に踊らされる。放送翌日には、皆が納豆を買いに走る(笑)

ゴールデンウイークの混雑も一緒。今はどこの観光地がおしゃれとか、どこの温泉が良いとかテレビや雑誌で見ると、皆が殺到する。 で、昨日見た光景のように、良心的な市民の皆さんも、周りがやっているからいいやとばかりに、迷惑な路駐を平気でしたりとか・・・   まあ、GW・盆・正月の無礼講みたいなもんでしょうが・・・   自分自身も、多かれ少なかれ、このような行動は日常で無意識にやっているハズです。 それが全く許されないなら、人里離れたところで仙人のような生活をするしかないもんね・・・

いかに、発想の転換、つまり、良い意味で、他の大勢と違った発想・行動ができるか?ってのが、ポイントなんだと思います。まあ、それが中々できないから、ブログにこんなこと書いてるワケですが・・・・笑

bacically , japan is a racially homogenious society,  of course foreign residents in japan are increasing though.   and educational system in japan is very well unified and organized, therefore many japanese people think and behave in similar ways in many cases.

as i wrote yesterday, japan is in the midst of the golden week now, and everybody goes to some resort area for relaxation and vacance.     many people and cars are everywhere.

rather, city center and down town office areas are vacant now haha...    in these situations,  i guesss people who can think , imagine and behave in different ways from other people do are wise.      so to speak ,   the change in thinking.      i guess its a key to enjoy & ride out busy golden week in japan.....   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2009

third may 2009 diary

今日は海の近くにある海浜公園でリラックスする予定でしたが、皆考えることは同じですね。メチャ混みで駐車場が満車でクルマ停められないので、しょうがなく引き返してきました(笑)   でも、公園前の道路の両サイドにまで、駐車場に入れないクルマが沢山停められているのです。 狭い道路の両サイドに車がいっぱい停めてあるから、走っていると危なくてしょうがないんです。対向車が来ると、ぶつかりそうになる。

静岡市郊外の小さな海浜公園だから、遠くから来ている人は少ないと思うんです。ほとんどの人は地元の人だと思う。別にゴールデンウイークでなくても、いつでも来れる場所なんですよ、暇さえあれば。  駐車場が満車なら、別の場所へ遊びに行くとか、家に帰るとか、発想を変えるべきなんです。 

しかも憲法記念日に、道路交通法や公序良俗に反するようなことを堂々と・・・笑  道路の両サイドをふさいじゃったら、通行車にスゴイ迷惑だし危ないんですよ。 この公園の件に限らず、ゴールデンウイークって、休みが多くて嬉しいけど、リラックスするにとどまらず、自分自身の人間性までスポイルしている連中はバカですよ。そんな風に思った一日でした。(人のこと言える身分ではないけどね・・・笑)

japan is the midst of the golden week now (a holiday studded week) and many people are everywhere wherever you go.  today i went to a seaside park but the parking space was full and there was no space to park my car.  no way, i went back home.   many cars were parked along both sides of the street in front of that park.    but i cant believe that spirituality saying that its ok to park the car if the parking space is full.     i guess that kind of idiots spoil japanese society. 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/01/2009

1st may 2009 diary

Hi !   what's up guys?  its already may !! and  from tomorrow, the latter part of goldenweek starts dosent it!   but i am scared of swine flu and i dont want to go outdoor except for going work.    the threat of swine flu pandemic might be a serious damege for tourism, transportation and meat import industories but seeing from the other side, it might be a good opportunity to spread new style of working and learning like telecommuting and online learning etc , iguess.    the point is ...to turn some obstacle into a stepping stone .

いよいよ5月、ゴールデン・ウイークも後半ッスね。特別な予定もない上、豚インフルエンザも怖いので おとなしくしてます(笑)   食肉輸入業・観光業界・飛行機会社などは大打撃だと思いますが、ある意味、「余計な外出を避けましょう」って風潮が新たな何かを生み出す可能性はあると思います。

今まで会社で行っていた業務を、可能なことは在宅業務にするとか、学校もネットの動画で講義配信すれば、別に休講にしなくてもいいんだし・・・  いわゆる、テレ・コミューティングとかオンライン・ラーニングなんかが、発展普及するチャンスだと思いますね。

あ、今日は何のオチもない日記でスミマセンね(笑)  あ、そういえば、元メジャーリーガーのホセ・カンセコ選手が、5月26日のDREAMで総合格闘家として、デビューするらしいですね(野球時代から格闘技好きでムエタイ歴は長いとかいうウワサ) 相手はチェ・ホン・マン(無謀なデビュー戦ですね・・・)

この人、メジャーリーガーのステロイド・スキャンダルの時も渦中にいた人物だし、暴露本出したりとか、ある意味、面白そうな人物みたいですね。  いっそのこと、試合の時、腕にゴム管巻いて注射器ぶら下げて入場してきたら、ウケると思うんですが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »