« 5th march 2009 diary | Main | an unbelievable mistake »

03/06/2009

6th january 2009 diary

now i am thinking about what sensei anne said the day before yesterday.  as i wrote on the diary in two days ago, she mentiomed that my english pronunciation gets japanese tasting at the end of words sometimes.  i couldnt ask her at what sounds i made mistakes.   but presumably i guess, my english pronunciation is unclear and weak especially in some consonants at the end of words.   

basically japanese language is made up of five vowels , these are  A  I  U  E  O.   compared to this symplicity, other languages like english and chinese have more vowels and consonants.     the typical mistakes most english learners in japan make are in distinction of the sound of R-L  B-V  S-TH   A-E and T  P  F  H  Z   etc.....   cuz these sounds are not used in japanese language so often.

so far my attention in pronunciation has been on the location of accent.  cuz i know that where to put accent has very important meaning in speaking correct english.   even if your pronunciation in each phoneme is right,  incorrect location of accent doesnt make sense.     i havent payed much attention to pronunciation at the end of words.    so my pronunciation is probably unclear and indistinguishable in some sounds at the end of words.      like the difference between a singular noun and a plural noun , eg <path> and <paths> and cases like that, and the sound of t, p, f, h, v, b, th, sh, ng, z, r, l,   etc......

from now on, i need to pay attention to these things as well.   if i have overcome this, my english ability should be reaching the one step higher.   walk on!!

先日の日記に書いた通り、スカイプ英会話のアン先生から、僕の英語の発音が、語尾で日本人っぽい発音になる場合があると指摘していただき、それが気になっている。

開き直ってしまえば、日本人なんだから、別にアメリカ人やイギリス人と同じ発音ができなくともいいと思う。帰国子女の皆さんや横浜あたりのインターナショナルスクールで幼少期を過ごした人達等と同じレベルの発音を目指すのは実際問題、中々困難だと思う。

30年以上、日本にいるアグネス・チャンの日本語の発音は、かなり中国語っぽいし、デイブ・スペクターやパックンの日本語は抜群で、知性やギャグのセンスもかなりのもんだと思うけど、発音に関しては、やっぱり英語の巻き舌っぽい音がどうしても残る  子供の頃なら適応もするだろうが、大人になってから外国語を学ぶ以上、母語の影響から逃れられないのは当然である、それが悪いこととは思わない、インド英語・フィリピン英語・日本英語・・・・色々なバージョンがあって良いと思う   

でも、それを言い訳に、発音に注意を払わなくなってしまったら、進歩はそこでストップしてしまう。別に、僕は「ネイティブ信仰派」ではないけど、多少なりとも「自然な英語」が使えるように目指したい。

僕の発音のどの音が不明瞭なのか?までは詳しく聞けなかった。でも、推測するに、日本人が陥る典型的なミスというのは、英語では多用するけど日本語ではあまり使わない音である。いうまでもなく、r  l   v   b   f   p   ph    z   s   th t など。  あと、単数と複数で発音の区別が紛らわしい場合もある  path とpaths とか・・・・

僕はこれまで、英語の音声面で注意していたことは「どこにアクセントを置くか?」 これだけ。理由は、英語ではアクセントの位置がおかしいと、個々の音自体はキレイでも、全然通じない場合が結構あるから。日本語でも同様のことはあるよね。たとえば「ハシ」と言う場合、食事に使うハシと渡る橋でアクセントが違うように。

そんなわけで、語尾の発音については全く意識してなかった。おそらく、現在の僕の発音は、上に書いたような子音の有声音や無声音、単複の区別などが不明瞭だったり、おかしい部分があるに違いない。現時点では、自分自身で「どの音が出ていないのか?どの音がおかしいのか?」具体的に認識できないので、改善するのも中々難しいが、とりあず、全体的に語尾の発音を明瞭にするように心がける必要があると思う。あまり語尾を強調し過ぎると逆に不自然だけど・・・・  フランソワーズ・モレシャンさんの日本語じゃないんだから・・・「ワタシの国ではーーーー」とか・・・・(鶴太郎の物真似風に読んでいただけると雰囲気が出ます 笑)

もっと根本的な問題として、発音以前に、基本的な英語運用能力が全然低いので、細かい発音や語順にまで意識が行く余裕がないというのが現状である。 運用能力が上がってくれば、余裕が出て、細かい部分まで意識が向くようになると思う。色々と課題は多いです・・・・・(遠い目・・・・・)

|

« 5th march 2009 diary | Main | an unbelievable mistake »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/44262037

Listed below are links to weblogs that reference 6th january 2009 diary:

« 5th march 2009 diary | Main | an unbelievable mistake »