« jan 20th 2009 大寒 | Main | プチ ディクテーション »

01/21/2009

オバマ氏演説の英語教材?

i watched a dvd of classical pilates workout today, what i thought interesting was  instructors appearing in this video expressed the core as the powerhouse.  as you know, lately in the fitness field, muscles around mid section of the trunk like abs and back are often expressed as the core,  and in the strength & conditioning field, these muscles are called the power zone.   in case of saying the power zone,  quads, gluteus, muscles along the spine are included as well .   in this video the way they present mid section as core looks close the the meaning of the word <the core>.  anyway no matter how these muscles are called, to train and maintain good shape of the mid section is a key in successful workout

今日見たピラテスのDVDは、ミッドセクション(腹筋や腰背部などカラダの幹の部分)を「パワーハウス」と表現していて興味深かった。最近のフィットネスの世界の流行では、これら体幹部分は「コア」と表現されることが多い。  また、筋トレ(ストレングス&コンディショニング)の世界では、この部分を「パワーゾーン」と表現したりする。

エクササイズの世界で言う「コア」のニュアンスは、腹筋&腰のイメージだが、「パワーゾーン」のニュアンスはもう少し広くて、腹筋・背筋・大腿・臀部といったニュアンスである。このDVDでは「パワーハウス」という言葉は「コア」の同義語として使われている感じだったが、興味深かったですね。ちなみにパワーハウスとは「発電所」という意味ですが。 マニアックな話題でスイマセン(笑) 

話題変わりますが、オバマ大統領の就任演説をCDにした本が英会話の練習用に売れているらしいね。教材として使用している大学もあるとか・・・ 理由が「オバマさんの英語は発音が明瞭だし、アメリカの歴史も学べる」らしいけど、あの長い演説を、本当の意味で、最適な教材として使用できるような英語レベルの日本人が、果たして、どれだけいるだろうか?

もちろん、確固とした目的意識や信念があって使用する方には、僕が異議を唱える理由は全くありません。僕が言いたいのは、「流行しているから・話題だから」ということで周囲に流されない方が良い、ということです。  

「オバマ氏の英語が聞き取りやすい」って件にしても、オバマ氏の英語が他の政治家や有名人に比べて、特別、明瞭だとは思えないけどね・・・・ 11月の選挙で勝利した直後のスピーチを聞いた時の僕の第一印象は、「ブッシュさんの英語の方が、聞き取りやすかったなあ・・・・」だった。

オバマ氏のスピーチが明瞭で内容も素晴らしいと絶賛している人は、ネイティブ並みに英語が達者な人か、もしくは、yes we can や what is required of us now is the era of new responsibility などマスコミが引用するようなキーフレーズだけ部分的に聞き取れて、全部が理解できたような気分になってる人だと思う。自分を基準に考えてはいけないけど、僕、オバマさんの演説、全部はとても理解できないもん・・・・ 

平均的な日本人英語学習者(仕事の合間に英語を学んでいる会社員やOLさん、趣味として学んでいる方や学生など)には、あの長い演説を、そのまま英語教材として使用しても、消化不良になる部分が大きいだろうし、他国の政治・歴史を教材にするよりも、自国の話題を教材にした方が背景知識だって得やすいだろうと思う。

僕としては、小泉さんが任期中に出演したビジット・ジャパン キャンペーンのビデオ ⇒ http://jp.youtube.com/watch?v=gquX9H0T9A8&feature=related みたいなものを英語の教材にしたら楽しいと思う。映像もキレイだし、簡単な英語で喋ってるけど、with hearty welcome(心からの歓迎)なんていう表現は、とても良いと思うな。

英語学習にも使えるように、もう少し発展させた内容の日本紹介ビデオを麻生さんとか木村芳乃さん(観光庁アンバサダー)あたりが出演して作ったらいいと思うんだけど・・・・

ビジット・ジャパンのJALバージョンも中々いいよ ⇒ http://jp.youtube.com/watch?v=y-RjMyUxEUI&feature=related  まあ、JALのCMだけど、すごく明瞭な発音のナレーターだし、色々な基礎的文法やTOEICに出てくるようなビジネス用語も含まれてるし・・・・  

|

« jan 20th 2009 大寒 | Main | プチ ディクテーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/43810637

Listed below are links to weblogs that reference オバマ氏演説の英語教材?:

« jan 20th 2009 大寒 | Main | プチ ディクテーション »