« exercise class at judo dojo in a cold day | Main | gratitude »

11/20/2008

the next stage is the stage in which there is no border between passive and active

so far i had been studying english separating reading, listening, writing, and speaking , like today i have reading training , today i have listening lesson ....   but now i realized that i am in the stage to integrate these aspects.   what mean by that is i need to put more emphasis on output training.    so to speak,  speaking and writing should be centered more than ever.   the next goal i want to achieve is the state where there is no border between input and output.   as bruce lee said < when enemy expands i contract , and when enemy contracts i expand>  i have to achieve the state that i can respond quickly like a mirror or sound to what i heard  what i read and what i saw .  これまで英語の学習は、読むトレーニング、書くトレーニング、聞くトレーニング、喋るトレーニングというように、これら4つの要素を、分けて学んできたのですが、最近は、そろそろこれらの要素を区別しないで学ぶ時期だと感じています。 うまく説明できないけど、日本語だったら、テレビを見たり本を読んでいて、気の利いた文章やフレーズに出会ったら、マネして、すぐに自分のものにできるでしょ。 目指すところは、それと同じです。聞いたもの、読んだものをスグに自分のものにできるような状態を目指したい。(現状だと、まだ、何回も読んだり聞いたりしないと自分の中に定着しないレベル)  

たとえば、格闘技でも、ひとつひとつの基本動作を学んだら、次はスパーリングの中で自然にそれが出せるようになるのを目指すよね。で、もっと理想を言えば、相手が面白い動きや新しい技なんか使ったら、すぐにそれを吸収して自分のものに出来る状態を目指したいよね。

スポーツや格闘技で言うとミラードリルって言うのかな、鏡のように、相手の動作を常に真似するっていうトレーニング(英語学習で言うところのシャドウイングですね)がありますが、ウエイト・トレーニングでも応用できないものだろうか?・・・・・・(有名選手のトレーニングビデオを見て、そのフォームをイメージして真似たりするのも、ミラードリルの一種だろうけどね)  

|

« exercise class at judo dojo in a cold day | Main | gratitude »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/43176521

Listed below are links to weblogs that reference the next stage is the stage in which there is no border between passive and active:

« exercise class at judo dojo in a cold day | Main | gratitude »