« DVD三昧 | Main | 「参勤交代・大名行列」を外国人に説明せよ »

11/30/2008

英語学習と身体機能

スイマセン、1週間ぶりの更新です(汗) 特に変わったことはありません。仕事、トレーニング、英語・・・・  いつもは本や新聞記事を音読することが中心の英語学習ですが、ここ数日は気分を変えて、英作文というか短いエッセイライティングを中心にやっていました。まあ、このブログを英語で書くのもプチ・エッセイみたいなもんだけどね・・・・

で、今日ひさしぶりに音読をやってみて気づいたことがあります。声を出すのに、いつもよりも息が切れる&喉と舌の筋肉が疲れる・・・・・  いつも仕事では大きな声で日本語しゃべっているし、トレーニングでもハァハァしてますから心肺機能が衰えているわけはありません。日本語と英語は発音が違うためか、しゃべるときの喉や舌の筋肉の使い方が微妙に異なるんですね。で、1週間、音読を中断しただけで、それらの筋肉というか機能が錆び付いてしまうんですね。

よく、バレリーナとか音楽家なんかが、練習を数日休むと、失ったものを取り戻すのに、しばらくかかると言いますが、あれと同じようなもんですかね・・・・ ボディビルでも、数日トレーニングを休むと、筋肉そのものは疲労が抜けてフレッシュになりますが、久しぶりにトレーニングするとバーベルの軌道がぶれたりして、動作というかフォームは不安定になったりしますね。神経系の適応というのは、訓練を中断すると一時的に低下してしまう、ということですね。クルマの運転も、しばらく乗ってないと、一時的に距離感が鈍ったりするもんね。

英語学習の本を書いている人で植田一三(通称:イッチー植田)という人がいますが、「速読の鍵は、心肺機能や舌や喉の筋肉など、英語の発声に必要な部分を鍛える事だ」と植田氏自身も、水泳をしたり社交ダンスをして鍛えているらしい。フツーの感覚からすると「外国語のために体力づくりが必要なの? 馬鹿馬鹿しい」と笑うかもしれませんが、僕はこの点は全く共感します。

英語に限らず、何十年もカラダに染み込んでいる母国語とは違う言語を習得するというプロセスは、普段と異なる身体機能が要求されるという点では、「机の上の勉強」ではなく、まさに「身体トレーニング」なんですね。語学の学習とは、もっとフィジカルな面が強調されて然るべきだと僕は常々思っています。 

i have been off of this weblog for a week , sorry.  there is nothing special,  work, muscle training, english learning,   that is all of my current life.   usually, my english learning is centered on reading aloud. but this week my focus was on short essay wrigting .   wrigting this blog in english itself is like essay wrigting though ....

today i read a book aloud after one week interval and noticed that my breath breaking than usual.   that is probably, functions and muscles used in speaking english have weakend due to the one week recess     i speak japanese aloud in my work everyday and have workout regularly so my respiratory function itself couldnt have weakend ..   but muscles used in speaking english are different from pronunciation in japanese

a language researcher in japan named Ueda Ichzo claims in his website that a key for fast reading is to maintain functions of respiratory organs , diaphragm and so on, that are used for speaking. and it looks he himself train these functions everday through swimming and ballroom dancing for his pursuit of language learning.     people might laugh to hear him say that            < physical training for language lesson?   how ridiculous !>  but now i can sympathize with him at this pont      

what mean by that is .... to aquire a foreign language that is much different from deeply ingraied your mother tongue is a process aquiring a new physical function, rather than study on the desk.  especially languages in asia are much different from english in its structure and pronunciation and so on.   you need determination to develop a new body function.   in that point , i always think that japanese people should put focul point of language lesson on physical aspect more......

|

« DVD三昧 | Main | 「参勤交代・大名行列」を外国人に説明せよ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/43278836

Listed below are links to weblogs that reference 英語学習と身体機能:

« DVD三昧 | Main | 「参勤交代・大名行列」を外国人に説明せよ »