« ベン・ウイダー氏逝去 | Main | today's music station »

10/27/2008

my aim in the second stage

昨日の日曜はまた1日中部屋に引き篭もってビデオやDVD見ていた(笑)  昔見た英語のビデオを数年ぶりで引っ張り出して来て、どの程度リスニング力が上がったか?確認するためです。

まずは、マイケル・ジャクソンのスリラーのビデオ。これ発売されたの1984年頃じゃない?何年ぶりで見るんだろう? 当時から歌詞カードでおおよその歌詞は確認していたが、昨日聴いたら、cuddle(抱きしめる)なんていう単語の存在に改めて気がついた。しかし、このビデオは歌も踊りも特殊メーキャップも完成度が高いよね。

余談ですが、監督のジョン・ランディスって人がオタクな人で、ケンタッキーフライドムービーっていう映画の中で「燃えよドラゴン」のパロディシーンがあるんだけど、ブルース・リー役の人に、リーの英語の訛りまで忠実に真似させてるスゴイ人(笑)  ブルース・リーは18歳~31歳くらいまでアメリカにいたから英語上手なんだけど、やっぱり中国語っぽいナマリが少しあるんですよ。ちなみに、以前、外国人の友人に聞いたら、ブルース・リーの英語のナマリはそんなに気になるほどではないけど、シュワルツネッガーのナマリの方がキツイと言っていた。オーストリアっぽいナマリっていうか・・

で次に見たのが、エディ・マーフィーの漫才っていうかスタンドアップコメディー(独演)のビデオ。ビートたけしが昔、出身地の足立区を馬鹿にした自虐ネタとか、年寄りとかブスをネタにした漫才をやっていたけど、まああれと同じですね。これはさすがに、スラングが多いし喋りも早いので、ほとんど理解不可(笑)

エディ・マーフィーとよく比較されるのが、ラッシュアワーに出ているクリス・タッカーだけど、ラッシュアワーもストーリーがシンプルな割にはセリフの聞き取りが難しいです。クリス・タッカーは早口だし、ジャッキーの英語はブルース・リーと同じでちょっと中国語っぽい音が残っているし・・・・    というわけで、サタデーナイトライブやラッシュアワーを理解するには、まだ時間がかかりそうです(遠い目)

these days i had been thinking about what the aim of the second stage in my english learning is .....<i regard taking level A in major examinations of english like eiken and toeic as the first stage, and i already achieved it.>  and yesterday,i noticed that learning english itself is no longer relevant aim for me , of course my language ability is still not enough and in that sense i need to brush up it more & more, but at the same time i think i need to change my view point a bit, that is learn something in english.   the something might be.... learn fitness and exercise more than ever.. or gain deeper knowledge about history and culture of your own country..... or trace footsteps of your favarite figures like bruce lee.....  or what so ever i'm bit happy and excited finding what my second stage is.

|

« ベン・ウイダー氏逝去 | Main | today's music station »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/42920141

Listed below are links to weblogs that reference my aim in the second stage:

« ベン・ウイダー氏逝去 | Main | today's music station »