« 矢島美容室について | Main | バナナ・ダイエット~昨日の続き »

09/30/2008

バナナダイエットについて

バナナダイエット、かなり話題になってるみたいですね。今日も保健センターの健康体操教室で数名の方からその話題が出ました。僕は栄養の専門家ではないので、食品のことについて、あれこれ言うべきではないけど、エクササイズの専門家として、あえて述べれば、前にもこのブログで書いたとおり、バナナだけを食べて痩せよう(リンゴだけ・豆腐だけなど)というように、ある特定の食品だけ食べる食事法は、健康のことを考えると絶対に良くないです。

ある栄養素は不足し、ある栄養素は過剰になったりします。バナナ1本80~100カロリー前後ですから、朝食がバナナ2本と水だけなら200カロリー位しかありませんので、たしかに摂取カロリーは低くなりますので体重は落ちると思います。でも、栄養のバランスを考えると、バナナは糖質が大部分でタンパク質など殆ど含まれませんので、タンパク質で出来ている部分(筋肉・骨・皮膚・髪・血液・つめ etc)に栄養が足りなくなります。

つまり「何キロやせた!」言っても、脂肪と同時に筋肉もかなり落ちてしまいます。筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝も低下しますから、カロリーを消費しにくいカラダになり、もとの食生活に戻した時にリバウンドしやすくなります。また、タンパク質が不足すると、皮膚や粘膜も弱くなるし、病気に対する抵抗力も落ちます。

たとえば200カロリー摂るのにも、バナナ2本と水だけよりは、カロリーメイト1缶(200カロリー)の方が、色々な栄養が取れます。別にカロリーメイトにこだわる必要はないですが、理想的なダイエット(痩せるための食事制限)は、カロリーは落としても、各栄養素のバランスは保つ、ってことです。簡単に言えば、ごはんもおかずも、同程度に少し減らせばいいんです。で、筋肉はなるべく落とさないように運動することです。炭水化物は全くカットとか、おかずは全くカットとか、バナナだけとか極端なことをするべきではありません。

また、バナナダイエットを試した人の多くが「すぐにお腹が空いてしまう」と言います。バナナは脂肪も殆ど含んでいないので消化吸収が非常に早いのです。すぐに消化されるからスポーツ中やトレーニング前後の糖質補給などには適していますが、逆に言えば、腹持ちが悪いってことです。ほんの少しは脂肪も摂ったほうが適度に腹持ちが良くなります。

せめて、バナナに牛乳1本(ヨーグルト1カップ) あるいは卵  プロテインでも良いと思いますが、バナナに不足する栄養を少しでも補ってあげれば、バナナダイエットも多少はマシ(健康的)になると思います。

ちなみに僕は学生時代、栄養補給のため、いつもスポーツバッグの中にはバナナとかカロリーメイト・スニッカーズなど入っていました。トレーニングしている人にとっては当たり前の事なのですが、あくまでそれは筋トレ・オタクにのみ通用する常識・・・・  いわゆる「フツーの生活」をしている皆さんには、バナナをいつも肌身離さず持ち歩いている奴など、理解不能というかアブナイ奴に思えたのでしょうね。 顔見知り程度の友人達からは、バナナをネタに、からかわれてましたよ。いつの間にか、僕のノートに「バナナ」とイタズラ書きされていたり・・・・ 苦笑

20代の頃は、カラダ作るために、ジューサーミキサーにバナナ・牛乳・プロテイン・卵・ハチミツ・ピーナッツバターなど入れてシェイクして飲んでましたが、40代の今、こんな栄養豊富なドリンクをガバガバ飲んだら、たちまち「メタボおやじ」になりそうなので、最近は程々にしてます。

|

« 矢島美容室について | Main | バナナ・ダイエット~昨日の続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/42642242

Listed below are links to weblogs that reference バナナダイエットについて:

« 矢島美容室について | Main | バナナ・ダイエット~昨日の続き »