« conjunctivitis = 結膜炎 | Main | MAC先輩 »

06/16/2008

TOEIC 初受験 結果  May 2008

2008_06200001 5月下旬にTOEICに初挑戦しまして、今日、結果が出ました。TOEICというのは、英語の聞き取り(リスニング)と読解(リーディング)を評価する試験で、リスニングとリーディングそれぞれが、5点~495点の間で表示されます。

結果は、リーディングは495点で満点でした。しかし、リスニングは400点でした。つまり、この結果から判断すると、僕の英語は文章の読解力はそれなりのレベルにあるけど、聞き取りの能力は、まだ改善の余地が多いことを示しており、今後はリスニングを中心にもっと強化する必要があるように思われます。

TOEICのHPにある統計資料を見ると、合計895点だと全受験者の上位3.5%~4%あたりのところに位置するようです。 初受験にしては、まあまあの結果だと思いますが、900点にあと5点届かなかったのは、ちょっと心残りです(笑) リスニングで、あと1問正解していれば900点だったと思われますが ...

余談ですが、TOEICでは「解答用紙以外には何も書き込みしてはいけない」という不条理な受験規則があります。つまり、問題を解きながら、問題用紙の余白にメモを取ったりしてはダメだと。 今まで色々な試験を受けましたが、こんな不条理なルールは初めてです。

まあ、納得できないにせよルールはルールだから、書き込みしないようにしよう!と心がけていましたが、試験が終わって気づいたら、無意識に問題用紙に少しだけキーワードを書いたりチェック印などつけていました(笑) カラダに染み付いた習慣はそう簡単には修正できませんね。問題用紙は試験終了後、名前と受験番号を記入して回収されます。

受験上の注意に「書き込みした場合、採点されない場合があります」と書かれていたので、「失格になっていないか?」が心配でしたが、無事採点していただけてホッとしました。

これで、英検1級、通訳案内士、TOEICのレベルA、日本で実施されている英語の試験の主なもの3つ達成しましたので、英語学習の第1ステージはどうにかクリアーしたかな?と思います。 ここから先は第2ステージです。フィットネスのトレーニングと同様に外国語の勉強も果てしない道程が続きます。

関連記事(後日談)

駐 ここに書いた内容は2008年6月時点でのことです。試験内容や構成など現在では改訂されている可能性がありますので御了承下さい。

|

« conjunctivitis = 結膜炎 | Main | MAC先輩 »