« update in a rainy day | Main | dont stop walking »

05/15/2008

time goes by

ついこの前、正月だと思っていたら、もう5月も中旬、2008年も半分近く過ぎてしまいました。今日、保健センターの体操講座の生徒さんとも「どうして、歳をとると時間の経過が早く感じるんだろうねえ?」という話をしていました。

これに関して、面白い話を読んだことがあります(英検の勉強をしていた頃に、英検の長文読解の問題で読んだと思うのですが)

「人間は、自分が生きてきた人生の長さと比較して、時間の経過の長短を判断する」というのです。1年=365日は誰にとっても同じですが、たとえば、5歳の子供にとっては、1年というのは、それまでの人生の5分の1に相当するわけです。 つまり子供にとっては、1年というのは、かなり長い時間に感じられるのです。  ところが、30歳の人にとっては、1年は自分の人生の30分の1、70歳の人にとって1年は人生の70分の1、というように、人生の経験を重ねるほど、1年というスパンは、自分のそれまでの人生と比較すると、相対的には小さなものになっていくわけです。

40歳を越えた現在、20歳の頃と比較すると、感覚的には、倍のスピードで時間が過ぎ去っていくことになるのです。この話が本当かどうか?はわかりませんが、面白い説だと思います。皆さん、どう思いますか?

|

« update in a rainy day | Main | dont stop walking »

Comments

20越えたあたりからやたら早く感じます…(>_<)…そろそろ結果と実績が欲しいです…汗

Posted by: MASA | 05/16/2008 at 05:03 AM

>MASAさま
僕自身も、学生の頃は時間が無限にあるように感じていましたが、社会人になってからは時の経過がすごく早く感じるようになりました。また、何かに熱中している時は時の経つのが早く感じますよね(^^) 25歳のコンテスト出場の時期もアッという間に訪れると思います。頑張って下さい!!

Posted by: ENDO | 05/16/2008 at 06:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/41217340

Listed below are links to weblogs that reference time goes by:

« update in a rainy day | Main | dont stop walking »