« too good to be true? | Main | ボランティア通訳の練習会に出席 »

04/02/2008

difficult to foresee

おととい、ニュースZEROの現場レポーター・七尾藍佳さんに注目していると書いたが、もう少し書かせて(笑)  昨日の放送では4月1日からのガソリン税制変更のレポートを担当していた。東京郊外のガソリンスタンドの1日に密着して、そこの店長さんに「今回のガソリン税制改訂が店の運営やサービスにどう影響しましたか? お客さんの反応はどうですか?」みたいなことを聞いて、ごくごくフツーのインタビューに思われた。

が、七尾ちゃん(親しみを込めて、こう呼ばせていただく)は最後に、スタンドの店長さんに、こう言い放った........「政治に振り回されているとは思いませんか?」   ガソリン税の件にしても、年金制度や高齢者医療費の件にしても政府の方針がコロコロ変わるから、実際、我々の多くは、「政府の気まぐれに振り回されている」と感じているだろう。

でも最前線で働いている人、たとえば、このスタンドの店長さんのように新価格体制の初日という状況下では、「お客さんや従業員に混乱はないか? クレームなど出ていないか? 肝心の売上はどうか?」といったことで頭の中は一杯だと思う。政治に対する理想論まで考える余裕はないだろうと思う。  でも、そこであえて聞いちゃうのが七尾ちゃんなのである(笑) 

政策を決定している政府の人間に対して、「政府が行き当たりばったりの政策ばかりとるから国民が混乱してますよ!」と反体制の姿勢を見せるのはマスコミの人としては、ごくごくフツーのスタンスだと思う。でも七尾ちゃんは、その振り回されている当事者である一般市民にも、「政府に振り回されてると思いませんか?」って聞いちゃうのだ(笑) 彼女からインタビューを受ける人も真剣勝負で気が抜けないのである(笑)

報道系フィールドキャスターという彼女の立場がそうさせているのか? あるいは、お嬢様&帰国子女で、良くも悪くも世間一般の感覚とズレている部分があるのか?はわからない。でも、七尾ちゃんには、その他大勢の報道レポーターとは違う「予測困難」な部分があるのです(笑)

話はズレるが、PRIDEという格闘技イベントが、あんなに人気があったのも、この「予測不可」な要素に観客は魅せられていたのだと思う。 たとえばK-1(キックボクシング)は、試合の流れを見ていると、どちらが勝ちそうか?おおよその予想はついてしまう。ところが綜合格闘技では、立ち技・寝技・打撃・関節技など色んな局面に展開するので、先の予測がつけにくい。絶対的にピンチな状況の選手が下からの三角締めで大逆転、なんてことがよくある。しかも歴史の浅い競技なのでランキングがコロコロ変わる。未知の新人が突然、チャンピオンを凌駕したりする。

PRIDEが消滅してしまった今、昨日の七尾ちゃんをテレビで見ていて、PRIDE的な要素を感じてしまったのは、あまりに強引なオタク心か・・・・

ニュースZEROはメインキャスターの村尾氏や異色のジャニ・タレ桜井氏など面白い顔ぶれだと思うが、テレビカメラの前で喋るという経験はさておいて、ポテンシャルでは七尾ちゃんが段違いなのは明白だ。現場中継が多く、スタジオで長時間しゃべる機会が少ないのは、製作サイドも、彼女は何を言うか予測不可(in a good sense and a bad sense)という点を感じているのではなかろうか?   彼女は自身のブログ以外にも、所属事務所のブログやニュースZEROのHP、英会話学習のブログなど色々なところで記事を書いているが、とにかく熱いし長い。ちょっとした論文である(笑)   ニュースZEROのHPに北朝鮮の動向を書いているが、七尾ちゃんファンの僕でも、長くて読む気が失せる(笑)

と、すっかりエセ評論家みたいな内容なってしまったので(みたい、というよりはエセ評論家そのものですが・・・笑)、そろそろ仕事に出掛けます。長くなって失礼しました。

|

« too good to be true? | Main | ボランティア通訳の練習会に出席 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/40731345

Listed below are links to weblogs that reference difficult to foresee:

« too good to be true? | Main | ボランティア通訳の練習会に出席 »