« 伊豆検定 | Main | 携帯電話~健康への影響は? »

02/05/2008

葉酸欠乏は認知症の危険?

as many developed nations are facing the problem of ageing population, among the concerns , one of the serious ones is senile dementia,   and this time, a small study reports that folic acid deficiency can lead to increased risk of dimentia  http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7226872.stm   高齢化社会における深刻な問題の一つは、痴呆症(最近は認知症と呼ばれるのかな)ですよね。本日のBBCニュースによると、葉酸(ビタミンB群の一種でブロッコリーなどに豊富)が不足すると、老人性痴呆症を発症する危険性が高まる可能性があると報道しています。

518名の高齢者を2年間程度調査したところ、葉酸欠乏症の人は痴呆を発症する確立が3.5倍程度高かった、とのこと    小さな研究なので、決定的な結論ではありませんので今後の研究が待たれます。 濃緑色野菜はやっぱり大切ですね。特に、ウエイト・トレなどやっている人は、栄養の事を考える時に、タンパク質と炭水化物を確保することを優先して考える傾向にあるので(僕もそうです)、どうしても野菜が不足しがちです。 

|

« 伊豆検定 | Main | 携帯電話~健康への影響は? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/40004495

Listed below are links to weblogs that reference 葉酸欠乏は認知症の危険?:

« 伊豆検定 | Main | 携帯電話~健康への影響は? »