« 地域限定通訳案内士 | Main | 寿命に関連するリスクファクター »

02/10/2008

パーソナルトレーナー 露出狂とか変態ではありません(多分・・・)

昨日は、ある団体の健康セミナーの講師として招いて頂いた。中高年向けの健康体力づくりの実技&講義を行なう内容である(腰痛や肩こり予防のストレッチングなど)。何の分野でもそうだと思いますが、講義というのは、「いかに参加者の関心を惹き付けるか?」がポイントなのは言うまでもありません。通常は軽いオシャベリから入ったり、頭の体操やクイズなどして雰囲気を和らげつつ、参加者の関心を惹きつけていくいくのが定番だが、昨日はいつもと違うことを試してみた。

運動の講義なのだから、まずは「筋肉」とか「運動」に関して何か大きなインパクトが必要である。しかも、初対面の皆さんに、こちらが、フィットネスの専門家であることを納得してもらう必要がある。僕は着痩せするタイプなので、スェットシャツなんか着ていると、僕はフツーの兄ちゃん(オジサン?)にしか見えないと思う。

ならば言葉で自己紹介するよりもカラダで自己紹介しようと思い、初対面の皆さんの前で、いきなりシャツを脱いで、筋肉ポーズを2~3種類とってみた(笑)

盛り上がるか?と内心期待していたが、一瞬にして会場がシーンと凍り付いてしまった・・・・・(汗) この日の講習の参加者は中年のオバサマ&オバアちゃま達なので、いきなり男の裸見せられて、どう反応してよいか?戸惑ったのかもしれませんね。筋肉の凄さに会場が引いてしまったなら、ボディビルダーとしては名誉なことだが、どうやら違う気がする(笑) 

その後の実技&講義で和やかな雰囲気になり、この日の講習は無事終了しましたが、今考えると、どうせ脱ぐなら「そんなの関係ねえ!」などのギャグをやって盛り上げれば良かった、と思う(悲哀)。何でも中途半端は良くありませんよね(振り子の理論と言うのでしょうか...)。静岡県の某公共施設内で、裸になった講師はおそらく僕が初めてだろうと思う(笑) 40歳過ぎて、何やってんだか・・・・・・・ 今後、出入り禁止にならないことを切に願うのみです・・・・

Yoshi_biceps_pose_feb_20th_2018_2

こんなご挨拶をしましたというイメージ写真(笑)

続編(後日談)
http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2008/03/post_e25e.html


     copyright   Yoshihiko Endo

|

« 地域限定通訳案内士 | Main | 寿命に関連するリスクファクター »

Comments

おぉスゴいですね!その自信が羨ましいです(>_<笑)自分は年中バリバリコンディションではないんでとても真似できません…例に取るとプロレス会場にしてもめちゃくちゃマッチョなレスラーがコールと同時に服脱いで筋肉アピールしてもほとんど盛り上がらいんですよね…笑…盛り上がってるのは自分1人くらいですよ…爆笑…マッチョを集めたマッスルセミナーなんかだと盛り上がるかもしれませんね(^o^)

Posted by: MASA | 02/12/2008 at 03:16 AM

>MASAさま、ありがとうございます
「自信」というよりは、講習参加者の関心を引きつけれるか?」不安な気持ちを打ち消すために苦し紛れにやった、というのが正直なところです。 脱いでも会場が暖まらないプロレスラーの悲哀が、なんとなくわかるような気がします(笑)

「40代としては人が驚く肉体」目指して、頑張りたいと思いますが、根本的には、服を脱がなくても人を納得&引きつけられるような「本物の人」にならなくてはいけませんネ(反省)

  
 

Posted by: ENDO | 02/12/2008 at 08:19 AM

久振りに遠藤さんを覗いてみたら・・・
とんでもない事を・・・(笑)
その勇気が素晴らしい!
我々は常にコンディションを整えておかなくてはいけませんね!
そう、いつでも脱げるように!
それにしても40代のおばさまが沢山いる講習会で・・・
あいてが学生相手の講習会ならともかく!さすがです!
確かに場を和ませたり、相手にインパクトを与えるには効果ありますからね。
特に高校生あたりには効果ありますよ!
でも遠藤さんの言うように、それをしなくても相手を引き付けるだけの、納得させるだけの説得力、これの必要性はホントに感じますよね。
ただ、僕が思うに、ろくにバーベルも握った事ない癖に、本の受け売りや、頭の中で勝手に作り上げた事をもっともらしくのたまう連中と一線を画する為には、これは必要な事だと思いますよ!
我々はトレーナーであり現役トレーニーであり続けたいものです。
昔はこんな体でした!なんて写真を持ち歩くのも寂しいことです。

Posted by: mac | 02/18/2008 at 09:14 AM

>MAC先輩
ご無沙汰しています。ありがとうございます。
自分の場合は「勇気」というより「恥知らず」なだけですよ(笑)
ホント、MAC先輩のおっしゃる通り、口だけでなく自分自身の肉体や生活で手本を示せるトレーナーであり続けたいですね。この前、テレビの健康番組に石井直方さんが出ていましたが、彼は素晴らしい手本だと思います。お互い頑張りましょう!!
  

Posted by: ENDO | 02/18/2008 at 01:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地域限定通訳案内士 | Main | 寿命に関連するリスクファクター »