« 寿命に関連するリスクファクター | Main | サップ、バーネット 米国で試合出場 »

02/17/2008

久々の時事ネタ~ニューズウイークより~

as you know, automobile manufacturing is japan's one of representative industories, but due to the change in the demographic makeup and other reasons,  the domestic car market is shrinking,   according to this article in the newsweek.   it looks like japan's car industory is facing a transitional point for future development http://www.newsweek.com/id/112735   久しぶりにニューズウイークのHPへ行ってみた。日本のクルマ産業に関する記事が出ていた 題して「ポスト・クルマ社会」  内容は・・・・

日本国内でのクルマの売上はここ数年低下していて、その傾向は加速しているという。1990に国内のクルマ売上台数は約780万台だったのに比較して、2007年の売上は540万台、2007年は前年比で約7%程度落ちており、2008年は前年比8%以上の落ち込みになる見込みらしい)    中国など途上国での売上が伸びているので、日本国内での不振を海外マーケットで相殺している状況だと。

日本国内市場の低迷の原因としては、人口の高齢化・人口の都市集中化(都会は駐車場代や家賃が高い )・ガソリン代や自動車税の負担・エコ志向など。で、レンタカー業界はここ8年で30%程度の成長率だという。休みの日などクルマが必要な時だけインターネットでレンタカーを予約して利用するのが流行しているらしい。

というわけで、都会の若者の間では「クルマを所有する」こと自体が、20世紀的で時代遅れという感覚なのだそうです。 僕のように地方在住の人間としては、中々想像しがたいですが・・・地方では利用者の少ないバス路線などは運行本数が削減されたりして、益々クルマに対する依存度が高くなっているのだから・・・クルマ社会についても、都会と地方の「格差」というか二極分化が進んでいるということだろうか・・・

|

« 寿命に関連するリスクファクター | Main | サップ、バーネット 米国で試合出場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/40163201

Listed below are links to weblogs that reference 久々の時事ネタ~ニューズウイークより~:

« 寿命に関連するリスクファクター | Main | サップ、バーネット 米国で試合出場 »