« August 2007 | Main | October 2007 »

09/26/2007

ステロイドの取り締まり、米国にて強化

today's msnbc.com takes a topic of anabolic steroid as a top news in health news section.  i think this embodies that steroid abuse problem is getting increasingly serious. as a person who has experience participated in bodybuilding competitions, i hope steroid abuse problem in physical fitness is recognized seriously in the society  . http://www.msnbc.msn.com/id/20973918/  本日のnbcニュースの健康ページはトップでステロイドの問題を取り上げています。ボディビルダーやスポーツ選手だけでなく、一般の人たちの間でも、筋肉をつけて見た目を良くするため、違法な筋肉増強剤が蔓延しており深刻な状態だと述べています。 またアメリカ政府は、ステロイドの違法売買や密造などの取締りを強化しており、ここ最近でも、原料の密輸(原料の多くは中国から)や密売などで、過去最高の120人が逮捕され、56ヶ所の違法製造所が閉鎖になったようです。

アメリカでは、スポーツ界だけでなく、一般の新聞でも大きく取り上げられる程にまで深刻な社会問題化しているこの話題、日本でもそろそろ真剣に認知されるべきだと思います。

| | TrackBack (0)

09/23/2007

autumnal equinox

it has been a long time since the last update, how are you doin?    in japanese calander it is the autumnal equinox today and as the name implies, it is chilly today.  at the same time it means the rest of this year is only 3 months...... time flies......  i have not to waste my time......  久々の更新です。今日は秋分の日らしく涼しかったッスね。しかし、今年も残すところ、あと3ヶ月ですか・・・・・ 最近、前にも増して時の移ろいが速く感じます。あっという間に年末になりそうです(笑) 季節の変わり目ですので、皆さん、体調に気をつけてお過ごしください。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/16/2007

内蔵脂肪判定法

_42482064_body_fat_cred203 as you know, lately scales with visceral fat measure are popular,  but i'm doubtful about the accuracy & validity of these visceral fat measure function.  according to this report, a protein in the blood can be a marker to access fat around organs http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6284300.stm   最近の体脂肪計は、内臓脂肪のレベルも表示されるものが多くなっていますね。ただし、僕個人の考えでは、体内に微弱電流を流して脂肪量を推測するインピーダンス式の体脂肪計で、内臓脂肪のレベルなど、どの程度正確に測定できるものか?大いに疑問です。

だって、右足と左足のかかと&つま先のところに電極つけて、電流を流したところで、腹部の深部にまで電流がうまく伝わっているとは思えないよ。電流ってのは一番抵抗が少ないところを流れるわけだから・・・・  電流はおそらく下半身にしか流れてないと思う。  握って計るタイプの体脂肪計も同じ理屈で、電流は腕~肩を流れているだけだと思う。

じゃあ、内臓脂肪が多いか少ないか?を調べるにはどうしたらいいの? ってことだけど、写真のように、MRI(磁気共鳴断層撮影)で腹部の断面図を撮るのが信頼できる方法。だけど、これには金と時間がかかる。で、BBCニュースの最新情報だと、これに代わる手軽な方法として有望なのが、血液検査だという。http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6284300.stm

内臓脂肪の多い人は、血液中のRBP4っていうタンパク質が多く分泌されるらしい。このタンパク質遺伝子は、内臓脂肪からも皮下脂肪からも分泌されるが、内臓脂肪から、より多く分泌されるので、血液検査の結果、このタンパク質の量が多い人は、内臓脂肪が多い可能性が高いと推測できる、とのことです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

09/12/2007

富士山検定 結果

2007_09120001 i received the passing certificate of Mt fuji quiz, which is a kind of tourism promotion by local media and a quiz to examine knowlege on mt fuji.  my score is 95 and i have been certified as the third degree.  this  quize itself is like a joke  ....haha

8月に新聞紙上で解答した「富士山検定」ですが、今日、3級の証明書が届きました。95点っていうと、なんかスゴイ気がするけど、答えは全部ネット検索で調べたので(笑)   むしろ、検索したのに5問まちがえたのは情けない(笑)  2級と1級は会場受験のキチンとした検定になるようです。 3級でも、けっこうマニアックな問題があったので、ここから先は富士山フリークの世界・・・・気が遠くなる・・・・ので無理だわ(笑) 当面、話のネタに3級で充分(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/09/2007

萩本欽一論~③

ラニーニャ現象の影響で残暑はまだまだ続くらしいですね。で、その後は突然、厳寒になる見込みだという。SF映画で見たような、熱波が去って氷河期に・・・の世界が現実に・・・・

なんとなく、テレビを見ていたら、また萩本欽一の旅番組をやっていた。最近の菌ちゃん、けっこう毒舌で面白い。東北の露天風呂まで行って、地元の人も沢山いるのに、「絶景の景色と比べると、きたねーお湯だな、しかも、風呂に入ってるのも、きたねーオヤジばっかり・・」とか言いたい放題(笑)

かつて、たけしは「毒舌」、欽ちゃんは「いい人」みたいに,この二人は対極に位置づけられて、共演することも、ほとんどなかったわけですが、今見ていると、実はこの二人は本質的には「似たもの同士」だったのでは? と今更ながら気がつきました。似たもの同士ゆえに、反発しあう苦悩って、学校でも職場でもよくあるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/06/2007

顔面ヨガ

have you ever heard about face-yoga?  this article says it is a way to stimulate & tighten facial muscles,  and it makes your facial appearance younger http://www.msnbc.msn.com/id/20610259/    久しぶりの更新です。ヨガの話題(msnbcニュースより)   ニューヨークで顔面ヨガ(face yoga)なるものが注目されているらしい。マリリンモンロー風セクシー顔とかルイ・アームストロングの顔とか、特徴ある有名人の顔の表情を真似して、顔の筋肉を鍛えて引き締め、シワの防止や表情を若々しく保ちましょう、というものらしい(笑)  シワ取り薬や美容整形と違い、副作用の心配のない美容法として注目されているんだとか・・・・・・

 

| | TrackBack (1)

09/01/2007

世界陸上 感想

watching World Track & Field in Osaka, what i feel is.....  the season to hold athletic events should be decided based on where is the event held.   at least in places of high temrerature & high humidity like Osaka and Beijin, the hottest period in the year should be avoided.   in osaka this time, many participants had to desert in the middle of the competition due to bad shape caused by intense summer heat.  if this trend continues ,worse accidents may happen in the future.  世界陸上を見ていて感じたことは、今後、スポーツイベントは、開催する場所に合わせて開催時期を変えるべきだと思います。大阪や北京のように、夏は高温多湿になる場所で、どうして、一年でも最も暑い時期に世界陸上やオリンピックなど開催するのでしょうか?  1年後に蒸し暑い北京でオリンピックがあるということで、今回の大阪は、そのリハーサル的な面があるのでしょうが、北京の場合、高温多湿に加えて、空気汚染もひどいらしいから、今回の大阪以上に体調不良で途中棄権する選手が出るのではないでしょうか?   北京オリンピックの開催時期を、もう少し涼しい時期に変更するなど、根本的な対策が必要だと思います。

あまりに高温多湿の状況だと、筋肉は脱水や弛緩により、最大限のスピードやパワーを発揮できませんし、ケガの危険も増えますので、そもそも好記録は、あまり期待できません(サウナの中で運動するようなもんです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »