« 暑いッスね | Main | indirect measurement »

08/26/2007

世界陸上

watching World Track & Field Championship being held in japan on tv, i was suprised that fady fat percentage among short & medium distance and jumping athletes is getting lower increasingly.  previously, long distance athletes such as marathon had lowest body fat. but now body fat in sprinters is as low as long distance runners.   body fat percentage is the ratio of body fat and non lean body mass.  and if there is  no big difference in thickness of body fat among long distance runners and short distance runners , now sprinters might have lower body fat than marathonners.    世界陸上をテレビで見ていて感じたのは、短距離・幅跳び・高跳び等の選手の体脂肪率が以前に比べて益々低くなっているような気がしました。  昔は、マラソンなど長距離種目の選手の体脂肪が一番少なかったと思いますが、現在は、短距離・ジャンプ系の選手も限界まで体脂肪落としているので、脂肪の厚みは、長距離選手も短距離選手もあまり変わらないレベルになっているようです。

体脂肪率というのは、脂肪と脂肪以外(筋肉・骨・内蔵など)の比率なので、脂肪の量が同程度ならば、筋肉の発達した選手の方が体脂肪率が低いことになります。  統計で平均を出したら、マラソン選手の体脂肪率も、短距離&ジャンプ系選手の体脂肪率も大差がない、あるいは著しく体脂肪の低い選手は、むしろ短距離系選手の中に分布する時代になりつつあるのかもしれません。 

|

« 暑いッスね | Main | indirect measurement »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/16247322

Listed below are links to weblogs that reference 世界陸上:

« 暑いッスね | Main | indirect measurement »