« upper house election in japan | Main | プリンターの健康への悪影響 »

07/30/2007

久々の体脂肪測定

今日、市の保健センターの体脂肪計で久々に体脂肪を計ってみました。この機械はタニタのDC-320という機種で普及型としては、誤差が少ないというハナシですが・・・・

アスリート・モード(つまりスポーツ体型)と標準モード(一般体型)の2種類が設定できるので、両方試してみました。結果は、アスリートモードで計って4.8%  標準モードで計って10.4%でした。つまり、入力設定によって、結果が2倍程度違うことになります。

スポーツ選手の体脂肪を正確な装置で計ると、ボディビルの全日本トップクラスの人達で5~6%、マラソンのトップ選手(男子)で6~8%前後だそうです。

これらのことを考えると、体脂肪が5%以下の人など、実際には、ほとんど存在しないと思った方が良いでしょう.。プロのボディビル選手のように100kgくらいのマッチョマンで、脂肪の厚さはマラソン選手並みならば、5%以下の可能性もあるでしょうが・・・・・

僕の現在の状態は7月14日の日記の写真の通りです。自分の経験から推測すると、かろうじて体脂肪1桁、8-10%位かな?   そう考えると、アスリート・モードよりも標準モードの方が正確なのだろうか?・・・・・・・

|

« upper house election in japan | Main | プリンターの健康への悪影響 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/15952344

Listed below are links to weblogs that reference 久々の体脂肪測定:

« upper house election in japan | Main | プリンターの健康への悪影響 »