« ピアノを弾く猫 | Main | 久しぶりに登呂遺跡へ »

04/27/2007

ホーキング博士の無重力体験

070426_stevenhawkinszerog_hmed_6ph2 the genious scientist Stephan Hawking has been with the wheelchair for several decades because of  muscular distrophy disease, but he pulled zero gravity flight off this time and was freed from the wheelchair. http://www.msnbc.msn.com/id/18334489/

CNNより     以前、このブログにも書きましたが、天才科学者・スティーブン・ホーキング博士の無重力飛行がついに実施されました。ホ‐キング博士は「ブラックホール理論」などで有名ですが、筋ジストロフィー(ルー・ゲーリック病)のため、車イスの生活。博士の考えだと「宇宙に進出しなければ人類の未来はない」ということで、カラダに障害のある人も無重力飛行に耐えられることを自ら証明しようというもの。(飛行機で急降下して人工的に無重力状態を作り出しての実験) 65歳になるのに、すごいガッツだと思います。  

|

« ピアノを弾く猫 | Main | 久しぶりに登呂遺跡へ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/14863480

Listed below are links to weblogs that reference ホーキング博士の無重力体験:

« ピアノを弾く猫 | Main | 久しぶりに登呂遺跡へ »