« 韓国英語事情 | Main | マウス交換 »

02/19/2007

ネバダ州アスレティックコミッションの英断

http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=3455&zoneid=2 格闘技ネタ    今日のMMA.weeklyにケビン・ランデルマンのことが詳しく出ています。ネバダ州アスレティック・コミッションがランデルマンを無期限出場停止&プロライセンス剥奪処分にしたのは、もちろん、PRIDEラスベガス大会のドーピング・テストで他人の尿を提出したことに対する制裁なのですが、もう一つの意味合いとしては、ランデルマンの健康状態がここ数年非常に悪くて、このまま格闘技の試合に出続けることは、健康というか命に重大な危険があるので、安全面での教育&警告的な意味もあるようです。

ランデルマンは長年の試合のダメージとして腕・肩など数個所の筋肉や腱を損傷・断裂しており、さらに2年程前から肺が何かに感染して、肺にカビのような菌が発生したりで、ここ数年で合計11回の手術を繰り返していたそうです。それらの治療のため、抗生物質や強力な鎮痛剤や麻酔薬などを多用していて、それらの副作用で内臓などカラダのあちこちの機能が大幅に低下しているようです。このまま無理してトレーニングを続けたり試合に出続けると、もっと深刻な事態になるため、今回のネバダ州コミッションの結論になったようです。

考えてみるとネバダ州コミッションのような組織って安全管理などの面でとても大切な存在だと思います。州内で開催される主だったスポーツの大会には安全管理などの面で大きな権限と責任を持っているわけです。ネバダ州にとっては、PRIDEは外国(日本)のプロ格闘技の興行に過ぎないわけですが、それに対してもネバダ州が費用を負担してドーピングテストを受けさせたり、違反者には公聴会を開いて処分を下したり教育・戒告などしているわけです。日本はこういった面では全く送れていますが、プロ格闘技が今後、スポーツ&文化として市民権を得るにはこういう面での整備が必要だと思います。

|

« 韓国英語事情 | Main | マウス交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13971546

Listed below are links to weblogs that reference ネバダ州アスレティックコミッションの英断:

» 渡辺久江 画像 動画 ニュース [格闘家 画像 動画 通信]
渡辺久江敗れる! スタンドの打撃戦で、キックボクサーのソヒがサウスポーからの左フックと首相撲からの膝蹴りを何発も当て、久江を苦しめる。ストライカーとの打撃戦を希望していた久江は、劣勢にも関わらず打撃戦に応じ気の強さを見せる。とはいえダメージが大きく、2Rは開始早々タックルで上になり、ソヒの不得意な寝技に持ち込むが、ソヒのクロスガードを崩せず。ブレイク後は前蹴りと右フックで反撃するが、ダメー... [Read More]

Tracked on 02/20/2007 at 01:09 PM

» PRIDE戦士大集合 [PRIDE戦士大集合]
PRIDEに関することならなんでも。 戦跡、結果選手の入場曲などとにかくプライド情報を集めました。 [Read More]

Tracked on 02/20/2007 at 10:57 PM

« 韓国英語事情 | Main | マウス交換 »