« 外国語の勉強はボケ防止に良い可能性 | Main | 運動後の筋肉痛にカフェインが効く可能性 »

01/17/2007

納豆ダイエットについて

2007_01170001 テレビ「あるある大辞典」の影響で納豆がスーパーマーケットから消えて一週間・・・納豆フリークの僕は昨日あたりから「納豆食べたい症候群」を発症していたのですが、今日、某スーパーで運良く納豆を購入。しかし、これだけ納豆の入手が困難になると、納豆の値段が高騰したり、納豆の奪い合いで犯罪が起きたりする可能性もあるね(笑)

で、話題になっている納豆ダイエットですが・・・・・僕は番組は見なかったのですが、あるある大辞典のHPによると、アメリカからの最新情報だという。僕はここ2年位、CNNやBBC、NBCなど主要メディアの健康ニュースは、職業柄、ほぼ毎日チェックしてますが、「朝晩、納豆食べて痩せる」という報道は見たことがありません。大豆製品がコレステロールなどに及ぼす影響やイソフラボンについての研究結果は時々、報道されてますが、実験によって「効果あり」だったり「効果なし」だったり、はっきりした結論はまだ出ていません。そのため、アメリカスポーツ医学会やアメリカ心臓学会など、健康・運動・栄養などの関連を研究している主要団体も、大豆製品の健康効果については、まだ統一的な見解を出していません。今回あるある大辞典が引用した情報源は、テンプル大学の教授によるものだそうですが、かなり局地的な情報を、番組作成上、都合の良いように拡大解釈したものではないかと思います。

そもそも、朝晩納豆を食べている人など、日本中に昔から沢山存在しています。納豆1日2個加えただけで2週間で例外なく2kgも3kgも痩せるとしたら、我々日本人は納豆の減量効果に、とうの昔に気付いているハズだと思うのです。そう考えるとフジテレビというかあるある大辞典は、視聴者をあまりにナメていると思います。そのうち、「番組の言うとおりにしたけど全然痩せない」という苦情が殺到して社会問題化し、番組中止になるのでは?なんて思います・・・・

西欧化しつつある日本人の食生活において、たんぱく源として、脂したたる肉や揚げ物などは控えめにして、納豆など大豆製品を摂り入れる事は、飽和脂肪の摂取を減らし、繊維を摂り、胃腸の働きを整える上でも良い事だと思います。日本人が忘れかけていた我々の貴重な食文化「納豆」に脚光を当てたのは良い事だと思いますが、「現在の食生活に納豆2パック付け加えただけで痩せる」とは、明らかに言い過ぎです。

納豆がダイエットに役立つ可能性があるとしたら、納豆は繊維が多くて結構おなかが一杯になるので、納豆を先に食べてしまえば、腹が張って他のおかずやご飯を食べる量を結果として少なくできることですね。

しかし、テレビの影響力ってスゴイというか、マスコミの情報操作を鵜呑みにする人が多いとうか・・・ あるあるで「不二家のケーキがダイエットに効く」って特集したら、不二家は再建できるかもネ(笑) of course joke!!

|

« 外国語の勉強はボケ防止に良い可能性 | Main | 運動後の筋肉痛にカフェインが効く可能性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13541283

Listed below are links to weblogs that reference 納豆ダイエットについて:

» あるある大辞典で、納豆がないないに 阪神淡路大震災並の便乗値上げ勃発! [営業日記∀ (商品化権資料センター)]
1月7日の「あるある大辞典」で、毎日、よく練った後20分放置した納豆を朝1パック夜1パック食べると痩せる「納豆ダイエット」というものが放映された影響で、オイルショックならぬ納豆ショックがおき、近所のスーパーから納豆が消えてしまった…せっかく納豆お餅をやろ..... [Read More]

Tracked on 01/18/2007 at 11:15 AM

« 外国語の勉強はボケ防止に良い可能性 | Main | 運動後の筋肉痛にカフェインが効く可能性 »