« 納豆ブームの次は? | Main | 犬は健康に寄与? »

01/21/2007

そろそろ、くだらない地上波テレビは見限る時期かな

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画で「バトルランナー」(a.k.a running man)という映画があります。もう15年以上前、1988年頃の作品だと思いますが、テレビ局が事実を改竄・歪曲して報道し大衆心理を洗脳・コントロールするという内容でした。20年近くの年月を経て、テレビ局による事実の歪曲&情報操作が今回の納豆騒動で明白になりました。思えば、90年前後のアーノルド作品は時代を先取りした内容が多かったように思います。たとえば、「地球温暖化」という言葉を耳にするようになったのは、ここ数年ですが、映画「トータル・リコール」は環境破壊で地球に住めなくなった人類が火星に移住するというストーリーを90年頃に既に描いていますし。

温暖化といえば、思わぬところに弊害も出ていて、アメリカなどでは、海岸沿いに住んでいる人たちは家の損害保険に入れない、あるいは掛け金が従来の2倍~3倍に暴騰するという現象が起き始めているようです。津波など災害の危険度が高いので、保険会社がリスク回避に出ているようです。おそらく今後、日本でも同様の事態が起きてくるかもしれませんね。

|

« 納豆ブームの次は? | Main | 犬は健康に寄与? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13603531

Listed below are links to weblogs that reference そろそろ、くだらない地上波テレビは見限る時期かな:

« 納豆ブームの次は? | Main | 犬は健康に寄与? »