« 排ガスの肺への影響 | Main | ヘリウム3 »

01/27/2007

destiny③ ~北村さん~

久しぶりに昔の話を書きます。最近はネットやビデオ・DVDなどが普及して、有名選手の練習法や食事などの情報が世界中に伝播していますが、僕がトレーニングを始めた85年頃は、一人暮らしの大学生はビデオデッキですら中々持ってない時代でした。そのため、憧れの選手がどんなトレーニングや食事をしているか?いつも話題の中心でした。

当時、学生ボディビル界で知らぬ者のない有名選手がいました。北村克己さん(マッスル北村)といって、東京都や関東のボディビル選手権でトップクラスの筋肉で、東大の理科何類かに通っていたが医者を志すため東京医科歯科大に再入学したという頭脳、その上、真田広之のような甘いマスクという、知力・体力・二枚目と3拍子兼ね備えた人で、当時、ボディビルをやっている学生はほとんど例外なく北村さんに憧れておりました。テニス部の女の子達が、美しくて上品でトップ選手のお蝶夫人に憧れていたようなものでしょうか(古っ)

元東大生だから、食事やトレーニング法もさぞかし科学的に違いないと思っていたのですが、北村さんと交流のある人達から北村さんの食事&トレーニング法を聞いて唖然としました。<牛乳1日2リットル 卵1日1パック 1kg袋のプロテインは1週間程度で消費 その上消化吸収を高めるためエビオスや強力わかもと等の消化剤を飲んでいる 朝からジムに来て午前中ずっとラットマシンを引いていた 荻窪エグザスに置いてあるバーベルセットは北村さんの私物で、石神井の自宅から百数十キロのバーベルセットを担いで持って来た(担いで、ってのは誇張かもしれませんが)  などなど> 入門書などに書かれている基本とはあまりにも、かけ離れた内容で、何でも教科書どおりに小さく構えていてはダメなんだと衝撃でしたね。もちろん、こんな食事は、20代で若く、もの凄いトレーニングをしているからこそで、普通の人が真似したらカラダを壊してしまうワケですが・・・

85年の東京都ボディビル大会の会場で一度だけ、北村さん本人を目の前で見ました。筋肉を少しでも膨張させて見せるため、ほとんどの選手はコンテストの舞台裏で必死に腕立臥せなどしているのですが、北村さんは一人だけ部屋の隅に寝転がっているのです。出番が近づいたら起き上がって鏡の前で髪の毛を整えて、そのまま舞台へ。で、優勝(笑)  とにかく、北村さん、型破りで凄い人でした。

|

« 排ガスの肺への影響 | Main | ヘリウム3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13681437

Listed below are links to weblogs that reference destiny③ ~北村さん~:

« 排ガスの肺への影響 | Main | ヘリウム3 »