« 大晦日格闘技 勝敗予想② | Main | 謹賀新年2007 »

12/31/2006

大晦日格闘技 感想

K-1ダイナマイトとPRIDE、昨日&おととい僕がブログに書いた勝敗予想、かなり当ってたでしょ? まあ、今回、順当な結果の試合が多かったッスね。PRIDEは映像をみてないので何とも言えませんが、K-1を見ていて一番印象的だったのは、試合そのものではなく、秋山選手&応援団が桜庭&リング&観客に向かって正座して礼をしたことです。ああいった武道の精神(相手に対する礼儀など武道の精神性)こそ、現在のプロ格闘技に一番欠けている部分だと思います。最近、カラダにTATOOをしたり、髪の毛を赤や黄色に染めたりしている選手が多いですが、あの手の選手は、いくら強くても、単なる「ファイター(闘士)」で、「ウォリアー(武士)」の精神性を感じなくて、あまり好きではないのです。

須藤元気選手も、どちらかというとそういった新世代の選手だと思いますが、彼は独特の精神性を持っていましたね。突然の引退発表で残念ですが、おそらく首のケガが思わしくないのでしょう。多才な元気選手のこと、他の分野でも活躍の場は沢山あると思います。

桜庭が途中で何か訴えていたのは、秋山のカラダがすべる(ワセリンか何か塗っているので反則じゃないか?)ってことみたいです。カラダにワセリンやオイルなど塗るのはルール上どうなのか? 今後はこのあたりでモメそうですね。

5時間もテレビにかじりつたのは久しぶりで楽しめました。

|

« 大晦日格闘技 勝敗予想② | Main | 謹賀新年2007 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13284360

Listed below are links to weblogs that reference 大晦日格闘技 感想:

« 大晦日格闘技 勝敗予想② | Main | 謹賀新年2007 »