« 催眠療法~医療への適応  | Main | year ending party »

12/03/2006

昨日のk-1感想

tomorrow, i have one falling down prevention class, this time the age of participants are relatively high and their physical condition is relatively weak.  so how to make complicated things simple and add funny flavor is a problem.   昨日のK-1を見て、楽しませてもらった反面、やや複雑な気分だった。ピーター・アーツ、アーネスト・フーストなど、10年以上も前から出ていて、30代後半~40歳に達した人気選手が、決勝戦に出てくる。もちろん、寄る年並にも若手の台頭にも負けずに進化し続けるベテラン選手の努力を称えるべきだし、同年代の者としても勇気づけられる。しかし、10年経っても、上位者の顔ぶれが大きく変化してないのは、競技の発展として見た場合、どうなのだろう? 特にK-1は歴史の浅い競技ゆえ、短期間に技術体系や選手のレベルなどが大きく変化・発展する余地も大きいハズ。相撲やボクシングのように、長い歴史のある競技では色々な面で完成されているから、数年間で技術体系や選手のスタンダードに大きな変動があるとは考えにくい。もちろん、k-1は競技であると同時に、エンターテイメントとして視聴率や観客動員も大きな要素なので、人気選手が勝ち上がりやすい仕組みもあるのだろうが、今後もこの傾向が続くのか、大きく変革していくのか、今後の展開が気になります。

|

« 催眠療法~医療への適応  | Main | year ending party »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/12920227

Listed below are links to weblogs that reference 昨日のk-1感想:

« 催眠療法~医療への適応  | Main | year ending party »