« 恒例のボディビル忘年会 | Main | 加齢と身長の縮み »

12/11/2006

MRIでの内臓脂肪撮影~from UK

recent body fat measurement diveces have the function indicating the level of fat around internal organs too , the problem is the accuracy&credibility of the function.  according to this article a hospital in london uses MRI scan to measure fat around internal organs.  though the cost might be expensive ,this is the most credible way so japan also should take in this method for preventing diseases deprived from metabolic syndrome. http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6220596.stm  メタボリック・シンドロームや内臓脂肪という言葉が普及して、最近の体脂肪計は内臓脂肪のレベルも表示する機能のついたものが増えていますが、問題は、はたしてどの程度の正確性があるか?です。微弱な電流を手足に流しただけで、内臓の周囲に付着した脂肪の量まで正確に予測できるとは、個人的には「?」です。 ロンドンのある病院ではMRI(磁気共鳴断層撮影)を使って内臓脂肪の測定をしているようです。ここのデータによると、イギリス国民の40%程度は内臓脂肪過多とのこと。一見痩せている人でもMRIで測定してみると、意外と「隠れ内臓肥満」の人が多いらしい。日本の場合、既に国の医療費が破綻しつつありますから、治療ではなく予防のために、MRIによる脂肪測定を低料金で実施することは、中々難しいでしょうが、将来、人間ドッグや健康診断の一項目として手軽に利用できるようになるといいですね。

|

« 恒例のボディビル忘年会 | Main | 加齢と身長の縮み »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/13026265

Listed below are links to weblogs that reference MRIでの内臓脂肪撮影~from UK:

« 恒例のボディビル忘年会 | Main | 加齢と身長の縮み »