« 赤ワイン 脳梗塞予防・改善にも有益の可能性 | Main | アメリカの人口3億人突破 »

10/17/2006

髪の毛で拒食症・過食症診断

hair can be a clue to diagnose eating disorders, because carbon & nitrogen in the hair reflects nutritional condition of the person.  so applying this method, wether u need to take more colorie & nutrition  or not might be possible in the future http://www.msnbc.msn.com/id/15294352/  毛髪の炭素と窒素の組成を調べることで、拒食症や過食症の診断ができる技術が確立されつつあるようです。毛髪の化学組成は栄養状態を良く反映するのだそうです。この技術を応用すれば、ボディビルダーやスポーツ選手がカラダを作るために、もっと栄養を取るべきなのか? あるいは栄養過剰なのか?を判断する材料になりそうですね。個人的な経験だと、栄養過剰の時は、鼻の両サイドやアゴ周辺の毛穴から脂肪の固まりのようなモノの分泌が増えるような気がします。逆に減量中で栄養が不足している時は、ツメがガサガサになって光沢がなかったり、ツメや指がささくれたりします。

|

« 赤ワイン 脳梗塞予防・改善にも有益の可能性 | Main | アメリカの人口3億人突破 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/12319502

Listed below are links to weblogs that reference 髪の毛で拒食症・過食症診断:

« 赤ワイン 脳梗塞予防・改善にも有益の可能性 | Main | アメリカの人口3億人突破 »