« アジア人同士なのに言葉が通じないってキツイよね。 | Main | ヒョードルVSコールマン動画UP »

10/21/2006

PRIDE コールマンの生き様に期待

Pride Fighting Championships <the real deal > is finally held in Las vegas on Oct 21nd, this is Pride's first show in the US.  one of my favorites Mark Coleman seems to be thinking this might be his last fight according an interview posted on a MMA website.  he becomes 42 years old soon, and the reason i like him is the challenging spirit for physial decline by age.  cuz my age is close to his and feel sympathy.   i hope Coleman continues his career as long as possible and the success of Pride in the US           PRIDEのアメリカでの最初の大会がいよいよ本日。僕はマーク・コールマンと年齢が近く、年齢的な衰えに挑戦する彼の姿勢がいつも気になっています。ヤフー・スポーツナビのインタビューで見ましたが、コールマンは今回、相手がヒョードルということもあり、相当な覚悟でいるようです。もしかしたら、これが最後の試合、あっても、あと数試合の覚悟のようです。勝ち負けよりも、コールマンの生き様を感じられる試合を期待したいと思います。

PRIDEはフジテレビとの契約を切られて大きな収入源を失い、日本国内だけの売上では限度があるため、アメリカ・韓国など海外の市場も早急に開拓する必要に迫られているわけですが、幸か不幸か、長い目で見ると、むしろそれがPRIDEの国際化につながるのではないかと思います。今回のラスベガス大会では、いつも日本でやっているPRIDEと、なるべく同じ雰囲気の大会を目指しているようです。つまりあのテーマ曲+レニー・ハートおばさんの絶叫 etc... それって正解だと思います。格闘技ファンの心に国境はないと思いますので、PRIDEはアメリカのファンの心も掴むと思います。スポーツ競技としては、安全性やルールの設定など、アメリカのほうが基準が厳しいと思いますし、メジャーリーガーなどスポーツ選手のステロイド使用が社会問題化しているアメリカでは、「どうしてPRIDEは薬物検査をしてないの?」という日本のプロレス・格闘技マスコミがスルーしている部分も、問われるハズです。まあ、日本でもディープ・インパクトのドーピング事件が新聞の一面に載るような状況ですから、今後は日本でもK-1やPRIDE、プロ野球、Jリーグ、大相撲などは、そのあたりのスタンスを明確にする必要があるでしょうね。色々な点で、海外で洗練されたPRIDEが、今度は日本に逆輸入される時が来るかもしれませんね。今後、日本が世界に売れるモノはクルマ・電化製品・ロボットなど工業技術以外は、アニメや格闘技イベントなど、いわゆる「ヲタク・カルチャー」だと思います。

|

« アジア人同士なのに言葉が通じないってキツイよね。 | Main | ヒョードルVSコールマン動画UP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/12362467

Listed below are links to weblogs that reference PRIDE コールマンの生き様に期待:

» ビリーズブートキャンプ [ビリーズブートキャンプ]
ビリーズブートキャンプ8900円。数量限定 [Read More]

Tracked on 11/11/2006 at 05:18 PM

« アジア人同士なのに言葉が通じないってキツイよね。 | Main | ヒョードルVSコールマン動画UP »