« September 2006 | Main | November 2006 »

10/31/2006

PRIDEドーピング検査・続報

a PRIDE fighter who had failed steroid test also failed banned stimulants test . http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=2858&zoneid=13   最近、格闘技の話題ばかりで、興味のない人にはゴメンナサイ。 PRIDE薬物検査の続報ですが、パウエル・ナツラは、筋肉増強剤以外の禁止刺激物のテストでも失格。検出された薬は、エフェドリン、擬似エフェドリン、フェニールプロパノラミン、の3種類。エフェドリンは本来は気管支拡張剤として、ぜんそくの治療などに使われるものですが、スポーツ選手の間では、脂肪を落とすのを促進する・集中力を高める、などの目的で使われるようです。ただし、副作用による死亡事故が相次いだため、エフェドリン入りのサプリメントなども今は市場から姿を消していると思います。 ちなみに、キモも2004年のUFCシャムロック戦の時に、この3種の刺激物+ナンドロロンで失格になっているようです。この記事によると、ナツラはネバダ州アスレチック・コミッションの公聴会に呼び出され、罰金もしくは一定期間の出場停止が与えられる見込み。 今回、ナツラだけが人柱にされてしまったような感もあって、ちょっとカワイソスな気もしますが、心機一転頑張って欲しいです。

北朝鮮、6カ国協議に復帰ですか・・・ 国連や近隣諸国の外交努力が効果あったとすれば、喜ぶべきことですが、1年前、勝手に6カ国協議から脱退、ヤケクソで核実験、それで突然、復帰って、一連の想定外の行動は、its really beyond our imagination

| | TrackBack (0)

10/30/2006

格闘技マスコミの姿勢について

several days have past since the steroid scandal among PRIDE fighters surfaced, but so far there is no move to report that news in japanese medias.  that attitude skipping in convenient news for their business is a bad custom in japanese media.   as an entartainment sport show , PRIDE is exceeding UFC, but in terms of related matters such as absence of drug testing  etc,  PRIDE is far behind the standard in north america.  adopting good points from the both Japan & US, i hope PRIDE becomes more completed event.   先日、ブログに書いたPRIDE選手のドーピング問題の件が、アメリカのメディアで報道されてから数日たちましたが、日本の格闘技マスコミは、今のところ、この件を全く報道しません。日本の格闘技マスコミはこのニュースを知らないのでしょうか? もちろん、そんなことはないと思います。PRIDEは人気のあるイベントなので、PRIDEのイメージダウンにつながる記事を報道することで、自社とPRIDEとの関係が悪化することを避けているとしか思えません。あるいは、地上波テレビ局と再契約できるかどうか、という大事な時期でもあるので、スキャンダル的な報道には配慮しているのでしょう。でも、事実を報道しないという格闘技マスコミの姿勢は問題です。これはPRIDEに限らず、K-1でも同じで、過去にヨーロッパなどで実施された大会では、地元のアスレチック・コミッション主導で薬物検査が行なわれたことがあるようですが、その結果がテレビ中継や雑誌・HPなどで大きく報道されたことはないようです。今回、失格者が出た事は残念なことですが、PRIDEで初めてドーピングテストが実施されたことは評価できると思うのです。失格した選手に対する配慮なども考えるならば、「今回、初めてPRIDEで薬物検査が実施され、2名が失格しました」という発表の仕方でも良いと思うのです。エンタテイメント・スポーツ・イベントとしては、PRIDEはUFCを上回っていると思いますが、そういった周辺事項の整備や、それを伝えるマスコミの姿勢は、まだまだアメリカなどに遅れている、と言わざるを得ません。MMAファン、PRIDEファンとして、そういった事項が改善される事を願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/29/2006

ヒョードルVSミルコ再戦は2月か?

the rematch <Mirko CroCop VS Fedor> may be taking place at PRIDE Las vegas on Feb 24th, if the prognosis of Mirko's foot injury gets better by that time. in case of that ,how does what we call Las vegas rule affect the outcome?   in the vegas rule, kiching to the opponent in turtle position <a position hands & knees are on the mat> is prohibited , thinking of the safety for the fighters http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=2850&zoneid=13  MMAウイークリーより     ミルコは最近、足の手術(キックの影響か、足の中に骨の破片があるため、それを除去)を受けましたが経過は順調らしいです。ミルコ本人は大晦日の男祭りに出場を希望しているが、手術の影響を考えると、ヒョードルとの再戦は2月のPRIDEラスベガス第二弾になりそうな気配とのこと。ラスベガス・ルールでは, 4点ポジションでのキックは禁止なので、それが試合にどう影響しますかね? しかし、ミルコはここ2年位、2ヶ月おきにずっと試合してますね、スゴイ、モチベーションというか・・・・  まあ、お相撲さんは、15日連続の試合を2ヶ月置きにやっているんで、もっとハードだけど・・・

| | TrackBack (0)

10/28/2006

PRIDEでドーピング違反

it is not suprising, but 2 fighters failed the drug testing after PRIDE in Las vegas.   as a Pride fun , prevalence of banned drugs in MMA fighters is sad. http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=2841&zoneid=13    ディープインパクトの薬物騒動の次はPRIDEとは、ほんとにPRIDEは、良くも悪くも世間を騒がせるイベントです(でも好きだけど・・)  PRIDEラスベガス大会の後、ネバダ州アスレチック・コミッションが、出場選手16名のうちから10名を対象にドーピング・テストを実施。検査の対象になった10名は(ヒョードル、コールマン、ランデルマン、バーネット、ショーグン、バローニ、ヘンダーソン、ナツラ、ベルフォート、西島)

パウエル・ナツラとビクター・ベルフォートが、尿検査で陽性(つまり禁止薬物違反)   検出された薬はナツラがナンドロロン、ベルフォートがヒドロキシル・テストステロン。 どちらも、「筋肉増強剤」です。  誰が失格したか、ということよりもPRIDEで初めて薬物検査が行なわれたという事の意義が大きいと思います。違反者にどんな処分が課されるかは不明。罰金または数ヶ月の出場停止、または警告的指導だけになるか?  大会を開催したのは日本のPRIDE、検査を実施したのは、開催地ネバダの体育局なので、事情が複雑なのでしょう。国連と北朝鮮の関係と同じで、ネバダ体育局はPRIDEに対し絶対的な権限を行使できるのか?  「違反者が出たので、PRIDEは選手に対する取締りを強化すべし」という警告程度にとどまる可能性も考えられるでしょうが、今後もアメリカで大会を開催するなら地元の統括団体の指示に従うべきだと思います。 更には、これを機に、日本国内の試合でも薬物検査を導入すべきでしょう。ドーピング検査の検査費用が選手ひとりあたり278ドルかかり、今回10名分・合計2780ドル(30万円程度)をネバダ体育局が負担したそうです。PRIDEは、ネバダ州体育局の労力と費用をムダにすべきではないと思います。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/27/2006

カゼ予防には適度な運動を!

a study found that peole with regular exercise habit more unlikely to catch a cold than people without exercise habit http://www.msnbc.msn.com/id/15420331/     NBCニュースより   「適度な運動はカゼへの抵抗力を高める」と、よく聞きますが、今回、研究でも実証されました。 中高年の女性(太り気味で、これまで運動習慣のない人)115人を2つのグループに分ける。  Aグループ・・・中程度の運動(ウォーキング・自転車など)45分×週5回実施    Bグループ・・・週1回だけストレッチを45分、それ以外は運動しない      1年間継続し、3ヶ月ごとに、カゼ、アレルギー、その他の健康状態を調査     Aグループの方が、1年を通してカゼなどの病気にかかる回数が少なかった。カゼの流行シーズンではAグループとBグループで、3倍程度の差が出た。今回の対象は中高年女性だったが、年齢・性別に関わらず、免疫システムは同様の反応を示すと予想される。

ただし、トレーニングジムの器具やバーベルなどは不特定多数の人が触りますので、カゼの流行期や自分の抵抗力が落ちている時などは、ウイルス感染などに気をつけましょう。トレーニング後は手洗い・うがい・シャワーなどで清潔にしましょう。

今、ミュージック・ステーション見ていたら、今アメリカで大人気というblack eyed peasのボーカル・ファーギーが出てましたが、どこがイイのかオジサンには理解不能(笑) その次に歌っていた安めぐみの方がE!  来週はサラ・ブライトマンが出るそうです。dont miss it !!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

10/26/2006

僕のアンチ・エイジング食

2006_10260002 this is my today's dinner <one bowl of rice, raw tuna meat, half piece of fried fish, fermented soybeans, a cup of vegetable soup, regume&tomato  and a glass of milk>  my current aim is to gain muscle mass & strength as much as possible while keeing body fat low as possible.  but i am 41 years old now, so realistic aim is to stem decrease in fitness accompaning aging .  think positive  then no limitation!!     久しぶりに夕食を公開。現在の目標は体脂肪を低くキープしつつ、筋肉をつけること。といっても、年齢を考えると、加齢に伴う体力低下を可能な限り、食い止めることが現実的な目標です(笑)

今日のメニュー  ごはん(250g程度) マグロの刺身 アジフライ半切れ 納豆 里芋のみそ汁 うずら豆 トマト 低脂肪牛乳200cc    ちょっと野菜が少ないかな・・・・      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/25/2006

携帯電話の使い過ぎは精子の数を減らす?

a study suggests that heavy cell phone use might lower the quality & quantity of sperm. but is has not concluded yet and futher reserch is needed   http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6079782.stm  BBCニュースより   携帯電話の使用時間と男性の生殖能力との相関関係を調べた実験。  ① 携帯電話の使用が1日平均4時間を越える男性グループ=精子の数と活性が低い   ② 携帯電話を1日平均1~2時間使用する男性のグループ=精子の数と活性は中程度   ③ 携帯電話をほとんど使わない男性のグループ=精子の数と活性が高い     このように携帯の使用が増えるほど男性の生殖能力が下がる傾向が見られた。携帯から出る放射線が精巣の機能に悪影響を及ぼしているのでは? と推測されるが、電話の使用度が高い人は、仕事や日常生活で、あまりカラダを動かしてない、という可能性が高く、主な原因は携帯のせいではなく、活動不足・運動不足のためではないか?と指摘する意見もあり、結論はまだ出ていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/24/2006

ヒョードルVSコールマン煽りVTR

this is a footage of opening ceremony in PRIDE Las vegas   PRIDEラスベガス大会 オープニング http://www.youtube.com/watch?v=c7f9gQ9NhSU&NR

introduction video for the match  Coleman VS Fedor     well made intro !!  コールマンVSヒョードル紹介VTRhttp://www.youtube.com/watch?v=zfXv86H2dno&NR

watching these videos , i noticed that PRIDE likes to use clasical & opera music for its image footages.   that's because mixed martial arts tend to become bloody & brutal,  so PRIDE hopes to sublimate MMA to an art ,i guess  これ見て感じるのは、PRIDEはイメージビデオにクラシックとかオペラ調の曲(サラ・ブライトマンも含め)を使うのが好きですね(今回のオーニングはホルストの「惑星」) 残酷で殺伐な雰囲気になりがちな総合格闘技を、クラシックやオペラのように、「アート」に昇華させようとしているのでしょう。

| | TrackBack (0)

10/23/2006

ブロッコリー&トマトのサラダはカラダに良い可能性

a study conducted using mouse found that combination of broccoli & tamato is beneficial for prostate cancer prevention .  as for fruits, combination of cranberry & apple is high in phytochemicals. http://www.msnbc.msn.com/id/15308227/   野菜や果物は単品で食べるよりも、サラダのように何種類かを組合わせて食べた方が、健康への利益が大きいようです。ブロッコリーとトマトはリコピンが豊富ですが、ネズミを使った実験だと、トマトのみ あるいはブロッコリーのみを与えたネズミよりも、トマト&ブロッコリーのコンビネーションを与えたネズミの方が、前立腺ガンの発生率が低かったとのこと。 果物の組合わせでは、クランベリー&リンゴの組合わせが、抗酸化物質などのフィトケミカル(植物化学物質)が豊富だそうです。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/22/2006

ヒョードルVSコールマン動画UP

this is a footage of today's Pride in Las vegas <Coleman VS Fedor> posted on youtube. i want Coleman to continue his career  as long as possible.   i saw his undefeated mind in today's match    thank u Mark !!

http://www.youtube.com/watch?v=wwgwaqyB5-g&NR  PRIDE ヒョードルVSコールマンの試合映像です。絶対にタックルを諦めないコールマンの折れない心は立派です。これで引退しないで、出来るかぎり永く選手として頑張って欲しいです。

※youtubeでは過激な内容のコンテンツの場合、年齢認証のためサインイン(生年月日やアドレスの入力)が必要な場合があります。格闘技映像も、過激な試合や流血などは、これに該当する場合があるようです。上記の試合映像は、大会直後の10月22~24日頃は、サインインなしで直に見れましたが、現在は、サインイン登録が必要かもしれません。御了承下さい。

高田本部長のマイク・パフォーマンス、アメリカでもイイ味出してます(笑)http://www.youtube.com/watch?v=AFdkKnF8XUU&eurl=

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2006

PRIDE コールマンの生き様に期待

Pride Fighting Championships <the real deal > is finally held in Las vegas on Oct 21nd, this is Pride's first show in the US.  one of my favorites Mark Coleman seems to be thinking this might be his last fight according an interview posted on a MMA website.  he becomes 42 years old soon, and the reason i like him is the challenging spirit for physial decline by age.  cuz my age is close to his and feel sympathy.   i hope Coleman continues his career as long as possible and the success of Pride in the US           PRIDEのアメリカでの最初の大会がいよいよ本日。僕はマーク・コールマンと年齢が近く、年齢的な衰えに挑戦する彼の姿勢がいつも気になっています。ヤフー・スポーツナビのインタビューで見ましたが、コールマンは今回、相手がヒョードルということもあり、相当な覚悟でいるようです。もしかしたら、これが最後の試合、あっても、あと数試合の覚悟のようです。勝ち負けよりも、コールマンの生き様を感じられる試合を期待したいと思います。

PRIDEはフジテレビとの契約を切られて大きな収入源を失い、日本国内だけの売上では限度があるため、アメリカ・韓国など海外の市場も早急に開拓する必要に迫られているわけですが、幸か不幸か、長い目で見ると、むしろそれがPRIDEの国際化につながるのではないかと思います。今回のラスベガス大会では、いつも日本でやっているPRIDEと、なるべく同じ雰囲気の大会を目指しているようです。つまりあのテーマ曲+レニー・ハートおばさんの絶叫 etc... それって正解だと思います。格闘技ファンの心に国境はないと思いますので、PRIDEはアメリカのファンの心も掴むと思います。スポーツ競技としては、安全性やルールの設定など、アメリカのほうが基準が厳しいと思いますし、メジャーリーガーなどスポーツ選手のステロイド使用が社会問題化しているアメリカでは、「どうしてPRIDEは薬物検査をしてないの?」という日本のプロレス・格闘技マスコミがスルーしている部分も、問われるハズです。まあ、日本でもディープ・インパクトのドーピング事件が新聞の一面に載るような状況ですから、今後は日本でもK-1やPRIDE、プロ野球、Jリーグ、大相撲などは、そのあたりのスタンスを明確にする必要があるでしょうね。色々な点で、海外で洗練されたPRIDEが、今度は日本に逆輸入される時が来るかもしれませんね。今後、日本が世界に売れるモノはクルマ・電化製品・ロボットなど工業技術以外は、アニメや格闘技イベントなど、いわゆる「ヲタク・カルチャー」だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/20/2006

アジア人同士なのに言葉が通じないってキツイよね。

usually i go to work by car or sometimes bycicle or scooter, but today i went to the venue for afternoon's course by train after a while.   as i was walking the platform after got off the train, i was spoken to by a foreigner.  probably he was from a southeast asian country, and i didnt understand his language.    probably  it was a language in Thailand or Indonesia or Birma or somewhere .....   only words i understood in his talk were Shizuoka, Shimizu, Tokyo.   the destination on the ticket he had was Shimizu, so i understood that he was asking the way to Shimizu station.  so i told him in english < get off the train at the fourth station from here>  but he unlikely understood english.   so i hope he got shimizu without trouble.  僕は車で仕事に行くことが多いのですが(天気の良い日や近場の時は自転車や原付)、今日の午後の仕事は安倍川駅の近くだったので、久しぶりに電車に乗りました。駅のホームを歩いていると東南アジア風の人から道を訊ねられました。タイ語かインドネシア語かビルマ語か何か、言ってることが全くわからないのです。唯一聞き取れた言葉は、トウキョウ、シズオカ、シミズ。その人が持っていた切符の行き先は清水になっていたので、清水駅への行き方を知りたいんだな、と思い、清水方面の乗り場まで連れて行って、簡単に英語で説明したんですが、英語も通じてない様子なんです。そのまま電車に乗って行きましたが、あの外人さん、無事、清水に着いたかなあ? 日本語が全くわからず、簡単な英語もわからず、日本に来るとは無謀というか根性あるというか・・・  今考えると、紙に絵を書いて説明すればよかったかな?とか思います(笑) 考えてみたら、アジアってメチャクチャたくさんの言語があるんですよね。中国語、日本語、ハングル、タガログ タイ ビルマ ミャンマー ネパール ヒンズー ロシア etc......   大東亜共栄圏的な発想になってしまうけど、真の意味でアジアの協調のためには統一言語が必要かもしれないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2006

DHEAサプリメントは効くか? 最新情報

this is a latest report on DHEA http://us.cnn.com/2006/HEALTH/10/18/anti.aging.ap/index.html  テレビや雑誌でDHEAというサプルメントを聞いたことがあると思います。DHEAとはホルモンの一種で、飲むとカラダの中で男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロジェン)に変わると言われています。いわゆるホルモン前駆体、プロホルモンです。「若返りのホルモン」として中高齢者に注目を浴びていますが、はたして効果があるのか? 最新情報が発表されました。  以下 CNNの記事の概略

フランスで2000年に行なわれた実験  高齢者280人が対象 女性の性欲が向上した以外は健康上の有益な効果は認められなかった。   ②オランダでの今年の実験  70歳以上の男性100名対象  健康上有益な効果なし。

ミネソタ州メイヨ・クリニックとイタリアの大学の最新共同研究  60歳以上の男性87人女性57人を2年間に渡り調査  男女ともDHEAサプルメントを摂るグループと、プラシーボ(偽薬)を摂るグループに分けた  男性では、同時にテストステロン・パッチ(皮膚からテストステロンが吸収されるという謳い文句の貼り薬のような製品)の効果を調べるため、テストステロン・パッチまたは偽モノを与えられるグループも設定    3ヶ月ごとに血液検査 および 体脂肪測定・ウォーキングマシーンでの体力測定・筋力測定・柔軟性測定などが実施された。

結果  本物のDHEAサプリメントを取ったグループは男女とも男性ホルモン(テストステロン)の血中濃度が向上したが、身体能力の向上や血糖値の低下など有益な変化は確認できなかった。 テストステロンのパッチを使用した男性は、わずかながら除脂肪体重の増加がみられた。しかし身体能力の向上には結びつかなかった。ちなみにDHEAサプリでは、このような筋骨格の増加効果はなかった。貼付剤に含まれるテストステロンは微量であり、重篤な副作用はなかった。摂取量を増やせば、より多くの効果が期待できる可能性もあるが、前立腺ガンの副作用が懸念される。 DHEAサプリに関しては、乳ガンや前立腺ガンが懸念される可能性あり。

このように、高齢者で行なわれた実験ばかりですが、「DHEAは危険が多くて益は少ない」といったところでしょうか。ちなみに、NFLなどアメリカのプロ・スポーツ団体の多くはDHEAを禁止薬物扱いにしているようです。

| | TrackBack (0)

10/18/2006

サラ・ブライトマン 幻のNステ映像

youtubeよりオススメを二つ     サラ・ブライトマン幻のNステ出演映像http://www.youtube.com/watch?v=3eAIgHgHFEQ

ミュージカル「キャッツ」より名曲「メモリー」http://www.youtube.com/watch?v=THbbW25t2QI 思わず引き込まれる美声と迫力です  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サラ・ブライトマン time to break in japan

Sarah Brightman is one of my favorite singers, but so far she had not been known well in japan except among opera&classic music freaks .  her new album is in the top of best hit chart for weeks in japan. finally, its time to break in japan ,Sarah !    the driving force of Sarah's great leap in japan is... PRIDE Fighting championship used <time to say good bye> as a back ground music for opening of PRIDE grand prix,  it hit the heart of many PRIDE fans.  i hope Sarah come to japan & sing for the PRIDE new years eve show.  http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006101804.html サラ・ブライトマンの新しいCDが、スゴイ勢いで売れているらしい。僕も1年程前から、レッスンのBGMとしてサラのCDを使っていますが、レッスン後、生徒さんが「このCDは誰の?」とよく聞いてきます。彼女の歌声はホントに多くの人の心に響くようです。日本でのサラ・ブライトマン人気のキッカケになったのは、やっぱりPRIDE・GPでのオープニング映像のBGMとして「time to say good bye」が使用されたことでしょう。あれは、幻想的な映像との相乗効果で本当に良い出来だったと思います。サッカーワールドカップのテーマとしてTV朝日が「question of honor」使用したこともそうだし、最近ではK-1・HEROSで秋山選手もイタリアのオペラ歌手・ボッチェリとサラのデュエット版time to say~を使ってますね。でもテレビ朝日は、もう何年も前に「ニュースステーション」のオープニングにサラの曲使ってたんだよね, おそるべしニュースステーション。 大晦日のPRIDE男祭りで、サラが生で唄ってくれたらいいんだけどな。で、それをキッカケにサラ好きのテレビ朝日がPRIDEを放送する、となったら最高。実況は古館さん&辻さんで。

格闘技のイベントで「time to say goodbye」が使われたのは、PRIDEが初めてではなくて、何年も前にドイツの国民的英雄のボクサーが引退する時に使われたようです。そして、time to say good bye (さよならの時)というタイトルは実は元々はi will go with you(君と旅立とう) だったらしい。つまり「新たな旅立ち」がテーマだったのです。そのビデオをyoutubeで見つけました。http://www.youtube.com/watch?v=qyXNi-eur9Q (リングで歌うサラ)       http://www.youtube.com/watch?v=1A6bsurxJDg(PRIDEが「40億分の一」映像の元ネタにしたと思われるイメージビデオ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2006

アメリカの人口3億人突破

according to the news i heared now, the population of the US surpassed 300 million, mainly because high birth rate, increased longevity , immigrants .  in contrast to this trend , japan is faced with decreasing population.   if this trend continues the disparity in power of nation between the US and japan is only widening.        counter measures by the japanese government is hoped !!   CNNを聞いていたら、アメリカ合衆国の人口が3億人を超えたそうです。寿命の伸び、高い出生率、移民の増加などが主な原因だそうです。一方、日本の人口は高齢化とともに減少するばかり。このままでは日本とアメリカの国力の差が、どんどん大きくなってしまいます。日本も移民要件の緩和とか、何か人口減少対策が必要でしょう。

フィリピンから、看護婦さんとヘルパーさん、千人位を日本に受け入れると先日、新聞で見ましたが、日本に来てから数年以内に日本の看護士(介護士)試験に合格しないと、フィリピンに帰されてしまうとか・・・   フィリピンで看護士や福祉士の資格を既に取得した人たちに来てもらうワケでしょ。なんで、また日本の試験受け直すような二度手間なことする必要があるのか? これって、ハッキリ言えば、日本の政府はフィリピンの医療資格なんて認めません、ってことでしょ。日本の医療は確かに優秀だと思うけど、他国の資格やカリキュラムを馬鹿にしたような態度はいかがなものか?こういう驕り高ぶった態度が日本をどんどん堕落させていくのだと思います。専門家として仕事をする上で必要な知識・技能と語学力があると認められるならば、どこの国の資格だろうが、互換性を認めるべきだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

髪の毛で拒食症・過食症診断

hair can be a clue to diagnose eating disorders, because carbon & nitrogen in the hair reflects nutritional condition of the person.  so applying this method, wether u need to take more colorie & nutrition  or not might be possible in the future http://www.msnbc.msn.com/id/15294352/  毛髪の炭素と窒素の組成を調べることで、拒食症や過食症の診断ができる技術が確立されつつあるようです。毛髪の化学組成は栄養状態を良く反映するのだそうです。この技術を応用すれば、ボディビルダーやスポーツ選手がカラダを作るために、もっと栄養を取るべきなのか? あるいは栄養過剰なのか?を判断する材料になりそうですね。個人的な経験だと、栄養過剰の時は、鼻の両サイドやアゴ周辺の毛穴から脂肪の固まりのようなモノの分泌が増えるような気がします。逆に減量中で栄養が不足している時は、ツメがガサガサになって光沢がなかったり、ツメや指がささくれたりします。

| | TrackBack (0)

10/16/2006

赤ワイン 脳梗塞予防・改善にも有益の可能性

it has been said that red wine is beneficial for preventing heart disease , new study conducted on mouse says that red wine is also useful for stroke prevention & recovery from it  http://www.msnbc.msn.com/id/15279713/ 赤ワインが心臓病予防に有益だという話は聞いたことがあると思いますが、新しく行なわれた研究では赤ワインは脳梗塞の回復および予防にも効果のある可能性がある、と述べています。ただし、ネズミでの実験結果なので、結論を出すには今後の更なる研究が必要。ブドウの皮や実に含まれるレスベラトロール(resveratrol )という物質が、脳神経細胞を梗塞から守る酵素を増やす作用があるのだとか。ワインにこだわる必要はなく、ブドウを食べてもいいのですが、ワインは発酵されているので栄養素が濃縮されていて理想的なのだそうです。どの程度の量を飲めば健康に良いのかは、はっきりした結論は出ていませんが、赤ワインだと、グラス2杯程度、だそうです。いずれにしても、適量のブドウはカラダに良い働きがありそうですね。

| | TrackBack (0)

10/14/2006

クモの糸 ~ 自然界でもっとも頑丈な繊維

silk of spider web is the strongest fiber in nature so it has the potential to be used as replacement for artificial tendon&ligament in the future  http://www.msnbc.msn.com/id/15253292/  クモの巣が、頭や衣服につくと、取るのに中々厄介ですが、それもそのハズ、クモの糸は、自然界でもっとも丈夫な繊維だそうです。現在、腱や靭帯損傷の復元手術には人工靭帯や自分のカラダの他部位から移植した組織などが用いられているようですが、将来的にはクモの糸を遺伝子工学技術で改良&大量生産し、使用することの可能性が検討されているようです。スパイダーマンが吐き出す糸が、ワイヤー並みの強度を発揮するのは、そういうワケだったんですね。

| | TrackBack (0)

10/13/2006

スメロビジョン  ~ニオイと視覚の融合

a divice called <odour recorder>is under development in japan, which analyzies chemical makeup of the odour & reproduces it with chemical substances. if this becomes a reality, this can be applied in many fields.   DVDs or movies that emanate odour can be   http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/6043428.stm   現在、日本の学者が「ニオイ」の化学的組成を分析し、それと同じニオイを化学的に合成する機械を開発中だとか。実用化されると、たとえばニオイの出る映画やDVDなんてのが可能になります。視覚と嗅覚を同時に刺激すると記憶に残りやすいんだそうです、appleという英単語を覚えるときにリンゴのニオイを同時に嗅がせると、「apple =リンゴ」と、まだ知らない幼児でも容易に覚えることができるのだとか・・・  こういった分野はsmellovision(匂いのする光景)と言って、「千と千尋の神隠し」では実験的に使用されたそうです(料理のシーンで、実際にその料理のニオイがしてくるので、そのシーンの印象が鮮明になる仕掛け)   またオンラインでの嗅覚診断で病気や健康状態の診断をするなんてのも可能になるかもしれませんね。   

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10/12/2006

久しぶりに日光浴

since the bodybuilding competition on sep 3rd, i havent had time for tanning and got white.  is was so fine today and i had time in the afternoon, so i tanned only 15 minutes after about one month interval . absorbing lots of eneregy from the sun after a while, i feel much envigorated.  fitness instructors like me tend to be indoor person, but i think it is vital to expose the body under the sun  in proper amount of time  for the physical & mental condition   ボディビル大会が終わって約1ヶ月、以来まったく陽に当っていなかったので、せっかく焼いた肌もすっかり白くなってしまいましたが、今日はスゴクE天気で、仕事は午後からだったので、家のベランダで20分だけ日光浴。20分程度で黒くなるワケはありませんが、ひさしぶりに太陽のエネルギーを一杯浴びたせいか、すごく爽快な気分になりました。もちろん過度の紫外線は肌に悪いですが、適度の日光浴はココロとカラダにE! と再認識した次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/09/2006

デスパレートなNK

as <another axis of evil> north korea announced they had conducted nuclear test, situation in neighboring countries are so tense,  i think NK has got desperate ,isolated &sanctioned by international community.  if united nation poses military sanction toward NK, it might lead to war like iraqVS united states&allies.   its inevitable both sides suffer enormous damage,   i hope the current peaceful life lasts as long as possible.. ノース・コリアがついに核実験を実施、国際社会から孤立し、経済的制裁を受け、ヤケクソになっているカンジもします。国連はどのような制裁行為をするのでしょうか? 軍事的制裁も検討されているようですが、最悪、国連軍VS北朝鮮の戦争に発展してしまいます。イラクVSアメリカ同盟軍の二の舞になるのは必須。どちら側も甚大な被害を受けるハズ。本当に、現在の平和な生活が続くことを祈ります。

| | TrackBack (0)

10/08/2006

公共空間での喫煙禁止~拡大の動き

the move to ban smoking in public places is widening worldwide http://us.cnn.com/2006/WORLD/europe/10/07/france.smoking.reut/index.html 公共の場所でのタバコを禁止する動きは世界的に広がっています。フランスでは2007年より公共の場所でのタバコ禁止、バー・レストラン・ホテルでの喫煙も2008年より禁止になります。2004年にアイルランドが導入以降、この流れはイタリア・スエーデン・スコットランド・スペインなどにも拡大し、ベルギー・イギリス・ポルトガルなども同様の政策を検討中。日本では、テレビのトーク番組など見ていても、芸能人がタバコを吹かしながら話をしていたりして、「意識が低いなあ」と悲しくなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2006

田村英里子

2331thumb_1  僕のブログに来てくださる皆さんは、どんなキッカケでこのブログを知るのだろう? とアクセス解析したところ、なんと、意外なことにキーワード「田村英理子」で検索して、ここに辿り着いたという人がスゴク多いのです。田村英里子とは、元アイドル女優で、現在は単身アメリカに渡り、国際的な女優として活躍することを目指して頑張っているようです。慣れない異国で孤軍奮闘する彼女の様子を昨年テレビで見て感心し、そのことを、このブログで書いたことがありました。というわけで、田村英里子情報を求めてここに来た皆さんに、USAの彼女のオフィシャル・ウェブサイトをお知らせしましょう。http://www.erikotamura.net/ここを見れば、erikoのlatest informationがわかります。このサイトの存在は、意外と知られていないようです。なぜなら英語のサイトのため、「田村英里子」と漢字で検索してもヒットしないのです。写真のポスターはeriko(右端の青いビキニ)の最新映画

| | TrackBack (0)

10/05/2006

体操着の肌触り・・・・ハアハア

2006_10050001 the shirt i'm wearing in this picture is a typical school uniform used in physical education in japanese middle&high schools.  my father got this shirt from his aquaintance who runs apparel business, and i got it from my father.  so i feel nostalgia wearing this uniform after over 20 years interval, haha....    このシャツは、なつかしい「体操着」です。 某所から新品を入手(といっても、ブルセラショップ(死語?)から、あやしげな体操着を買ったのではありません。父親の知り合いで洋品関係の仕事をしている人が在庫処分のため、下さったのだそうです。それが、僕のところに廻わってきた、というワケ。実は、名前記入用のゼッケンも縫い付けてあったんだけど、それを取ってみたら、けっこうフツーのTシャツで、これなら仕事用に着れそうです。高校卒業以来、20数年ぶりで、あの懐かしい肌触りを感じております・・・(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/04/2006

ドカ食いへの欲望は薬物中毒と同類~ 最新のリサーチ

a new reserch revealed that in overeating the same portion of the brain functions as in the case of drug addiction. so this finding might be a cue finding out a way to obese treatment http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/5399762.stm  BBCニュースより   ニューヨークで行なわれた実験   過食傾向のある肥満者・数名の脳波の状態を空腹時・満腹時などにチェック。結果、暴飲暴食への欲望は、薬物中毒者が薬物を求めるのと同様の脳の作用で起きている事が判明。理屈ではわかっていても、なかなか過食を止められない、というような制御困難な過度の食欲を抑えるためには、たとえば、禁煙を目指す人達に有効な心理的または神経的なアプローチなどが応用可能かもしれませんよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2006

公共の室内空間でのタバコは全面禁止~イタリア 

second hand smoking is one of serious causes of lung cancer, and Italy banned smoking in public places indoor, as a result the number of patients hospitalized with heart attack decreased by 11% http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/5398836.stm  静岡市の街中での歩きタバコ禁止条例が出されましたが、イタリアでは公共の場所(屋内空間)での喫煙は全面的に禁止したようです。施行後、1年ほどですが、心臓発作で病院に入院する人の数が、前年比で11%減ったとのこと。つまり、部屋の中や電車・クルマの中など、密閉された空間での喫煙は、タバコを吸っている人本人だけでなく、周囲の人にまで、健康上、有害だということを裏付けた結果となるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »