06/23/2022

My role - June 23rd 2022

My role is ... to support her when she is faced with hardships, challenges, stressful situations, and so on. Probably, she has some other persons who she shares fun times with. But, I would like to be the last person she chooses when she needs.

| | Comments (0)

06/21/2022

Being vulnerable and patient - June 21st 2022

It is a week of patience now.
What I re-recognized is the importance of consistency, being sincere, and being vulnerable in a good sense in human relations.

https://www.youtube.com/watch?v=VcjzHMhBtf0

| | Comments (0)

06/20/2022

Patience - June 20th 2022

What is necessary to me right now would be patience, positivity, and bigger mind.
In onother words, a man who never discard forward looking mindset through the very end is a real winner. 

| | Comments (0)

06/13/2022

Breathing your way toward mental clarity

infographic regarding breathing by the American College of Sports Medicine and its strategic partner Wellcoaches.
Acsm-wellcoach-breathing-infographic

| | Comments (0)

06/03/2022

immersion - June 3rd 2022

Immerse yourself in an English environment. That would be one of the best ways to switch one's dominant language in your thought process into English.

https://www.youtube.com/watch?v=_k1STlEXCkc

| | Comments (0)

06/01/2022

Rock'n roll love letter - Bay City Rollers

It has been a while since my last update.
It is already June from today.
I'm reminiscent of this good old hit song.

久しぶりの更新です。早いもので、もう6月ですね。
古き良き時代のヒット曲を懐かしんでいます。

https://www.youtube.com/watch?v=cJMYWengCNo

| | Comments (0)

05/19/2022

ACSM ヘルス&フィットネスジャーナル - 高齢者の転倒予防エクササイズ

This article in ACSM Health & Fitness Journal, May/June 2022 issue seems to be interesting and useful for fitness professionals.  "Efficacy of exercise for fall prevention in older adults"

ACSM ヘルス&フィットネスジャーナル, 2022年5月・6月号の以下の記事が興味深いです。「高齢者の転倒予防のためのエクササイズの効能」

Dscf5143 Dscf5144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(著作権の関係上、記事の全部は掲載できませんので最初のページのみ)

| | Comments (0)

05/16/2022

Beauty and the Nerd

The photos are evening scenaries of Kusatsu hot spring resort my friend in Tokyo visited during the Golden Week Holiday.

東京の友人がゴールデンウィーク中に訪れた草津温泉の夜景です。
幻想的でいいですね。

P.S.     This song is for my loved one
https://www.youtube.com/watch?v=6jQJhp8XKf8

Shinochan-may9th20222 Shinochan-may9th20226

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

05/09/2022

草津温泉 - Kusatsu hot springs

I got the following photos from my friend in Tokyo. He visited Kusatsu hot springs resort in the weekend. In Japan, mineral content of hot spring water is believed to be beneficial for the health. I hard that visitors to that hot spring can enjoy outdoor hot spring baths in various water temperatures. I'm glad to know that he had a nice Golden Week holiday.

東京の友人が草津温泉に行ってきたそうで写真を送ってくれました。
キレイな景色の中、様々な温度の温泉を楽しむのは、写真を見ているだけでも気持ちが癒されます。
Shinochan-may9th20223 Shinochan-may9th20221

| | Comments (0)

05/05/2022

Wellness Coaches - What do they do ?

Certified wellness coaches are professionals who make people's mind positive and forward looking toward their goals regarding health and well-being.

In the concept of wellness coaching, what is called " expert hat " is not recommended basically, however, wellness coaches need to be experts in psychology and health.

https://www.youtube.com/watch?v=V-mP3VU0DCg

| | Comments (0)

04/29/2022

Diary April 29th 2022

My cummulative trainig hours in my current online language school have reached 40.000 minutes (25 minute lesson × 1.600 sessions). However, I'm not sure whether my English skills have largely improved compared to when my cummulative hours reached 30.000 minutes. Of course, I don't feel a big inconveniene in communication through English, but my language skills are still far from satisfactory level. Some big change might be necessary for further improvement. That would be one's determination to live in English environment.

現在練習しているオンライン英会話スクールでの累計レッスン時間が40.000分に達した。25分のレッスンを1.600回行ったことになる。が、正直なところ、累計練習時間が30.000分に達した頃と較べて、自分の英語力に大きな進歩があるか?というと、正直なところ、やや停滞している・もしくは、伸びがすごくゆっくりになってきているように感じる。

もちろん、英語で海外の人とコミュニケーションするのに、大きな問題はない。既に10年以上前に英検1級・TOEIC レベルA・通訳案内士を取得し、その後、米国の大学院でも学んだ(願書を出す際にTOEFL・ibtも受験)でも、僕の英語力は、英語が母国語の人達や、英語が公用語の人達と比較すると、まだまだ及ばない。ここから更に飛躍するには、今まで通りの継続的な訓練はもちろんのこと、何か変化が必要かもしれない。

| | Comments (0)

04/22/2022

Diary April 22nd 2022

As long as you hope a romance with a person in a different culture/country from yours, you need a determination to overcome various diffrences in cultures, customs, ways of thinking and perspectives ... etc, however, what is most important would be a belief that it is achievable and attainable.
Don't be negative, Be positive and forward looking !

| | Comments (0)

04/18/2022

Diary April 18th 2022

You don't need to be a special outstanding person, just being for her and accepting her as she is would be important, however, horning yourself and pursuing an excellence in your chosen area is also important in life.

| | Comments (0)

04/15/2022

unconditional support - April 15th 2022

Although cultures and values are various from person to person, no matter what happens between the two, unconditional support and regard would be important in global human relationships.   

| | Comments (0)

04/12/2022

Diary April 12th 2022

To believe one's values, and to accept culture and values of your partner. The both are important and necessary. I need to learn about compassion, consistency, global perspective, and positive reframing.

自分の価値観に忠実であること、相手の価値観や文化を受け入れること、両方が必要。特に僕が求めるもの・学ぶべきものは、思いやり、一貫性、地球規模の視野、そして困難な状況でもいかに可能な限りポジティブな見方に転換するか?ということ。

| | Comments (0)

04/10/2022

Diary April 10th 2022

Pursue one's interest and profession, and at the same time, get out of one's comfort zone slightly in a good sense for expanding one's horizen.

One of my next goal is to work and earn revenue in the health & wellness field in an English language envoronment.

| | Comments (0)

03/31/2022

Cherry trees on a street in Tokyo - March 2022 spring

My friend in Tokyo gave me this beautiful cherry blossom scenery.
The planet earth is facing a lot of problems.
One of the reasons why cherry flowers capture many people's mind would be it's a symbol of harmony.

東京の友人がきれいな桜の写真を送ってくれました。
地球は様々な問題に直面しています。
桜の花がなぜ多くの人の心を捉えるのか?
理由の一つは、それが調和の象徴だからだと思います。
Shinochan-march30th2022

| | Comments (0)

03/29/2022

ローラーゲーム ⇒ ローラーダービー Roller Derby 

In mid 1970's when I was an elementary school kid, a sport TV show titled " Roller Games " was very popular in Japan. and time went by, the roller game fever gradually seemed to have died down. When I was a senior year college in late 1980's, Tokyo Bombers was reunited and I went to see their game to Tokyo Korakuen Stadium. But the popularity of roller games again died down with the passage of time.

And recently I know that roller games are still alive rather evolving in the name of " Roller Derby "  The biggest characteristic of the current version roller derby is each team is made up of female athletes only. It's an entertainment sport of speed and beauty !

1970年代中頃、僕が小学校の低学年の頃、テレビで「日米対抗ローラーゲーム」というスポーツが人気だった。ローラースケートを履いて追い抜き合戦をする競技なのだが、プロレス的なエンタテイメント要素もあって楽しく見ていた。やがて時代の経過と共に「ローラーゲーム」のブームは沈静化していった。1980年代後半、僕が大学生の時、東京ボンバーズが再結成されて、後楽園ホールで興業があったので観に行ったのをまだ覚えている。しかし、時の経過とともにまたローラーゲームの話題は聞かなくなった。

つい最近知ったのですが、ローラーゲーム、今でもアメリカやオーストラリアなどを中心に行われているらしい。日本でも東京ボンバーズは今でも活動していて、ムラサキスポーツのチームもあるらしい。現在はローラーゲームではなく「ローラーダービー」という名称で実施されていて、米国などは女子選手のみで行われているとのこと。(1970年代は男女の混合チームだった)
ビデオ映像を見ると、スピード感あるし、女性競技の美しさ・華やかさもあるので惹きこまれてしまいます。ローラーダービーのブームが来るといいですが。

https://www.youtube.com/watch?v=9MYcCndvIXY

| | Comments (0)

03/25/2022

Bunkamura - Shibuya cultural village

My friend in Tokyo went to see Taxi driver, which is a movie getting people's attention in Japan now. And the photo is a scenery near the movie theater. Tokyo experienced 4.0 magnitude in March 16 earthquake and I was a bit worried about situation in Tokyo, but I'm relieved to see this lively scenery in town.
Have a nice weekend everyone.

東京の友人が話題の映画「タクシードライバー」を観に行ったとのことで、劇場付近の写真を送ってくれました(Bunkamura) 3月16日の地震で東京は震度4だったらしいので、街の状況を少々心配していたのですが、懐かしい渋谷の街に活気があるようで安心しました。皆さん、良い週末をお過ごしください。
Shinochan-march24th2022      

| | Comments (0)

03/23/2022

Open arms - March 23rd 2022

To my loved one
https://www.youtube.com/watch?v=R0cBICxUNRg

| | Comments (0)

03/22/2022

銀河鉄道999 - Galaxy Express

I recently re-discovered wonder and beauty of an old hit anime song " Galaxy Express 999 ".
I like both Godiego's version and Exile/JSB3's versions, but Godiego which created and sang the original version is as great as the worldwide popular band Journey. Full-English version of Galaxy Express 999 is highly expected.

最近、アニメ「銀河鉄道999」のテーマ曲の素晴らしさにあらためて気付いた。曲のメロディーが良いのはもちろんだが、歌詞に込められたメッセージがすばらしいと思う。ゴダイゴのバージョンもExile/JSB3のバージョンも良いですが、オリジナル・バージョンを創作し歌ったゴダイゴの才能は凄いと思います。
クオリティーでは、世界的に有名なロックバンド・ジャーニーに匹敵すると僕は思います。

この曲のメロディーと素晴らしい歌詞を考えたら、世界的なヒット曲になり得ると思うんですけど、この曲を知っている人は現状では日本および東アジア近辺のファンが中心のようです。ほぼ毎日外国人とオンライン会話やメールなどしている僕の感覚だと、東京外国語大学・英語科卒のタケカワ ユキヒデさんの語学力をもってしても北米やヨーロッパの市場に出すのは少し厳しい部分があるな、というのが正直な感想です(作詞したのはタケカワさんではないですが)

たとえば、この曲の英語版の歌詞で as long as there is desire, you will never tire (そこに意思がある限り、決して疲れることはない)という表現があります。英語のネイティブの人達は「疲れる」というのを動詞を使って表現する際、get tired と表現することが多いです。tire を動詞として使っても文法的には何もおかしくありませんが、ネイティブやそれに近い英語力の人が「疲れる」という表現をtire という動詞単体で表現するのは、わりと稀だと思います。you never get tired の方が自然だと思います。

ゴダイゴにはアメリカ人のメンバーも2名いるので、英語の歌詞や発音に不自然なところがあればアドバイスをしているはずです。だから、ゴダイゴの銀河鉄道999 英語版は1980年前後の日本の歌手の英語としては異例のクオリティの高さだと思います。でも、ネイティブの人達や英語が母国語に近い人の感覚からすると、まだ多少の違和感があるんだと思います(この曲の作詞・作曲を手がけた方々やゴダイゴのメンバーの皆さんの才能と情熱は素晴らしいと思いますし尊敬に値します)

銀河鉄道999はアニメも歌ももっと世界的に評価されるべきだと思います。英語ネイティブレベルのアジア人歌手(例えば、フィリピン出身で現在、ジャーニーのボーカルを担当している Arnel Pineda さんなど)に歌ってもらいたいです。

original version by Godiego
https://www.youtube.com/watch?v=HVyul4M4qGY

J Soul Brothers 3 version
https://www.youtube.com/watch?v=lpVhp5uomW4

| | Comments (0)

03/16/2022

Three years of efforts and consistent diligence

I've been tutoring English to a middle school boy for these three years. He successfully passed an extrance exam to his preferred high school yesterday. That high school is a top ranked school in the area. I'm proud of his long years of commitment and diligence.
His high school life starts in the April 2022.
I hope his further growth in his new adventure.

この3年間、男子中学生の英語の家庭教師を務めさせてもらっています。
昨日、高校受験の合格発表がありました。無事、志望校(入学難易度が地区で
一番の学校)に合格しました。
この少年の3年間に渡る努力と勤勉さからは、こちらも学ぶことが多いです。
4月から高校生ですが、更なる成長を願いたいと思います。

The photo is a mug with logo of Tokyo, which my friend in Tokyo purchased at Starbucks.
写真は、東京の友人が購入したスターバックス特製のマグカップ。
Shinochan-march16th2022  

| | Comments (0)

03/11/2022

東日本大震災より11年経過 - 2011 March 11 message by World Order

Eleven years have passed since the 9.0 magnitude earthquake and resultant massive tsunami that happened in northeastern part of Japan in 2011. Over 30.000 people who lost their houses still live in sheltor facilities even 11 years later now.  In Japan, March 11 has a similar meaning as American people's sentiment about September 11 - a day of tragedy - destruction and starting from scratch. A lots are happening on our planet, Covid, the turmoil in Russia - Ukraine ... etc.  Hope for peaceful and non violent solution, better worldwide understanding, and thriving. I would like to share the following video on the day of 11th year anniversary of March 11.

2011年3月11日の東日本大震災と津波から11年が経過しました。3万人を超える人達が今でも避難施設などで暮らしているそうです。コロナ、ロシアーウクライナの件など、地球上では色々なことが起こっています。平和的解決と地球規模の相互理解を願います。

下記のビデオは東日本大震災の数ヶ月後、ロスアンジェルスで開催されたマイクロソフト社のワールドカンファレンスで須藤元気さん率いるワールド・オーダーが、ダンス・パフォーマンスとメッセージを披露した時の映像です。平和を希求する今こそ、もう一度見たい映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=lcaCAKNKvoU

| | Comments (0)

03/08/2022

Diary March 8th 2022 - exercise oncology

Eight years ago today, my father went to the heaven because of cancer. One of areas I'm currently interested in is exercise oncology, in other words, exercise intervention (including psychological aspect as well) to cancer treatment and survivorship. and I'm watching this video today. It makes me feel like my father encourages me to further work, study, and pursue one's path.

https://www.youtube.com/watch?v=mtzlmVJSZz4

| | Comments (0)

03/03/2022

Diary March 3rd 2022

In order to further improve your English skills, you need a determination to live in English as much as possible even if you live in Japan.

| | Comments (0)

03/01/2022

Diary March 1st 2022

Stick to your belief.
Make your loved ones happy and smile.
Although I'm not sure who will be, save your princess.

| | Comments (0)

02/23/2022

Diary February 22nd 2022

In 2012, I was preparing for internet based TOEFL test in order to apply admission for my preferred graduate school - which is my current alma mater PENN WEST.  I sat for the TOEFL ibt test in September 2012, my test score was unsatisfactory level as a test result of a person who has EIKEN 1st grade, however, fortunately my score was accepted by the graduate school and I got an enrollment permission.  More than 10 years have passed since then, and I think it is the time to review and further horn my English skills through the challenging language test, in other words, time has come to go back to my starting point again for further leap and improvement.  This test is challenging but unavaidable path as long as you learn/practice English.

| | Comments (0)

02/19/2022

Diary February 19th 2022

Today's training partner in my online English practice was a tutor in Serbia who is from a doctorate course of environmental engineering. To this tutor too, I asked this question " What is the most widely recognized English competency test in your country ? "  This tutor's answer was " Cambirdge English Assessment and IELTS are almost equally popular here "

And I asked " How about popularity of TOEFL ? "   The tutor's reaction was " I've never heard of that exam ... "   I was a bit surprised that TOEFL is not so recognized in Serbia. In my opinion, TOEFL ibt and EILEN 1st grade are ones among the most well-made English tests.

本日のオンラインで練習相手を務めて下さったのはセルビアの講師で、環境エンジニアリングの博士課程を出ているという。この昨日、一昨日に引き続き、この先生にもこの質問をしてみました。「あなたの国で最もよく知られている英語の検定試験は何ですか?」この先生の答えは「ケンブリッジ英検とIELTS 、どちらも同じくらい人気があると思うよ」

「セルビアではTOEFLの人気はどうですか?」と聞いてみたら「え?そのテストは聞いたことがないわ」との返答。この3日間、ルーマニア、ボスニア、セルビアの英語講師と英語の検定試験のことを話して、これらバルカン半島の国々では、やはりIELTS と ケンブリッジ英検の知名度が高いことがわかりました。

僕個人の意見としては、TOEFL ibt と英検の1級・準1級も非常に良くできた良い試験だと思います。

| | Comments (0)

02/18/2022

Diary - February 18th 2022

Following yesterday, I'll write about English proficiency tests.
Today's learning partner in online English practice was a tutor in Bosnia, and I asked this tutor " What is the most widely recognized English proficiency test in your country ? "  This tutor's answer was " IELTS is the most popular in Bosnia "
After thatm we talked about English proficiency tests for a while, and she didn't know about Cambridge English test at all. This tutor is from a master's course of English education. Yesterday's online tutor in Romania answered to this question " Probably, the most well known English test in Romania is Cambridge "
So, I thought there would be a large difference in widely recognized English tests from country to country in Europe.

昨日の記事に引き続き、英語のテストのことを書きます。
本日のオンライン英会話で練習相手を務めて下さったのはボスニアの講師。この先生にも「あなたの国で最もよく知られている英語力測定テストは何ですか?」と聞いてみました。昨日のレッスンでルーマニアの講師は「ルーマニアではケンブリッジ英検が一番ポピュラーかな」と言っていましたが、本日の講師は「ボスニアで一番良く知られている英語の試験はIELTSかな」と答えました。日本ではアイエルツと呼ばれているこの試験、ボスニアの講師は「アイ・イー・エル・ティー・エス」とアルファベット通りに呼称していたので、最初聞いた時は何のことか?ピンときませんでした。この講師はサラエボの大学院で英語教育の修士課程を出ていて、英語もとても上手ですが(アイエルツのスコア8だそうです)ケンブリッジ英検のことは何も知らず「えー、ケンブリッジ英語テストなんてのもあるんだね、知らなかったよ」とのこと。

ルーマニアとボスニア、どちらもバルカン半島の国で地理的には比較的近い国同士だと思いますが、世間で知られている英語のテストにはかなり違いがあるな、と思いました。まあ、日本人に「日本で一番人気のある英語検定テストは何?」と聞いても、聞く相手によって答えは色々だと思います。「英検」と答える人もいれば「TOEIC」と答える人もいるでしょうし、人によっては「TOEFL」とか「国連英検」「GTEC」などと答える人もいるかもしれません。

これまで、オンライン英会話でボスニアの講師数名とレッスンしました、ルーマニアの講師とも数名レッスンしました。セルビアの講師とも何人もレッスンしています。これはあくまで僕個人の印象ですが、ボスニアの英語講師は皆、平均的に英語が上手で発音もきれいです。ルーマニアの講師も皆、上手です。セルビアの講師は英語力と発音にかなり個人差がある気がします。上手な人も沢山いますが、発音と文法がかなり怪しげな人もいます。人数的にはセルビアの講師と一番沢山レッスンしているので、母数が多い分、バラツキも大きいのかもしれませんが。これらの国々の母国語と英語とのlinguistic distance - 言語間距離、それぞれの国内での日常での英語の使用頻度、学校等での英語教育の内容など、種々の要素が影響しているかもしれません。

いずれにしても、ヨーロッパの人達は皆、英語が上手なので、英語の検定試験を受ける時に、どの試験を受けるべきか?あまりこだわりがないのかもしれません。

| | Comments (0)

02/17/2022

CEFRで自分の英語力は?

Have you ever heard about Common European Framework of Reference for Languages ? - abbriviated as CEFR.  As you know, there are many different language competency tests all over the world. For example, when it come to English proficiency tests, representative ones are TOEFL, IELTS, Cambridge English test, and EIKEN in Japan ... etc. the CEFR is a kind of comparson chart of these different tests based on 6 levels. I think this comparson chart was created in the UK mainly for people in EU countries who relocate from one's country to some other country in the EU for getting a job, or studying at a foreign university. Because a objective proof of that person's language proficiency is necessary in that case.  Although this is only my opinion, UK made English tests such as IELTS and Cambridge test are highly evaluated in this comparson chart, whereas, USA made English tests such as TOEFL are a bit negatively evaluated than the actual. I mean, the highest level of Cambridge test and IELTS score 8.5 and over are categorized in C2 (the top level) in this comparson chart, however, even if you achieved full marks in TOEFL ibt test, it is categorized as C1 (the second from the top). Getting full marks in TOEFL ibt is almost a miracle, I guess.

Aside from objectivity and pros & cons of the CEFR, I checked which category in this comparison chart my English level is applied. Test score of STEP EIKEN test is convertible to the CEFR. I passed the 1st grade of EIKEN in 2006, so I reviewed my test score at that time, and entered my test score into a conversion webpage.  The result is ... my test sore in EIKEN in 2006 is categorized in C1 of CEFR. I'm happy with this result, but I would like to achieve the toppest level - C2 in the future.
https://en.wikipedia.org/wiki/Common_European_Framework_of_Reference_for_Languages

外国語の勉強をしている人はCEFR というのを聞いたことがあるかもしれません。世界中に色々な語学の検定試験が存在します。英語だったら、アメリカで代表的な英語力測定テストはTOEFL、イギリスやイギリスの影響の大きな国ではIELTSやケンブリッジ英検、日本では英検やTOEICなど。ヨーロッパ(特にEU圏内)の人達が仕事の機会を求めて母国から他のEUの国に移住するとか、他の国の大学で勉強したい、というような場合に、普及している語学テストが国によって異なるので、これらの異なるテストを統一基準で評価する目安が必要になってきます。CEFRは、このようにEU圏内を仕事や学業で移動する人達の語学力の証明基準として作成されたものらしいです。

個人的な意見を言わせてもらうと、このCEFRの英語の検定の比較基準にはおかしな点が多々あります (このページ下部の比較表を御参照下さい)イギリスで作成された基準なので、イギリス製の英語試験への評価は高くて、アメリカ製の英語試験への評価は低めです。たとえば、イギリスの英語試験 IELTS で8.5 または 9を取ると、CEFR の最上級 C2 ランクになりますが、アメリカ製の英語試験 TOEFL ibt で満点の120を取ったとしても、上から2番目のC1 というランクになります。IELTS で8.5を取るのは、ものすごく難易度が高いと思いますが、TOEFL ibt で満点を取るのはそれ以上(ほとんど奇跡に近いレベル)に難しいと思います。日本の英検1級の筆記試験と面接試験で1点も減点されずに満点を取るのも同様に難易度高いと思いますが、英検1級で仮に満点を取れても、CEFRでは上から2番目のC1というランクになります。

このように、はっきり言ってしまえば、CEFRの比較基準はイギリス製の英語検定試験に有利なように判官びいきで作成された評価基準に過ぎないように思います。オンライン英会話でヨーロッパの先生方と話をしていると、時々ですが「私はC2だよ」などとCEFRの話をする講師がいます。つまり、ヨーロッパではCEFRは知られているようです。では、アメリカではどうか?というと、僕が米国の大学院に在籍していた3年間で、C1とかC2とかCEFRの話題など一度も聞いたことがありません。僕が在籍していた環境はクラスメートや教授、職員さんのほどんど全員がアメリカ人。カナダとイギリス出身の学生がほんの数名という状況でしたので、英語力の検定試験の話題など出ないのは当然ですが。西海岸やアリゾナ近辺の学校のように米国以外からの入学者が多い地域や学校では、英語力の試験の話題が出ることもあるかもしれませんが。ヨーロッパでのCEFRの認知度に比べると、米国ではCEFRは外国語教育や入試事務局、国外からの人材リクルート等に携わっている方々を除いて、一般層にはほとんど知られていないように思います。

とはいえ、このCEFRの基準では自分の英語力がどれくらいのランクなのか?気になるのでチェックしてみました。英検は2015年以降、スコアシートの点数がCEFRに対応するように出来ているようです。僕が英検1級を取得したのは2006年ですが、当時のスコアをCEFRに対応するように換算できるようになっており、昔のスコアシートを引っ張り出してきて、緊張しながら自分の当時の点数を入力してみました。

表示された結果は、2006年の僕の英検1級の点数はCEFRのC1ランクとのこと。15年以上前の点数なので、今現在の自分のレベルは変化していると思いますが、学ぶ以上は最上級のC2レベル相当に到達できるように頑張ります。
https://www.eiken.or.jp/cse/

本日のオンライン英会話で練習相手を務めて下さったのはルーマニアの先生ですが「ルーマニアで一番よく知られている英語の検定試験は何ですか?」と聞いてみました。この先生の答えは「そうねえ、おそらくCambridge English Test (ケンブリッジ英検)だと思うよ」と言っていました。

CEFRのレベルと代表的な英語の試験
(画像をクリックすれば大きな画像になります)
Cefr

| | Comments (0)

«Pennsylvania Western University - website