01/16/2019

Diary Jan 16th 2019

As cold days are continuing in these several days, the first priority in today's workout was not to waste unnecessary energy in order to ride out this cold climate. So, today's my leg workout was only three sets of deadlift. Have a nice day tomorrow as well !

寒い日が続いており、ここで体調を崩すといけないので、本日のトレーニングは余分なエネルギーを消費しないように基本種目を3セットだけ実施しようと決めた。脚の日なのでスクワットにしようかデッドリフトにしようか考えたが、ハムストリング&臀部を主に刺激したいのでデッドリフトを選択。
今週末はセンター試験ですね。受験生の皆さん、頑張って下さいね。

| | Comments (0)

01/13/2019

Diary Jan 13th 2019 Safe sport training course

Dscf2783

This is the certificate of a continuing education program I completed today, which is about raising awareness and prevention of harassment, bullying, and abuse in athletic environment.

本日は、継続教育ポイント取得の一環でこんなプログラムをやりました。
スポーツ現場におけるイジメや虐待に関する認識を高め、それを防止しようというものです。
今日は、昨日よりも気温も穏やかでよかったです。

| | Comments (0)

01/12/2019

Diary Jan 12th 2019

Because it is very cold in these several days, today's my workout is only 4 sets of rowing, 2 sets of curls and dumbbell pullover respectively in order to avoid unnecessary injury due to the cold weather. Have a nice weekend guys !

ここ数日冷え込んでいますね。こういう時に無理やりトレーニングすると、関節など痛めたりする可能性が高いので、本日はごく軽いトレーニング。
ローイング 4セット、カール 2セット、プルオーバー 2セットのみ実施。
明日は多少なりとも穏やかな天気でありますように!

| | Comments (0)

01/08/2019

New challenge in language training

Fortunately I got an opportunity to teach Japanese language to foreign residents in my region. And this new challenge started today. Teaching my mother tongue to someone else is my new endeavor, however, my experience in English language practice would be applicable in some way hopefully. I'm very excited with this new challenge. Of course I'll pour as much energy into fitness instruction as possible as ever !

日本在住のドイツ人の方に日本語をお教えする機会をいただき、今日からレッスンがスタートしました。自分の母国語を人に教えるのは初めてですが、自分自身が英語を勉強してきた経験が何らかの形で役に立てばいいなと思っています。 もちろん、フィットネスの仕事も従来通り頑張ります!

Twlogo

I'm glad to be a member of Techworld Global Language Instructors team.

ttp://techworldinc.com/foreign-language-academy/
この任務は、米国 Techworld ランゲージ チームの一員として活動します。

| | Comments (0)

01/04/2019

Diary Jan 4th 2019

I had my first strength workout in 2019. It was a very light workout though, just four sets of squats and three sets of deadlift, and my body and mind were invigorated.

2019年最初のトレーニングを行いました。初日なのでカラダ慣らしとしてスクワット4セットとデッドリフト3セットのみですが、気分爽快になりました。

| | Comments (0)

01/02/2019

A way for increasing self-confidence

Accumulation of small success can lead to increase in self-confidence.

Assuming that you set up a goal to increase your current performance level by 25 %, and if you have achieved it, your confidence level increase by 1 point.

If you set up a goal to improve your current performance level 5 %, and achieved it, your confidence level will increase by 5 points.

| | Comments (0)

01/01/2019

Happy New Year 2019

My first day in 2019 started with a 10 minute of brisk walking as usual.
Wishing all of you health and wellness in the new year.

My theme in the new year is " help people make a difference "
Of course I will continue challenging myself as well, however, I would like to shift the focus to the side as a learning partner and booster for my clients' desired goals.    

At_numazu_dec_29_2018



| | Comments (0)

12/29/2018

Year end greeting from the seaside

My friend in Tokyo dropped by my place on his way to hometown visit in the new year vacation, and we went to the beach.

東京の友人が帰省の途中で寄ってくれたので海に行きました。
今年も1年ありがとうございました、来年もよろしくお願いします。

| | Comments (0)

12/26/2018

fitness training review - glycogen

Approximately 300 to 400 gram of glycogen is stored in the body's total muscle, and about 70 to 100 gram of glycogen is stored in the liver.

Muscle glycogen is a more important energy source than is liver glycogen during moderate-and high intensity exercise; liver glycogen appears to be more important during low intensity exercise.

At relative intensities of exercise above 60 % of maximal oxygen uptake, muscle glycogen becomes an increasingly important energy substrate; and the entire glycogen content of some muscle dells can become depleted during exercise.

Reference
Coburn, J.W., & Malek,M,H.(2012).
NSCA's essentials of personal training, second edition.
Champaign,IL:Human Kinetics.      

| | Comments (0)

12/25/2018

Diary Dec 25th 2018

It's Christmas and many of my online language training partners are taking off, however, luckily one of my usual practice partners were in. She said " we cerebrate Christmas on January 7th in orthodox churches ". Thanks to her, I learned their religious culture as well as language training.

クリスマスでオンライン講師の多くは休みをとっていますが、ラッキーなことに馴染みの先生のうち一人は今日も出勤してくれていて、休まずにレッスンできました。 昨年も、ある講師が言っていましたが「オーソドックス・チャーチではクリスマスは1月7日にお祝いするのよ」とのことです。

| | Comments (0)

12/22/2018

Christmas greeting 2018 from NCHPAD

Ncpad_christmas_message_2018

This is a seasonal greeting I got from National Center on Health, Physical Activity and Disability, which is one of my certifying bodies. So, I would like to share it with you guys as a Christmas greeting from me.
Have a nice weekend everyone !!

NCHPAD(全米障害者運動センターとでも訳しましょうか、ACSMの関連団体のひとつ)から、クリスマス・メッセージが届きました。良いデザインなので、これを僕から皆さんへのホリデイ・グリーティングとして使用させていただきます。良い週末をどうぞ!

| | Comments (0)

12/21/2018

the importance of slowing down and relaxing.

It's important to continue to establish trust & rapport in each and every coaching session. Trust & rapport are not earned in a single moment. They are earned or lost during every moment of coaching sessions. If coaches are hurry to " get down to business ", trust & rapport will be compromised or lost. Coaches need to set aside the time to have a relaxed-and relaxing-presence with clients. Even when appointments are scheduled back to back, it is important to slow down, be completely present, and savor every moment with each client.

Reference
Moore, M., Jackson, E., & Tschannnen-Moran, B. (2016).
Coaching psychology manual, second edition.
Philadelphia, PA: Wolters Kluwer.   

| | Comments (0)

12/19/2018

appropriate and comfortable pace of progression

One of important points for those who are engaging in teaching/instructing profession is setting a comfortable pace of learning for participants.

適切な学習ペースを設定すること、それが学ぶ側にも講師側にも大切。

| | Comments (0)

「生きがい」を英語で言うと?

I had been looking for some appropriate English word for Japanese expression " Ikigai ", and I came across a word that just matches it in an exam prep document for behavior modification. That phrase is " a sense of meaning and purpose in life ".
Have a good day today as well, guys !

「生きがい」という言葉にぴったりくる英語の表現をずっと探していたのですが、なかなか良い表現が思いつかずにいました。本日、ウェルネス・コーチング関連の資料を読んでいて、こんな表現に出会いました。" A sense of meaning and purpose in life "
直訳すれば「生きる上での意味や目的」といったニュアンスですが、これが日本語で言う「いきがい」に一番近いように思います。

| | Comments (0)

12/16/2018

ミリタリー・フィットネステスト Military fitness test

Although the following link is written as a fitness test for military personnel, this program is good for strength & conditioning of athletes and fitness enthusiasts as well.
Military fitness test

上記のリンク記事のプログラムは兵隊さんの体力テストとして紹介されていますが、格闘技やコンタクトスポーツなどの体力づくりとしても非常に有効なプログラムだと思います。

| | Comments (0)

12/14/2018

Diary Dec 14th 2018

Today's my post is simply one word.

Conducive Learning Environment and Atmosphere. 

| | Comments (0)

12/12/2018

Trial, Correction, and Learning

When learning to walk, infants fall many times.
These are not failures, but essential lessons that help them learn how to walk. At times, setbacks are an essential part of the change process.

小さな子供が歩くことを学ぶとき、何度も転ぶ。
でも、それは「失敗」ではない。歩くことを学ぶ上で必要不可欠なレッスンだから。このように壁や試練も、何かを学んだり何かを変えたりする上で不可欠のプロセスである。

例えば、外国語を学ぶときにも同じことが言えると思います。
最初から「完璧に話そう、書こう」とプレッシャーを感じて萎縮する必要はない。何度も間違えて、修正しつつ、学んでいけば良いと思う。

Reference
Moore, M., Jackson, E., & Tshannen-Moran, B. (2016).
Coaching psychology manual, second edition.
Philadelphia, PA: Wolters Kluwer.

| | Comments (0)

行動変容の5段階 Five stages of change

Five steps in behavior change  行動変容における5段階

1) Getting psyched   (何かから刺激を受ける)
2) Getting prepared  (新しいことを始めることへの精神的な準備)
3) Perspire/Take action  (実際に行動してみる)
4) Persevere/manage slips (壁に当たった時に、どう対応するか?)
5) Persist/maintain change (新しい習慣を維持する)

Reference
Moore, M., Jackson,E., & Tschannen-Moran, B. (2016).
Coaching psychology manual, second edition.
Philadelphia:PA. Wolters Kluwer.   

| | Comments (0)

12/10/2018

Diary Dec 10th 2018

Hi guys !  It's Monday and the start of the new week.
The rest of 2018 is only three weeks, I would like to enjoy every single day meaningfully.
The new word I learned yesterday was " onomatopoeia ", which is a term for expressing a various sound such as bang bang.

早いもので12月もそろそろ中半ですね。朝晩はだいぶ冷え込んできましたが今週も元気に過ごしましょう!

| | Comments (0)

12/08/2018

Diary Dec 8th 2018

Although I have two years before renewal period of my CSCS and CSPS certification, I'm doing a continuing education course today, which is a kind of webinar quiz focused on exercise nutrition. What I learned is that currently the gold standard of body composition measurement is DEXA (dual energy X-ray absorptiometly), the gold standard of body fat measurement was underwater weighing in the past though ...

今日は継続ポイント取得のためのコースをやっています。更新期限までまだ2年ありますが、時間のあるうちにポイントを取っておこうと思いまして、ウェビナークイズ(ビデオ教材を見て内容確認テストに答える形式)をやってます。
体脂肪測定の定番といえば、以前は水中測定法でしたが、現在はDEXA装置を使用した測定法が信頼性の高い方法として認識されてきているようです。   

| | Comments (0)

12/07/2018

筋力トレーニングの心臓病予防効果の可能性ー新研究  Dec 2018

Among some researchers in exercise physiology, muscle training has been thought as not to directly contribute to benefits on heart health such as reduced risk of cardiovascular disease. However, a new research in this news article sheds light on possible benefits of resistance training on this aspect. It may be a time to change that conventional view.

従来、「心臓病の予防など循環器系に良い影響を及ぼすエクササイズは有酸素系の運動であって、筋力トレーニングは心肺機能面への健康効果はあまり期待できない」、という意見が専門家の間でも多かったのですが、上記リンク、ニューヨークタイムスの記事中に引用されている最新研究(中国の大学がACSMのジャーナルに発表した記事)によると、週2回・合計1時間ほどの筋力トレーニングは、心臓病のリスクを50%程度まで低減できる可能性がある、と述べています。

実験サンプルになったのは、ダラスのクーパー・クリニックの検診などを受けた主に中年層の男女、合計12500人。サンプル数も中々大きいので、ある程度信憑性のある結果かと思われます。

| | Comments (0)

12/05/2018

短縮形の微妙な音 Diary Dec 5th 2018

It seems that my English pronunciation in abbreviated forms such as "we'll, you'll, didn't ... etc " are a bit unnatural. Two online language tutors notified me of the problem in the past few weeks. What I need is ... of course practice,  although practice may not necessarily bring about 100 percent perfect, one thing for sure is ... practice makes the problem better more or less.
This is a practice of foreign language, you know.

ここ数週間でオンライン講師2名から指摘されたことがある。それは、僕の英語の助動詞などの短縮形の発音がやや不自然であるということ。

助動詞の短縮形というのは具体的には
We will  → We'll
You will  → You'll
Did not → Didn't
この手の発音のこと

数週間前にヨーロッパの講師からこの点を指摘されて、今日はフィリピンの講師も同じようなことを指摘したので、事実なのだろう。
僕を含めて日本人はdidn't を「ディドゥント」と発音しがちだけど、今日のフィリピンの先生によると、ほとんど「ディント」に近くて、ドゥの音は、無声音みたいに、かすかな音だという。

僕のdidn't は「ドゥ」の音が強すぎて、いわゆる日本人英語っぽいというか、短縮形の発音としては不自然なのだろう。先日書いたように、無声音やそれに近い微妙な子音の音が出過ぎてしまっているのだと思う。現在の僕の英語の課題の一つです。  

| | Comments (0)

マルーン5 ポケモンの実生活 The real life of Pokemon

One of my online language learning partners showed me this song.
What I like about this video clip is that the main character of this video is a fitness enthusiast such as morning Yoga and spinning in the studio.

オンラインの先生の一人がこの曲が気に入っているんだと教えてくれました。
マルーン5の曲で、ポケモンGoのパロディみたいなビデオになってます。
朝、ヨガをやったり、ジムでスピニングのクラスに出たりと、リアル・ポケモンは身体を鍛えるのにも余念がないようです(笑)

| | Comments (0)

12/04/2018

面白くも何ともない動画 Vlog December 4th 2018

Although my energy and motivational level was not high in today's workout, I filmed it a bit. Leg workout in bedhair, lol

本日のトレーニングは、気分とエネルギーのレベルが高くなかったですが、あえてビデオに撮ってみました。髪に寝癖がついたままでした(笑)
 

| | Comments (0)

RCPT更新 Diary Dec 4th 2018   

Dscf2646_2

I completed a continuing education program for maintaining my Recognized Personal Trainer credential, which requires renewal procedure once in every year.



昨年取得したRCPT (Recognized Certified Personal Trainer) というのは、2017年よりNSCA米国本部で始まった新しい認証プログラムです。試験を受けるのではなく、CSCS または CPTを取得している人が一定要件 (関連分野での学位や実務経験など)を満たすと申請可能な制度で、既に所持しているNSCA資格に更なる信用や価値を付加するためのプログラムで、何かに例えるなら、企業が信頼を高めるためにISO認証などを申請・取得するのと同じようなものでしょうか。

2018年12月現在、日本で取得しているのは、おそらく僕だけだと思われますが「Recognized の名称を名乗るならば常に勉強しろ」ってことなのか、毎年、年末のこの時期に継続教育講習が義務付けられています。直近のパーソナルトレーナー・カンファレンスなどの講義ビデオ(1本60分前後)を合計4講義視聴し、内容確認のための小テスト(CEUクイズみたいなもの)を20問やります。正答率85%以上で継続ポイントが付与されます。20問中、4問以上不正解だと、せっかく払った教材代が無駄になる上、更新そのものが危うくなるので、一言も聞き漏らすまいと、リスニングテストなみの真剣さでビデオ見ましたよ。

で、なんとか無事、継続ポイント獲得できました。やや手間はかかりますが
トレーニング関連の最新情報を得つつ、リスニング練習にもなります。

| | Comments (0)

12/02/2018

タンパク質の吸収量  Absorption of protein

I was watching a webinar of National Strength & Conditioning Association Personal Trainer Conference 2017 as a part of my continuing education, the webinar is about exercise nutrition, and according to the lecturer (phD researcher in chapel hill), the maximum amount of protein the human body can digest and absorb in one time is about 20 grams. What can be inferred from this is ... if your meal is abundant in protein food stuffs such as meat, fish, eggs, soy beans, and dairy products, taking protein powder after the meal would be unnecessary. If you take protein powder, taking it between meals as a small snack would be efficient and reasonable, I think.

本日は、米国のパーソナルトレーナー・カンファレンス 2017の講義ビデオを見ていました(継続教育ポイント取得のため)。講義内容はスポーツ栄養に関するものですが、担当の講師の話で(NCチャペルヒルの研究者)最新の研究結果によると、人間のカラダが一度に消化吸収できるタンパク質の量は、おおよそ20g前後だそうです。

肉や魚や卵、大豆、乳製品などタンパク質の食材が豊富な食事メニューなら、1回の食事で20グラム前後のタンパク質が含まれているでしょうから、そのような場合は食事食後にプロテイン粉末を飲んでも無駄になる可能性が考えられますよね。少し時間をおいてから、食間にプロテインを飲んだほうが合理的かもしれません。僕自身、食事直後にプロテインを飲むこともあるので、摂取タイミングをよく考えるのが大切だなあ、と改めて感じました。

| | Comments (0)

12/01/2018

中高年向けパーソナルトレーナー Personal trainer for the middle aged population

本日は喉の調子があまりよくなくて、いつものトレーニングメニューを全部こなす気にならないのでエクササイズ 2種目のみ実施
1) ベンチに腹ばいになってのバーベル・ロウイング  7セット
2) ダンベル・プルオーバー     4セット
(課題の僧帽筋は小分けして近日中に実施しようと思う)

その後撮った写真です。ちょっと腹筋が甘いかなあ ...
My throat condition is not so good today and I don't have much energy to complete all exercises in my strength training routine, thus, today's workout is only two exercises, 7 sets of barbell rowing on the bench, and 4 sets of dumbbell pullover. Photos are today's my shape after the workout. Have a nice weekend, guys !

Dscf2627

Dscf2628

| | Comments (0)

11/30/2018

膝からのデッドリフト  Deadlift from knee level

Dscf2612

When I had my leg workout on this Tuesday, I tried stiff legged deadlift from the knee level as well). Unlike regular style deadlift, I place a barbell on the bench, and started pulling from there. I liked the feeling of this variation as well. I'm going to add this type of deadlift to my routine sometimes.

先日、脚のトレーニングをした際、膝の高さからスタートするスティッフレッグド・デッドリフトも試してみた。写真のように、バーベルをベンチの上に置き、そこから引き始める(このベンチの高さが僕の膝の高さとほぼ同じくらい)
お尻を後方に引いて、腰のアーチが過剰にならない程度に、ほんの少し過伸展気味のフォームで行うと、このくらいの可動域でもハムストリングスにかなり刺激があり、腰にも優しいような気がした。デッドリフトのバリエーションの一つとして、取り入れてみようと思う。

ところで、僕のブログをスマートフォンから見ると、内容や情報量など、どの程度、表示されるのだろうか? 自分がいまだに古い携帯を使用しているので ...

自分が所属しているフィットネス団体のホームページ(ACSM, NSCAなど)も最近、スマホ対応のデザインに変わりました。スマートフォンの画面でも見やすいように、字が大きくなって、写真や動画を中心としたレイアウトになり、そのかわり、細かい活字や詳細な情報などはかなり減ってしまい、情報量という意味では質が低下したな、いうのが正直な感想です。

スマートフォンからインターネットにアクセスするのは、外出中や旅行中などに必要な情報を調べるとか、友人とゲームをするなどの用途には便利でしょうが、自宅や研究室などで詳しい情報を得たいなど勉強目的で使用する人には向きませんよね。

スマホからインターネットにアクセスする人が増えている以上は、僕のブログを読んでくださる人のことを考えると、スマホからでも読めるデザインや文章量を考慮することも必要なのかな?とも思います、でも、ブログの文章を簡潔にしたり情報量を減らすようなことはしたくないのが本音でもあり、なかなか難しいところです。

| | Comments (2)

11/29/2018

Green Tea Experience Excursion

For those who visit Japan, I created a 3 hour excursion to enjoy green tea, with the help of a tour guide company in Tokyo.

WOW U Green Tea Tour

Green_tea_photo_aug_28th_2018

 

Green_tea_rice_cake_4

 

 


| | Comments (0)

11/28/2018

英語での子音の重要性 The importance of consonants

Probably one of the reasons why my English doesn't sound like native would be that my pronunciation of English is focused on vowels and sound of my consonants are too strong. Because Japanese language is centered on sound of five vowels A I U E O, and I speak English in a similar manner unconsciously. What I mean by that is ... more relaxing would be necessary when speaking English, so that sound of my consonants become more natural.

どうして僕の英語の発音から日本人っぽい感じが今ひとつ抜けきらないか? 最近感じることは、僕はすべての音を日本語でいうところの「ハッキリ、クリアーに」発音しすぎなのかもしれない。

日本語はア イ ウ エ オの五種類の母音を中心に音声が構成されているが、おそらく、英語をしゃべる時も、僕はその感覚でしゃべってしまっているのかもしれない。英語では子音の存在が母音と同じくらい、もしくは母音以上に大切なように最近感じる。

つまり、僕のように「滑舌よくハッキリしゃべる」タイプの人は、英語を話す時は、もう少し力を抜いてリラックスして話したほうが自然な音になるのかな?と思う。

日本語の「母音と子音の関係」の概念は、算数でいうところの「分母と分子の関係」に似ているような気がする。つまり、ベース(母体)になっているのは分母(母音)。日本語では子音というのは母音という母体になる音に乗っているようなものだと思う。母音があってこその子音。つまり、日本語は音声上は、母音をベースに構成されている言語だと思う。

英語でいうvowels(母音)とconsonants(子音)の関係は、それとは少し違うように思う。conという接頭語は「反対の~」みたいな意味だと思う。 sonant とはresonate (共鳴する、一緒に響く)の意味に近いように思う。つまり、consonant (コンソナント)という語の本来の意味は、「有声音の反対」みたいなニュアンスだと思う。「有声音の反対」って、つまり、「あまりハッキリしない音」っていう意味だと思う。

だから、英語の子音を、日本語でよく言う「はっきり、クリアーにしゃべる」感覚で発音すると、不自然に強調されたいわゆる「カタカナ英語」みたいになるように思う。

僕の英語を聞いた日本人はよく、こんな風に言ってくれる人が多い。
「遠藤さんの英語はハッキリしていて、声も大きいので、聞き取りやすい」
おそらく、日本語の感覚で言う「カタカナみたいにハッキリしている」のだと思う。だから、そういわれて素直に喜んで良いのか?微妙なところである。
もし、僕の英語の発音がネイティブとほとんど同じだったら、「遠藤さんの英語は外人さんみたいな発音で、何を言っているかよく聞き取れない」という反応になるだろうと思う。

このように、日本人の英語学習者にとっては、母音も大切だけど、それと同様、あるいは、それ以上に子音に注意を払う必要があることを最近感じている。


P.S.  僕の英語がどんなのか?気になる方は、これまでに撮ったビデオを御覧ください My youtube channel

| | Comments (0)

«フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナーのお仕事ください