11/19/2017

Diary Nov 19th 2017 - achievement rate of 60 - 70 %

I had my current English skills evaluated on an online English conversation service yesterday. I booked a new instructor to me, and introduced myself briefly at the beginning of the 25 minute session. After that I conveyed my scores in TOEFL and TOEIC test to the instructor. And, the instructor sent me the following link on the chat board, so I answered the first 12 questions or so in the remaining 15 minute. After the discussion, I asked the instructor my current English skills on a scale of 10. The instructor's answer was " from 6 to 7 out of 10,   the reason for the 3-4 point reduction is your weaknesses in listening comprehension ".  I don't know the validity of this instructor's evaluation, because the discussion was based on the written topics on the webpage, I mean listening skills evaluation was not included that discussion.  The instructor was only listening my speech. So, I think this instructor's evaluation was biased with my scores in TOEFL and TOEIC,  because my scores in listening scores were lower than the other sections. In other words, this instructor was having a preconception saying that this guy would be not good at listening. (I told her my test scores before the discussion). besides, this instructor is not a native English speaker, a person in a European country, who majored in English literature at a college).  However, I'm willing to accept the evaluation saying that 6-7 out of 10,  because it means if I improve my English by 30-40 %, it would become a satisfactory level.  I'm not sure the meaning of the score 10, whether it is a level equivalent to native speakers,  or a satisfactory level among people who are learning English as a second language ...  Anyway, if I was given 8-9 score, I would be satisfied with the status quo, and my progression would stop there. In that sense, I appreciate that instructor's evaluation saying that " your current achievement rate is from around 60 - 70 % ".   There is still a room for improvement !
question topics used for the evaluation https://esldiscussions.com/e/entertainment.html

昨日は、いつもお世話になっているオンライン英会話の先生がフィリピンの先生もヨーロッパの先生も皆、休みだったので、初めての先生を予約してみた(ボスニア出身の30代の女性で、大学で英文科だったとのこと)。初回なので、現在の僕の英語力を評価してもらった。簡単な自己紹介をして(住んでいるところや職業など)、おおよそのレベルを伝えるために過去に受験したTOEFL ibt とTOEICの点数を伝えた。
その後、ディスカッション用のお題がチャットボードで送られてきた(上記リンク)。15分位の間に、最初の10問程度のお題に自分なりの考えを述べた。 つまり、英検の2次試験みたいな形式。その後、先生の判定は「そうねー、今のあなたの英語力は、10段階でいうと6から7の間位かな、3~4減点した理由は、あなたはリスニングが得意ではないから」とのこと。
僕がお題に答えている間、先生は聞いているのみで、意見のやりとり、つまり僕が先生の英語を聞き取るというリスニング的な要素はこの15分間の評価には、ほとんど含まれておらず、もっぱら僕が英語を喋っていただけ、つまり、スピーキングのテスト。なのに、リスニングを減点の理由にしたのは、事前に僕が伝えたTOEICの点数に先入観を持っていたのでしょう。僕のTOEICスコア(2008年受験)はリーディングは満点、リスニングは正解率8割程度だったので、「こいつは、日本人にしては、喋るのはまあまあ上手いけど、リスニングはイマイチなんだろうな」と思い込んでいたのだと思われる。
でも、6から7という評価で感謝しています。8とか9の評価をもらったら嬉しいけど、現状に満足してしまって、今以上に頑張ろうという向上心が薄れます。こんなアルバイト感覚のレベルの低い講師に、適当に6から7の評価をつけられて、正直、悔しさがこみ上げましたが、それと同時に、もっともっと頑張って改善しようと思えました。
余談ですが、「今まで多くの日本人のレッスンを担当したけど、TOEFLのスコアを申告してきた人は、あなたが初めてよ、TOEICの点数を言ってくる人は多いけど...」と言っていました。

| | Comments (0)

11/16/2017

Diary Nov 16th 2017 - ビール瓶=ハリセン理論

Today's topic is my thought about the recent scandal of Japanese Sumo wrestling world, and this topic is closely associated with traditional and indigenous japanese culture and values, therefore this topic is not suitable for writing it in English, so, I will write today's post in Japanese language only (僕は、最近の相撲には全く興味がありませんが、本日、エクササイズクラスの休憩中に例の相撲の話題が出ましたので、僕の意見を書きたいと思います。この話題は日本固有の価値観に根付いたことだと思うので、今日は日本語だけで書きます)

まず、事実関係がわからないのではっきりしたことは言えませんし、言う立場にもありません。世間の意見では、若い衆を酒の席で殴った力士を非難する声が多いようですが、これはプロの格闘家(力士)の仲間内のことであり、世間一般の常識や価値観とは異なる世界の話だということ。
何かに例えるならば、お笑い芸人の方々が仲間や相方にツッコミを入れるときに、スリッパやハリセンでひっぱたいたりします。昔は相方へのツッコミとして飛び蹴りを喰らわすコンビもいたように記憶しています。日本の伝統的なお笑いの価値観では、頭をはたいたりするのは、一見、乱暴に見えても、ある種のスキンシップやコミュニケーションのようなものだと思います。カラダを通じて友情を確認したり、親睦を深めたり。
格闘技も同様に肉体を通じて会話する人達だということ。酔った席で、無礼な後輩へ説教するのに、ビール瓶で小突くくらい、そんなに大騒ぎするような問題ではないように思うのですが ...(もちろん、格闘家が一般人相手に同様のことをしたら大問題ですが)
むしろ、上位にランクされている自分の地位を危険にさらしてまで、相撲の世界の中での礼儀・礼節を世間知らずの若い力士に教えようとしたのは、ある意味勇敢なことだと僕は思います。
今回の件を更に複雑にしているのは、外国出身力士への偏見のようなものも多少なりとも関わっている気がします。日本人以外の力士が優勝すると、その外国出身の力士を苦々しく思うような雰囲気がまだ一部に根強く残っているように思います。同じようなことは海外でもあると思います。例えば、テニスのウィンブルドンで英国以外の選手が優勝すると、イギリス人の中には、快く思わない人達もいるように。
はっきり言って大相撲の文化は日本国内では次第に衰退していっているのが現状だと思いますが、外国出身の力士が、失われつつある日本の伝統文化を継承してくれていることを考えると、彼らを敵視するよりは感謝すべきた思うのですが。
言葉も生活様式も違う国から日本へやってきて、日本の国技と言われる格闘技の世界で成功するのは並大抵の努力と覚悟では不可能だと思います。
先輩・後輩の礼儀礼節など日本古来の文化の良いところを、これからは自分たちが継承して未来に受け継いで行くんだというくらいの高い志と気構えで毎日稽古している外国出身の力士もいると思うんです。
というように、僕は今回の相撲スキャンダルは、プロ格闘家の仲間内では、ビール瓶での口論は、お笑い芸人仲間が意見の相違で口論になりハリセンやスリッパで殴り合っている(じゃれあっている)のと似たようなもんかな?と考えているのですが、いかがでしょうか?
肉体を通じた過激な親睦会が世間やマスコミの目には暴力沙汰に映ってしまうということ

| | Comments (0)

11/15/2017

Nov 15th 2017 - pure and passionate kung-fu guys

On youtube, I found a bunch of passionate and enthusiastic kung-fu movie aficionado guys whose team name is " martial club ".  https://www.youtube.com/watch?v=A2yvzrfrRsQ  this link is one of their videos.
the situation in this footage is ... they are great fan of Donny Yen, and when Mr.Yen came to a move theater for premier ceremony of his new film, the Martial Club guys asked Mr. Yen's permission to demonstrate their action stunt performance in front of the eyes of their idol Donny, and Mr.Yen kindly accepted their offer. What is impressive to me is these guys' pure and intense passion for martial arts, especially preparation and hard training for this moment.  And also I was impressed with Mr.Yen's kind and gentle attitude to accept their sudden offer.
Donny was also a kung fu kid (even now), so he can understand the pure heart and passion of Martial Club guys, I guess.
check this video out especially from around 2 minute 50 second.

最近、メイクアップ系やフィットネス系のユーチューバーは多いですが、カンフー映画マニアのユーチューバーを偶然見つけました。マーシャル・クラブという名前のチームで、アメリカ在住の東洋人なのか、香港の人達なのか?よくわかりませんが、上記のビデオを見て感じたのは、純粋な熱意と真剣さがスゴイということ
ビデオの状況は、彼らが尊敬するカンフー映画スター ドニー・イェン氏が新作映画の舞台挨拶に来た時に会場に行き、質問コーナーで手を挙げ、ドニー氏の武術哲学などに関して質問した後、「実は俺たち、貴方(ドニーさん)の映画にも大きく影響されて武術の練習してるんです。もしできれば、この場で型の演武を少しだけ披露させていただいてよろしいでしょうか?」と尋ねてみる。 ドニー・イェンさんは「もちろんOKだよ」と快諾。
(上記リンクの2分50秒のあたりからです)
この瞬間に向けて、彼らがいかに真剣に練習を重ねてきたかがよくわかります
このようなマニアックなファンからの突然の申し出を快く受け入れたドニーさんも紳士的で心の優しい人だと思います。ドニーさん自身がカンフー少年だったから(今も)、彼らの熱い真剣な気持ちがわかるのでしょう

| | Comments (0)

11/12/2017

Diary Nov 12th 2017

Some people find their values in being conformed with people around themselves, whereas, some people find their values in being outstanding from others (being different from others in a good sense = you are special). In Japan as a whole, being conformed with others is regarded as a harmonious relationship. However, I grew up with a lot of influence of " fitness " . for example, in the world of bodybuilding or dancing or martial arts, superb technique and physique are important factor, in other words, my value in life is " being proficient " in one's specialty field.  However, the more you pursue your own way, the larger the difference in perspectives and way of thinking between yourself and people around you becomes. This is an ironical result of pursuing something to some extent. Of course, I'm still on the way to pursuit of fitness and language learning, however, recently I feel that kind of tendency sometimes.  Being proficient and outstanding and good relations with people around you.  It is easy to say but not so easy to do for me.

ものの考え方や価値観は人によって様々で、例えば、周囲の人達と同じであることを良しとする考え方もある。「人並みが良い、とか、周囲と違っているのはイヤだ」という考え方。
一方で、「いかに人と違っているか? 個性的か? 特殊技能があるか?」ということに価値観を見出す考え方もある。

特に日本では全般的に、和や調和を重んじるように、周囲と考え方や外見などが大きく違っている人は誤解を受けやすかったりする傾向はあるように思う。
僕自身はフィットネスやボディビルや外国語学習の価値観の中で育ってきたので、良い意味でいかに人と違うか?ということに価値観を見出す傾向が強いと自分では思う。

ただし、自分の道を追求すればするほど、いわゆる世間一般の考え方や価値観と、相違が生じてきてしまう部分がある。もちろん、僕などフィットネスも英語も、その入り口に立ったかどうかあたりのところにいるけれど、最近、色々なところで見解の相違などを感じて、ひとり悩んだりすることもある。意見の相違などでちょっと人間関係がギクシャクしたりすると、「僕は、人によっては、迷惑な存在なのかなあ?」なんて考える日々です。つまらないこと書いてスミマセン。

| | Comments (0)

11/09/2017

Diary Nov 9th 2017 Trinity and Three Musketeers

I talked about the concept of trinity in Christianity with one of of my language learning partners the day before yesterday. For non-Christian people like me, the notion saying that " the god is the son, the god is the father, and the god is holly spirit, and the son is not the god, the father is not the god, the holly spirit is not the god "is a bit confusing.  The learning partner explained that notion to me as he trinity concept is a three different manifestations of the god.

What I thought about the trinity concept is ... the story of three musketeers might have derived from the trinity concept, I mean the power of the each warrior is relatively limited, however if three warriors converge its power and strengths, it will generate a synergy. And each person (musketeer) has its own unique characteristics.
I'm not sure my understanding is correct, the above is only my interpretation.
オンラインでキリスト教のトリニティ(三位一体説)についての話題になった。僕なりの解釈では、三位一体説は三銃士のコンセプトと少し似ている気がする。日本風に言えば三本の矢。一人一人の力は比較的限られているけど、3人が力や知恵を合わせれば強大な力を生み出す、といった考え。しかも、3人の戦士それぞれが個性や特徴を持っている。
(こんな風に勝手に解釈してしまったら、教義に厳格な人からはお叱りを受けるかもしれないけど)

| | Comments (0)

11/08/2017

Japanese girls band Gacharic Spin

I'm ignorant of recent showbiz topics, and one of my friends showed me the presence of a girls-rock band in Japan, their name is Gacharic Spin. When I saw their videos on youtube, my first impression was its taste is a bit like women's pro-wresting, because of the mixture of their bling bling costume, rock'en roll, dancing, seriousness and comedy tasting. It seems that they have a hardcore fan base here in Japan.

最近の芸能ネタには全く疎いのですが、友人からマニアックなガールズバンドの存在を教えてもらいました。名前は、ガチャリック・スピンと言うのだそうです。youtubeでビデオを見て、僕が思った第一印象は、「女子プロレスとか初期FMWのような雰囲気を感じる」ということでした。キラキラでフリフリの衣装がなんとなく、女子プロレスを思い起こさせるし、ギター、歌、ダンス、シリアス、コメディチックなど色々な要素を含んでいて、おもちゃ箱をひっくり返したようなところが、良い意味でプロレスっぽいなと感じました。僕と同じように彼女たちをプロレスと結びつけて考える人は他にもいるようで、天龍選手が出てくるプロモ・ビデオを見つけました(上記リンク)。今後の飛躍に期待。

| | Comments (2)

11/07/2017

Diary Nov 7th 2017 - sins and earthly desires

I had a bit meaningful talk with one of my language learning partners (online language service) yesterday. Our conversation went to a direction of similarity between the original sin in Christianity and the early desires in Buddism. That said basically the human being has desires for possessing a lot of materials, eating gorgeous meals, dominating and controlling something ... and so on.  And probably various religious practices would be a method for controlling or getting along with that kind of human instinct or innate desires.

昨日は、オンライン会話の先生の一人と中々有意義な話が出来ました。日本語には訳しにくいので簡単に上に書きました。
And the topic of sin reminded me of this song (で、この曲を思い出しました)
https://www.youtube.com/watch?v=85BNrEUYHO0

| | Comments (0)

11/06/2017

Diary 6th 2016 - vocabulary building

I'm writing today's post for simply increasing my English vocabulary.
The following are new words I came across with through a book I'm reading now
ある本を読んでいて、自分の中に定着していないと思った単語を書き出してみました

squander = waste
premade,    e.g., premade lunch
a cornerstone  = a very important thing/point
drag down = hinder, obstruct, disturb 
underpin = support
be cognizant of = be aware of,  know 

| | Comments (0)

11/05/2017

Diary Nov 5th 2017 - border free & diversity

When I introduce myself in my youtube videos, my self-introduction in basically like this " Hi, this is Yoshi, it's been a while ! "or " Hello I'm Yoshi Endo, fitness instructor in Japan ". The reason why I refer to Japan is of course, many of my intended video viewers are people and my friends outside Japan except for a small handful of my intimate friends in Japan. However, what I feel these days is ... if you emphasize one's country or home town too often or too much in your talk, that kind of attitude or behavior may look a bit nationalism-ish or racist-ish to eyes of some people. Even if viewers of my videos don't know me at all, probably many of them will be able to surmise that this guy is from Asia, especially somewhere in the far east (from my outlook and English accent). Of course, cultural uniqueness and diversity would be important in this era of globalization, and at the same time, the world is becoming culturally crossover little by little nowadays.  For these reasons, recently I'm thinking whether it is appropriate often refers to personal information concerning one's country or hometown. I mean, maybe I'm in a stage to graduate from " I'm Yoshi in Japan "type self-introduction (in a good sense).

これまで自分自身のビデオの冒頭部分で自己紹介をする時は「日本のヨシです、ご無沙汰しています」とか「はじめまして、日本のフィットネス・インストラクター、エンドウです」といった感じで、ほぼ必ず「日本の」という言葉を加えてきました。理由は、僕のビデオを見て下さっているのは、日頃親しくさせていただいている日本の友人達に加えて、海外の友人達も対象にしているからです。
「日本のヨシです」みたいに、常に日本を強調するのは、良いことなのかどうなのか?と最近思ったりします。日本人同士で会話する時も、事あるごとに自分の出身地や地元を話題に出すと、場合によっては嫌味に聞こえたり反感買ったりする場合もありますよね。「東京では...」とか「今頃、富士山はね...」とか
僕のビデオを初めて見る方でも、僕の顔や肌の色、英語の発音などから、「ああ、こいつは東洋人だな、おそらく日本とか韓国とか極東地区の」くらいは簡単に想像がつくと思います。「日本の」と言わなくても、おおよそのことは察しがつくと思いますし、ネットの普及などにより国や人種の違い等への認識が少しずつ小さくなっていっている時代に、自己紹介のたびに「日本の...」と出身地やホームタウンの話題に触れるのは良いことなのだろうか?と思ったりするわけです。 「日本の」といつも言っているのは、ある意味、悪い意味で、国家主義者や人種主義者っぽいかなあ?なんて思ったりするわけです(大袈裟に言うと、コンプレックスと裏返しのエジアン・サプレマシーみたいな)
グローバル化と同時に多様化も尊重される時代です、なので自国の文化などのユニークさを強調するのも時には良いとは思うのですが、問題はタイミングと状況ですよね。
そろそろ、良い意味で「日本の...」的な自己紹介からは卒業するべきなのかもしれません。

| | Comments (0)

11/03/2017

Diary Nov 3rd 2017 - Not to become an answering machine

What I felt in yesterday's senior fitness class
You don't need to answer all the questions from the class participants perfectly.
Rather give them opportunities to think about the question on their own way (curiosity and self-learning) and expand the conversation meaningfully for them.
I have a tendency to be like an answering machine when getting a question
Talking too much aren't necessarily welcomed by people.

| | Comments (0)

11/02/2017

Nov 2nd 2017 - Fitness Trend for 2018

This is a fitness trend forecast for 2018, surveyed by ACSM, survey participants are about 4000 fitness professionals in the world.  Fitness trend forecast means what kind of exercise and workout, educational programs and so on get popular in the fitness world in the next year.  フィットネスの世界で2018年にどんなトレーニング法が流行するか?を予測した「2018フィットネス・トレンド」がACSMより発表されました。世界の約4000名のフィットネス関係者にアンケート調査をした結果です(僕も参加しました) トップ10は ...

1. High Intensity Interval Training (高強度で短時間のインターバル・トレーニング)
2. Group Training  (グループでのエクササイズ)
3. Wearable Technology (コンピュータ内臓の万歩計など、体に装着可能で消費カロリーなどを管理できる機器類)
4. Body Weight Training (器具を使用せず、自分の体重を負荷にするトレーニング)
5. Strength Training  (基礎的なストレングス・トレーニング)
6. Educated and Experienced Fitness Professionals (インストラクター・トレーナーなどフィットネス指導員の教育と経験を高めること)
7. Yoga (ヨガ)
8. Personal Training  (パーソナル・トレーニング)
9. Fitness Programs for Older Adults (高齢者向けのフィットネス・プログラム)
10. Functional Fitness (ファンクショナル・フィットネス)
An interesting point is that the ranking of Personal Training dropped a bit compared to previous years, and instead, Group Exercise format is gaining attention and popularity, that is probably because the increase of aging population, I think.
10位のファンクショナル・トレーニングとはよく聞く言葉ですが、僕の意見としては、機能的(ファンクショナル)とは人や状況、目的によってずいぶん異なると思います。 例えばですが、ボディビルダーにとって必要なトレーニングと、レスキュー隊員の方に要求されるトレーニングは異なりますが、どちらのトレーニングも彼らにとっては現実に即したもの=機能的なわけです。 同様に、自転車に乗ることが多い人と、車椅子を使用の方では、何が機能的なトレーニングか?は当然違ってくると思います。 テニス選手に必要な機能性と相撲の力士に要求される機能性は異なるわけです。

このように「ファンクショナル」という言葉の定義は、非常に難しいと思います。 だけど、「ファンクショナル・トレーニングが流行る」なんて言うと、やたらと皆、ファンクショナルなんて言葉を安易に使い出すのは一考を要すと思います。(コアとか体幹とかインナーなんて言葉が流行る傾向も同様)
Retrieved from the website of American College of Sports Medicine

| | Comments (2)

11/01/2017

Diary Nov 1st 2017 - flu vaccination

I got a flue vaccination today at a nearby hospital. What I think every year I get flue vaccine is how long the vaccination effect does lasts ? ...  According to some information about it on the internet, many of the answers are " the effect of flue shot last around 4 months or so ".   When I asked this question to this physician last year, he gave me a very interesting question "  He said " although this is only my opinion and scientific evidence doesn't exist, if you got a certain type of flue vaccine injected into your body, the antibody to the certain type of influenza works more or less as long as you are alive, I guess.  The problem is ... whether that certain type of flue vaccine corresponds to the actual flue type (strain) that gets prevalent in that season, because as you know, choice of a flue vaccine is based on a forecast "
And he said like this as well " Just in case your health condition gets bad after the vaccination, feel free to come for complaining "   I like this physician's and humor based on his long years of  experience "

早いもので、今日から11月ですね。本日、インフルエンザの予防注射に行ってきました。ワクチンというか抗体を体内に注入したせいか、いつもより体が少しだけ疲労したような倦怠感があります、気のせいかもしれませんが。今日は、少し早めに就寝しようと思います。

| | Comments (0)

10/30/2017

Diary Oct 30th - current way of my language practice

I'm writing about my skype English lessons in these several days consecutively, of course which means I'm pouring a lot of energy into language practice recently. And some of you guys may be interested in what kind of practice I'm doing through the online conversation service. So, I will write about my current language practice method today.

What I'm doing through the skype language service is mainly discussion using some news topic on the internet such as an article on BBC, MSNBC, and so on. Topics are various from science, health & fitness, showbiz, education ... etc. At the beginning of the lesson, me and the instructor (learning partner for me) read a chosen article alternately by paragraph and paragraph, and after that we discuss about that topic or related matters in a relaxed and friendly atmosphere.
Foe example, yesterday's topic was a bit serious, " various political systems in the world ".  this article  http://www.politicalsciencedegree.com/the-five-most-common-political-systems-around-the-world/    
because, as you know, political systems, religion and so on are closely associated with way of thinking and values of people in that country, so to speak, for better world wide understanding and friendship, to know the difference and similarity in each country's culture and social system would be very important, I guess. Hopefully, conductive learning relationship is facilitated through this type of practice style.
ここ数日、英語の話題ばかり書いていて興味のない方には申し訳ないですが、オンライン英会話で現在、僕がどんな内容のトレーニングをやっているか?をご紹介したいと思います。
簡単に言うと、まずは、インターネットのニュース記事(BBCニュースなど)から何か面白そうな話題を選びます。まず、レッスンの最初にその記事を音読します。僕だけで読むこともあれば、講師と一段落づつ交代で読むこともあります。その後、その記事の内容や関連する話題について、語り合ったり、意見を述べ合うというスタイルです。

話題は、健康・フィットネス関連だったり、科学関連のニュースだったり、色々す。固い話題ばかりだとつまらないので、フィリピンで人気のあるオネタレントとか、そういう方向に話が展開することもあります(笑)
参考までに、昨日使用した記事が上記のリンク。民主主義、共和制、共産主義など、世界の主な政治システムの違いについての記事です。なぜなら、政治や宗教というのは、その国の人達のものの考え方や価値観と深い結びつきがあるので、こういったことを念頭に置いておかないと、違う国の人達と理解しあうのは難しいからに他なりません。
こんな風に、時に真面目に、時にはおちゃらけて楽しんでトレーニングしています

| | Comments (0)

10/29/2017

Diary Oct 29th 2017 - pronunciation of purple, パープルの発音

I took a skype English lesson yesterday with a talking partner who I've been with for these six months. and I noticed that my English pronunciation of " purple " is not correct. The episode is ... That talking partner was in a purple shirt (and a purple backpack) yesterday, so, the first word that came out of my mouth was " oh, purple rain ! ".  However, the reaction was " what ?  what did you say ?  powerful ... ?? ".   I replied " purple rain,  Prince's song ", and I sang the phrase " purple rain, purple rain ".  But the reaction was " .... ??? ".   Probably the biggest reason why my word " purple rain " didn't make sense was generational gap rather than a matter of my pronunciation.  that talking partner is in late 20's, the purple rain is a hit song in the mid 80's. Therefore, this talking partner didn't know much about Prince and purple rain, I guess.

However, aside from that kind of reason, it would be true that there is a room for improvement in my English pronunciation especially in some consonants.  As a whole, Japanese people are not good at the pronunciation of what is called " inverted e " such as girl, bird, skirt. Because the sound of inverted e doesn't exist in Japanese language, and my pronunciation is also not an exception.  In the similar reason, Japanese people are not good at pronunciation of words that end with the letter of L or Le such as school, cool, doll, available, affordable ... etc.  The sound of purple has the both points that Japanese language system doesn't have.  It means the sound of purple includes the inverted e and it ends with the letter of Le. Hopefully a day will come when I can pronounce words like girls, birds, school, purple, correctly.
昨日はフィリピンの先生とスカイプやっていたのだが、僕の英語の発音「パープル」が通じなかった。この先生には、6ヶ月位お世話になっており、これまでに僕の発音や文法が通じなかったことは、ほとんどないですが、パープルという簡単な単語が通じなかったことで、やはり、日本人の発音の苦手な部分が自分にも当てはまると再認識しました。
この先生、昨日、紫のTシャツに紫のバッグという服装だったので、僕は挨拶代わりに「oh, purple rain ! 」と言ったんですよ。パープルレインはもちろん、プリンスのヒット曲。でも、先生の反応は「え、何? なんて言ったの? パワフルなんとか??」
なので、「パープルレインだよ、プリンスの歌」と説明して、ちょっとだけ歌ったりもしましたが、反応は「???」。
この先生の年齢は20代後半、プリンスのパープルレインがヒットしたのは1984年頃だったと記憶している。 おそらく、僕の発音が通じなかったというより、この先生はプリンスとかパープルレインとか言われてもピンと来ない世代なのでしょう。でも、フィリピンの若い女性にパープルの発音が通じなかったのは、自分の課題として認識しないといけない。
発音記号で言うと、eをさかさまにした記号の音、bird, girl, skirt などは日本人が苦手な発音、巻き舌でRを伸ばすような音が日本語には存在しないから。LやLeで終わる言葉の発音も日本語には存在しない、school, cool, doll, available, affordable など。スクールなんて単語は日本の中学1年の最初に習う単語だけど、スクールのルの音を正確に自然に発音できる日本人は少ない。
で、purple(パープル)という単語は、さかさまeの音も含むし、Leで終わる。
パープル(むらさき色)、誰もが口にするような単語だけど、英検1級の僕でも、自然な発音は意外と難しいということ。こんな風に、意外な単語が通じなかったという経験ありませんか?

| | Comments (0)

10/26/2017

Diary Oct 26th 2017 - What I was doing 10 years ago

Basically, I don't like looking back the past, however, sometimes it might be necessary and meaningful to revisit one's past, because as you know, the past, present, and the future are connected and associated each other. In other words, the past created the present, and the present leads to the future. So, I reviewed my past blog posts in October 2008 in order to know what I was thinking and doing 10 years ago from now.  This is my blob posts in Oct 2008. http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2008/10/index.html
as you can see, main topics in my blog posts were my thoughts about TV shows (song programs and comedy shows), topics about MMA, progression of my English language practice and so on. Writing reviews about TV shows in Japan indicates that I was still watching Japanese language programs at the time of 2008. Although it was my best efforts at that time, however, looking back now, that was a lukewarm language practice. Hopefully I grew more or less in these 10 years.

僕は基本的に、過去を振り返るのは好きではない。しかし、過去が現在を造り、現在が未来につながってゆくので、自分自身の過去を振り返ってみるのもたまには必要かな、と思う。10年前、自分は何をしていたか?を知るため、2008年10月のブログ記事をチェックしてみた(上記リンク)。 お笑いやエンターテイメント番組の批評を書いたり、総合格闘技や英語の学習のことなど書いています。日本のテレビ番組の批評を書いているということは、この時点では、まだ日本のテレビ番組をよく観ていたんだな、ということです。この当時の自分としては、それなりに頑張ってやっていたのでしょうが、今考えると、ずいぶん甘い勉強だったなと思います。この10年で多少は成長したのでしょうか?

| | Comments (0)

10/25/2017

diary Oct 25th 2017 - an importance of writing

Nearly two years have passed since I completed my school programs, and opportunities to write something in English significantly decreased recently. When in the school programs, literally almost everything in my everyday life was English, I mean, reading textbooks and reference materials, writing reports and papers, interacting with classmates, instructors, and school staffs. After the completion of the programs, I intentionally increased opportunities to speak English through online conversation service in order to further brush up my language skills. What I feel these days is that, of course online English conversation services are beneficial for practice of speaking and listening, however, in terms of changing one's thought process from one's mother language into English oriented, writing something as much as possible in English would be the best way, I guess.  Actually, when I was in the aforementioned environment, basically I was thinking many things in my everyday activity in English, even when in my dream. Thus, I will need to increase opportunities to write something even trivial matters.

以前にも書きましたが、頭を日本語思考から英語思考に切り替えるには、英語で書く機会を可能な限り増やすことだと思う。ここ1年半位、英語を話すことは多くやっているが、反面、英語で何かを書く機会は以前よりも減ってしまった。 英語で毎日のようにレポート等を書いていた頃は、頭の中はほとんど英語で物を考えていた。オンライン英会話等で話す機会を増やしても、書く機会が少ないと、頭が英語思考になるのは、レッスン中のみで、他の時間は日本語でものを考えている。
たとえば、休みの日など時間に余裕がある時に、25分の英会話オンラインレッスンを1日3レッスン位こなしても、その晩に英語で夢を見ることは非常に少ない(あくまで自分の場合ですが)。会話練習をそれほどやっていなくても、毎日多量の英語を読んで書いていた頃は、英語で夢を見たりしていた。英語で物を考えるということは、言うまでもなく、頭の中で英作文をすることなので、やはり、基本は書く機会を増やすことだと感じている。自分の場合、まだまだ絶対量が足りないなと思う。

| | Comments (0)

10/18/2017

diary Oct 18th 2017 - BLR

A common important point in personal training of fitness, wellness coaching, and speaking practice of some foreign language (English in my case) would be to learn something from each other.  An ideal is bilateral learning relationship.

| | Comments (0)

10/15/2017

diary Oct 15th 2017 - BBC radio

Today, I accessed the BBC internet radio " world service" for the first time since 2004 or so. Actually, I was often listening to the BBC world service when I was preparing for Step Eiken English test, which is one of the most popular standardized English tests in Japan, because the exam tendency is relatively close to various timely new topics like ones on BBC, Newsweek, and Time. Recently my main focus on English listening practice has been how to get yourself be used to quick spoken English, and cosmetics youtubers' videos are helpful in that purpose because many of them speak English fast. Today's my impression about BBC radio was " their speaking are clear and relatively slow compared to video bloggers ".  So, the BBC radio after 13 years interval was a fresh experience.

本日は、10数年ぶりにBBCワールドサービスを聴いてみた。2002年~2003年頃は、毎日、BBCもしくはCNNのインターネットラジオを聴くのが日課だった(リスニング練習として)。特にBBCのニュースは英検準1級の時事問題などと話題が共通するので、気に入っていたが、その後、読むべきものが増えて、ニュースをネットで聴くのからは疎遠になってしまった。10数年ぶりに聴いたBBCラジオ、懐かしく、また新鮮にも感じました。

| | Comments (0)

10/10/2017

diary Oct 10th 2017 - new learning partner

As you know, English is the second language to me, therefore the language practice is an important part of my everyday life. And sometimes I practice speaking with a language instructor(a learning partner for me) through online. And I talked with an English instructor in Serbia for the first time today. That instructor is very enthusiastic and a kind of nerd like me. So we had a good vibe, hopefully. the only problem is that competitions for booking that instructor's lesson seems to be high. However it would be great if I can establish a good collaborative and conductive learning relationship with the new learning partner as well.

オンライン英会話をする時はいつもフィリピンの先生方に話し相手になってもらっているのですが、本日、初めて、セルビアの先生と話をしてみました。セルビアでは英語は母国語ではないので、レッスン前は、セルビアの英語講師の英語力というのが、いまひとつ具体的に想像できませんでしたが、講師の紹介ビデオを見て直感で人選しました
話してみての感想は、予想通りというか予想以上に良い学習パートナーに出会った気がします。一言で言えば、僕と同じでオタク気質な人、これは、もう紹介ビデオを見た瞬間に感じた(笑) 同じ穴のムジナと言うか... 発音という点では、アメリカ人の英語と少しだけ違う気がするが、知識や話題が豊富なのでボキャブラリーや流暢さという点ではネイティブ・スピーカーと、そんなに変わらない気がする。何よりも、オタクの波長が合うのが嬉しい。問題は、人気講師らしいので、予約の競争率が高い様子。フィリピンの先生とも引き続き練習を続けつつ、この先生とも互いに学び合って行ければ良いなと思います

| | Comments (0)

10/01/2017

diary Oct 1st 2017

It is October 1st today, it means the rest of 2017 is about 90 days. One of my themes from today is to become a good role model for myself as well.  Pursuit of my own way and belief, and gratitude and understandable relationships with people who could support you.

本日から10月で、2017年も90日程になりました。今後の課題の一つとしては、自分自身のロールモデルでもありたいと思っています。自分の信念を追及することと、周囲の皆さんとの理解や調和。我の強い僕自身にとっては簡単なことではないのですが、大切なことだと感じています。

| | Comments (0)

09/23/2017

diary Sep 23rd Autumn Equinox Day

Today September 23rd is the autumn equinox day in Japan. Japan has four seasons, the spring, summer, autumn, and the winter. So to speak, the autumn equinox means a seasonal divide between the warm season and the chilly season. Basically I prefer warm seasons to chilly and cold seasons, therefore I would like to take the arrival of this equinox as the seasons are heading for the next equinox, the spring equinox which is in March. Have a good day everyone !

上に書いた内容の訳
本日9月23日は日本の秋分の日です(日の出ている時間と日の出ていない時間が等しくなる日)。日本には季節は春・夏・秋・冬の四つあります。つまり、秋のエクイノックスデイは暖かい時期と涼しい時期の境目を意味します。僕は基本的に暖かい時期の方が好きなので、秋のエクイノックスの訪れは、寒いシーズンに向かっているというよりも、むしろ、その先にある春のエクイノックス(春分の日)に進んでいると捉えたいと思います。皆さん、良い一日をどうぞ!
おまけ(本日思いついたギャグ)
Even a thousand mile journey begins with the first step, Manila was not built in one day ! 千里の道も一歩から、マニラは一日にして成らず。 

| | Comments (0)

09/16/2017

diary Sep 16th 2017

Although there is no specific reason, words " a detour road and a short cut " sprang up in my mind today. A detour road and a short cut, which do you choose ?  Of course, it depends on a situation and case by case.  If your main purpose is getting a destination itself , a shirt cut will be time and energy saving. On the other hand, if your purpose is to enjoy various scenery in the process of a trip, a detour road may bring about unexpected meaningful experiences, it takes a lot of time though ...  My journey into fitness and language practice is a kind of meaningful detour road hopefully.

特に深い意味はないのですが、デトゥアー・ロード(回り道、遠回り)とショートカット(近道)という言葉が頭に浮かんだ。遠回りと近道、どちらを選ぶかは目的や状況次第ですよね。仕事や所用等で目的地に早く着くこと、それ自体が主な目的なら、近道があるならそれを通ればよいでしょうし、目的地に向かう過程において、多少時間がかかっても、より多くの景色を楽しんだりしたければ、遠回りの道も有意義になり得るでしょう。僕は不器用なので、いつも遠回りばかりしているような気もします(笑)

| | Comments (0)

09/08/2017

new blog title " fitness journey "

until now, the title of this weblog was " exercise trainer ENDO's Walk on ! ", however I changed the title into " fitness journey ENDO's Walk on ! " from today.  the primary reason for the change is ... the job title " exercise trainer " doesn't necessarily reflect my current work and expertise, I was feeling so recently. If you address me in some job title, I have a lot of credentials, Exercise Physiologist, Physical activity in Public Health Specialist, Strength & Conditioning Specialist, Special Populations Specialist, Health & Wellness Coach, Exercise is Medicine credential, and so on. So, if you express these my credentials in one word, the word " fitness instructor " is incorporating these expertise, I think, and that title is my favorite. And my pursuit for fitness, sport psychology, wellness coaching, and language learning is a never ending learning process, thus I expressed it as " fitness journey ".  Thank you very much for your support and understanding always !

本日より、このブログのタイトルを少し修正しました。これまでは「エクササイズ・トレーナーENDO's Walk on !」でしたが、自分の興味や学ぶ分野の範囲が少しづつ広くなり、エクササイズ・トレーナーという枠からは良くも悪くも、はみ出しつつあります。
所持している資格の肩書名で言うならば、僕はエクササイズ・フィジオロジストであり、ストレングス&コンディショニング・スペシャリストであり、パブリックヘルス・スペシャリストであり、ヘルス&ウェルネスコーチであり、通訳案内士でもあります。これらを一言でまとめるならば、健康&フィットネスのインストラクターという表現が気に入っていますが、インストラクターであると同時に、まだまだ修行中の学習者でもあります。僕にとってフィットネスや語学の道は決して終わることのない旅のようなものだと思っています。そんな気持ちから、フィットネス・ジャーニーというタイトルに修正しました。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0)

09/03/2017

diary Sep 3rd 2017 - horizon

I noticed that I haven't used the word "horizon" so far in my English writing/speaking. It means that word/concept doesn't exist in my vocabulary, usual consciousness, or subconscious mind. In case expressing things like expanding one's view, perspective, knowledge, experience, and expertise, many of my English speaking friends use the expression " get out of your comfort zone " rather than " go over the horizon", and probably that is why I rarely use the word " horizon" usually. However, words derived from horizon, such as " horizontal plane" is used in fitness workout terminology as well, so I will need to add this word to my consciousness from now on.

本日、ふとしたキッカケで気がついたが、ホライゾン(水平線・地平線)という言葉を英語の中でほとんど使ったことがない。日本の英語の教科書か参考書にも「ニューホライゾン」なんていう名前のものがあったと思う。つまり、外国語を学ぶことで自分自身の水平線(視野)を拡げよう、との意味合いだろうけど、実際のところ、「水平線を超えて」なんて表現は歌の歌詞かニュースの見出しみたいで、普段の会話では、そんな大袈裟な表現を使う人や機会はあまり多くないように思う。僕の仲間内では 「視野を広げる」的な表現をする時は、get out of your comfort zone " (自分にとって居心地の良い領域から出てみる)という表現をすることが多い。が、トレーニング用語でホリゾンタル・プレーン(水平面)なんて言ったりすることもあるので、ホライゾンおよび派生語もボキャブラリーに加えておく必要はあるだろうと感じた。

| | Comments (0)

08/27/2017

diary Aug 27th 2017

I 'm writing today's post as a reminder to myself for increasing English vocabulary.  Words that are not in my current vocabulary ... enlargement, hypertrophy, atrophy, the gorge tendon organ, muscle spindles, the sliding filament theory, thyroid.

朝夕は少しだけ涼しくなったなと感じますが、まだまだ暑い日が続きます。近所の野良ネコが日陰で昼寝している光景が微笑ましくて気分的に癒されてますが、暑い時期に、やや怠惰になるのって、余分なエネルギーを浪費しないための動物の本能ではないのかな?などと思ったりします。

| | Comments (0)

08/23/2017

スリムダウン骨盤体操 2017年秋コース参加者受付中

Pelvis_exercise_pic_2

私が担当させていただいている「スリムダウン骨盤体操」講座の2017年秋季コースの参加者を現在、受け付けております。10月2日より毎週月曜・全8回、19:00より。会場は静岡市の静岡県立科学技術高校です。静岡県教育委員会が主催の生涯学習講座の一環のため、お手頃な受講料で参加できます。申し込み方法等、詳しくは下記のリンクよりどうぞ。ご参加お待ちしております。http://www1.kiuchi.jp/pfi/lle.html

My exercise class titled as " Slimming down Pelvis Exercise ", which I have at Shizuoka Prefectural Science & Technology High School, is accepting new participants for 2017 Fall season course. This exercise class is a kind of mind & body exercise incorporating easy stretching, muscle toning, foam roller exercise and so on. This course is operated by the local government (education board of the prefecture), therefore it is offered in a very reasonable attendance fee. Please refer to the above link for details. I'm waiting for your participation with hearty welcome !
start day -  October 2nd 2017,        19:00 - 20:30 PM
every Monday, totally 8 sessions
attendance fees - 5600 Japanese Yen
deadline for signing up is September 1st 2017

| | Comments (0)

08/22/2017

diary Aug 22nd 2017 - English conversation with an 8 yeas old girl

I had an opportunity to talk with an 8 year old Japanese girl practicing English. and her language level was amazing. Even the talking partner was 8 years old, I didn't slow down my English speed, because if I do that, it would be discourteous to this little serious learner. I heard that she practices English with language teachers in the Philippines through online tutorial usually, and when she has a lot of time such as summer vacation, she spends almost the whole vacation in the Philippines with her teachers, and she keeps that lifestyle for several years. although that was a 5 minute conversation or so, both of us didn't use Japanese language at all, and this girl understood and responded to my English precisely. her English was quite natural and almost like an Asian girl living in some English speaking country. thanks to this little pretty girl, I got a good stimulus for my language practice.   thank you, you will become an amazing lady in the future !

英語を勉強している8歳の日本人少女と話をする機会があったが、この子の英語力が凄かった。帰国子女とかインターナショナルスクールなど特別な英語環境にあるわけではなく、普通の日本の小学生だが、普段はオンライン英会話でトレーニングし、夏休み等まとまった時間のある時は、1ヵ月位フィリピンに滞在し、先生から直接レッスンを受ける、こんな生活をもう数年続けているらしい(御両親が教育熱心なんでしょうけど)。
相手が8歳とは言え、カタカナっぽい英語でスピードも下げて「ワット イズ ユア ネイム?」なんてやっていたら、英語学習者であるこの少女に失礼なので、手加減せずいつも通りの英語で話しかけた。5分間程の会話であったが、僕の英語をほとんど正確に理解し、文法的にも発音も、ごく自然な英語で答えてくれたので、正直、驚いた。日本の小学生だと言わなければ、英語圏在住のアジア人の子供にしか思えない。日本の英語教育って、二極分化しつつあるんだろうなと思った。世の中の流れは、小学校5年または6年から英語を必修化などと言っているが、英語に興味のない子供に小学生の頃から無理やり英語を押し付けても、英語嫌いになるだけだと思う。教える側の小学校の先生方も、多くは英語の専門家ではないし。その一方で、習得意欲の高い生徒は、この少女のように、ネットを上手く利用したりすれば、かなりの環境が整えられる。そんな時代になりつつあるのだろうのだろうと感じた。8歳の少女から良い刺激をもらいました。 

| | Comments (0)

08/20/2017

diary Aug 20th 2017 - bubbly person

As I learned English (and am learning) mainly through journal articles and books concerning health & fitness, wellness coaching, newspaper articles about health, science and things like that, my English is a bit hard topic-ish, or if you express it in a good way, it may be a bit academic, however, one of weaknesses in my English is that I'm not familiar with casual expressions, slung in vogue, party conversations and situations like that. What I learned recently is the expression saying that " he/she is a bubbly person ". In Japan, people's image about the word " bubble " is an economic growth or inflated economy in the mid 1980's ", so many people in Japan will have an image that " oh, he/she might have a lot of money ", if he/she hears the expression saying that " bubbly person.

僕は健康&フィットネス関連の本や記事などを読むことで英語に触れることが多いため、どうしても英語の表現が硬くなりがちです。よく言えば、専門的な英語とでも言えるかもしれませんが、くだけた表現や流行りのスラングなどは、あまりよく知りません。最近、覚えたのは「バブリー・パーソン」という表現。この場合、陽気な人、ノリの良い明るい人、といったニュアンスになるようです。日本語では、バブルと言うと、1980年代のバブル経済を連想する人が多いと思うので、「あの人はバブリーな人」というと、お金を沢山持っていそうな人といったイメージを持つかもしれませんが、英語だと、泡のように弾けている人、といったイメージになるようです

| | Comments (0)

08/16/2017

an intriguing language learning nerd video blogger Loretta

one of video bloggers who are intriguing to me is this woman.
https://www.youtube.com/watch?v=WRm4CBOh3h4
according to her past videos, Ms. Loretta is from College of William and Mary and she started learning Japanese language when she was 14 yeas old or so, because of influence of Japanese anime cartoons. In order to pursue her language learning and intercultural communication and understanding, she enrolled in a graduate school in Tokyo from the spring 2017, and she finished her first semester recently. I also did my graduate school programs in a foreign language, which is English in my case. So, I can understand how she feels right now. As she expresses her state of her mind in the title of this video " I somehow survived the first semester ", I also had a similar feeling after my first semester. A complicated emotion such as a mixture of a little bit relieved emotion temporarily, expectation and pressure for the future semesters and so on. Ms. Loretta, your enthusiasm and energy are a good encouragement for your video viewers including me !

僕が注目しているビデオブロガーの一人が日本語学習オタクのアメリカ人・ロレッタさんです(上記リンクのビデオ)。14歳頃に日本のアニメの影響などで日本語の勉強を始めたらしいです。米国の有名大学の一つ、カレッジ・オブ・ウィリアム&メアリー出身とのことなので、勉強好きな性格なのでしょう、ほとんど独学で日本語能力検定の1級(N1)に合格されており、もの凄い努力だと思います。
で、2017年の春より日本の大学院でビジネス関連分野を勉強されています。留学生向けのコースではなく、日本人向けの修士過程に日本語で院試を突破して学ばれています。最近、第1学期がようやく完了したとのことで、ホッと一息ついているのが、上記のビデオです。精神的にも肉体的にも、少しだけの安堵感と疲労感、次の学期への期待とプレッシャーなどが伝わってきます。思えば、数年前、僕自身も似たような状況にありましたので、今現在のロレッタさんの心情がよくわかります。色々と大変なことは多いと思いますが、自分の好きなことを追及されているので、今後、日本語も勉強も更に進歩すると思います。見ている側も彼女の頑張りからエネルギーをもらっている気分です。

| | Comments (0)

08/09/2017

focus of attention during exercise - two types of attentional focus

In order to earn continuing education credits for my fitness certifications, I was going through articles on Strength & Conditioning Journal today, and I came across an intersting article that focused on two types of attentional focus during strength training. one is internal focus, which is paying attention/concentrating on contraction/expansion of target muscles of an exercise you are doing. another is external focus, which is focusing on some environmental object around you during the exercise, for example, if you are doing bench presses, external focus means " push the bar explosively toward the ceiling ! "  Which type of focus you should choose depends on your training purposes.
for details, please check out the following article
Reference
Schoenfeld, B,J., & Contreras, B., (2016). Attentional Focus for Maximizing Muscle Development: The Mind-Muscle Connection. Strength & Conditioning Journal, 2016, 38(1), p 27-29.

資格更新の継続教育ポイントを得るためストレングス&コンディショニング・ジャーナルに目を通していたら、興味深い記事を見つけました(上記、引用参照)。トレーニング中に、「動作や筋肉に意識を集中しよう」とはよく言われることですが、この「意識」には2つのタイプがある。ひとつは、インターナル・フォーカス、つまり、そのエクササイズで鍛えたい筋肉の収縮・伸展に最大限の意識を注ぐこと、たとえば、ベンチプレスなら大胸筋群の収縮・伸展を感じながら行う、というように。 もう一つは、エクスターナル・フォーカス、つまり、自分の周囲の環境的要因(器具など)に意識を持っていく。たとえば、ベンチプレスなら、「バーベルシャフトを天井まで放り投げてやる!」くらいのパワフルな気持ちと意識でバーベルを押し上げる、ということです。もちろん、僕自身も両方のタイプの意識の仕方を使い分けています。インターナル・フォーカスとエクスターナル・フォーカスのどちらがトレーニング効果を上げるのに効果的か?は目的によります。詳しくは、このジャーナル記事本文を読まれるとよいでしょう。

| | Comments (0)

07/31/2017

diary July 31st 2017 - seven colors of rainbow

ROYGBIV.   Do you know what these letters mean ?
actually, these are acronyms for seven colors of rainbow.  Red, Orange, Yellow, Green, Blue, Indigo, and Violet. I got to know the presence of this formula from one of my friends in the Philippines.  In Japan, most people are not so conscious about what colors make up of the rainbow. However, probably tropical countries like the Philippines, interaction and preservation of natural environment would be a very familiar and important topic in their everyday lives, I guess. So, I was so impressed when I heard about this formula for remembering/memorizing the seven colors of rainbow. btw, when you memorize the order of the constellation of the planets in the solar system, Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, and Saturn,  I wonder some easy to remember formula exists ?   acronyms are of course MVEMJS.

ROYGBIVって何の略かわかりますか? 昨日、友人から聞いて初めて知ったんですが、虹を構成する七色の頭文字、レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・バイオレット。 日本人は、虹の七色が何色だったか?などあまり意識していませんよね。ところが、自然との触れ合いが身近な国では、虹の色というのは非常に身近な存在なのでしょうね。
ところで、銀河系の惑星の並び順を覚えるときに、日本では水・金・地・火・木・土と暗記しますよね。英語でこれらの順番を覚えるのに暗記しやすい公式がないかな?と思うんですが。マーキュリー・ヴィーナス・アース・マーズ・ジュピター・サターンといちいち覚えるのは面倒だし、頭文字にするとMVEMJS、なんかピンと来ないし...  覚えやすい公式をご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい
MVEMJSを覚えやすいように何かに、こじつけるとするとMusic Video Entertainment May J Special とかになるんですが(笑)

| | Comments (0)

07/24/2017

diary July 24th 2017 - listening practice through make-up tutorials

What I'm doing recently as a part of my English practice is ... watching videos of make-up-tutorial youtubers. (correctly speaking, listening to these videos for practice of my listening comprehension). Because many of make-up-tutorial youtubers speak English very quickly, therefore these could be a good listening practice material for me to get myself exposed to quickly spoken English, additionally many of make-up youtubers are pretty attractive ladies, so it is very fun to watch their videos. And, although this is only my impression, percentages of English speaking Asians living in the west coast areas are relatively high among popular make-up youtubers who speak so fast, I guess. It might be a kind of business tie-up with cosmetic products companies in Asia though ?

最近、英語のトレーニング(特にリスニング)の一環として行っているのは、ユーチューブで化粧品の批評などを行っている人達のビデオを楽しんでおります。理由としては、化粧品ユーチューバーの方々の多くが早口の英語でまくしたてるので、スピードの速い英語の聴きとり訓練に良いのです。それと、キレイなお姉さん達が多いので、見ていて飽きないという不純な動機もあります(笑) 印象としては、人気のある化粧品ユーチューバーで早口英語の人は、アジア系アメリカ人のお姉さん方が多いような気がするのですが ... なぜでしょうね?(特に西海岸在住のアジア系のお姉さま方) 日本の化粧品会社とのタイアップなんでしょうか?

| | Comments (0)

07/22/2017

diary July 22nd 2017 - vocabulary exercise

I'm writing this as a kind of reminder to myself to reconfirm my English vocabulary, I mean I noticed that the following words have not settled into my actual vocabulary.

genuine, authentic, dazzling, exorbitant, profuse, hygiene, breed, color blind, bark, nocturnal, carnivorous, herbivorous,   

| | Comments (0)

07/12/2017

Yoshi videolog July 5th 2017 - workout and new cert

a part of my workout and the recent addition to my credential.
after the exercise, my breath and English were a bit broken and I made a mistake in word usage at around 6 minute 20 second of the video.  I mentioned like this at that portion " if I say something about a certain problem ... ". actually, what I wanted to say was " program " not " problem ". so to speak, what I wanted to convey at that portion is " if I referred to certain exam programs in the industry on my videos, maybe, it can become a cause of conflict of interest matters, and I would like to avoid that kind of situation "
To me, the way of fitness is kinda like the Jeet Kune Do concept, what I mean by that is ... although it may seem like a mixture of different styles and different programs, each component, each ingredient has its own meaning and significance for integrating the whole. that said, the each is an indispensable element.
I'm hoping for further growth and development of all of my affiliations and the entire health & fitness industry.  thank you very much for your support and understanding always.
久しぶりにビデオを撮りました。ご覧のとおり元気でやっております
最近、資格が一つ増えました。光栄なことに、日本を含めたアジア地区で僕が初めての認定者だそうです。
「変わった人、おかしな人」っぽい感じが更に強まってしまったような気もしますが(笑)、人様に御迷惑をかけないように、周囲の皆さんとの協調も可能な限り大切に、マイペースで行こうと思います
いつもありがとうございます、今後ともよろしくお願い致します 

| | Comments (0)

07/08/2017

a possibility of fitness and positive spirits in seniors - 生涯鍛錬   

one of my best friends kindly sent me a link to the above video today. of course this is an extreme example,  however, this video embodies a possibility of health & fitness, and forward looking attitude even in later stages in life, I think. and probably, for this women, 91 years old might be only a number (and it shows her accumulated life experience like the annual growth ring of the trees), and she thinks of herself as still a learner and practitioner rather than a master in a good sense, I guess.
(retrieved from youtube)
友人がこのビデオの存在を教えて下さいました。もちろん、この映像は極端な良い例でしょうけれども、人生の後半段階での健康・体力、前向きな生き方などを体現する一例だと思います。おそらく、この女性にとっては、91歳というのは、肉体の衰えなどを意味するネガティブなものではなく、むしろ彼女の蓄積された経験を示すものであり、肉体的な面でいえば、良い意味で、単なる数値とでも考えていしゃっしゃると推測します。
先日のブログ記事で、大山倍達先生の例を書きましたが、この女性も、良い意味で「自分自身は、まだまだ修行中でチャレンジャーである、もっと練磨する」と考えているのだろうなと思います

| | Comments (0)

07/03/2017

diary July 3rd 2017 - the importance of basics

the following link is a lecture by one of legendary martial arts masters in Japan, Mr. Masu Oyama. although the video is japanese language, what he says is mainly ... don't forget the importance of basics in practice. A 1000 days of practice is necessary for graduating from the level of beginners. A 10000 days of practice is necessary for reaching the entrance of mastery. although I am not a karate man, I would like to keep his thoughts in mind.

上記リンクは伝説の空手家・大山倍達先生の講話です。僕はカラテの経験はありませんし、以下に書くことは格闘技の話ではなく、勉強でも仕事でも語学の訓練でも、何かを追い求める過程すべてに共通することだと思うのですが、大山先生がこのビデオの中で述べられていることに最近、特に共感します。冒頭の部分で「私が道場に出稽古に行くと、皆が嫌な顔をする」という経験を述べられていますが、僕自身、「ああ、僕はある意味、ありがた迷惑のように思われているんだな」と感じてしまうような状況も時々あります。もちろん、上には上がいますので僕などまだまだ未熟ですが。
千日を以て初心となす、万日を以て極みとするとも述べられています。万日というのは、1年365日毎日練習・稽古をしても少なくとも20年・30年規模での積み重ねが必要ということになります。僕は、フィットネスの世界に最初に足を踏み入れたのは大学生の時ですので、もう累計では25年以上になりますが、24時間全てを捧げているとは言えませんし、英語にしても、僕よりも上手い日本人は大勢います。自分の実感としては、30年本気でその道に捧げて、ようやく入り口に立てるのかな?位の気がしています
他人のことは言いたくありませんが、最近、経験が数年程度で、腕組みして、人を見おろすような表情でネット上のプロフィール写真に写っている自称パーソナル・トレーナーだとかコンディショニング・コーチだとか言っている者が大勢います。それが彼らの考えでビジネスなので、それはそれで良いと思いますが、自分で自分のことを「トレーナーだ」などと必要以上に強調しているのは、みっともない気もします。言い換えれば、「俺はあなたを鍛えてやるよ、訓練してやるよ」みたいな感じで。まあ、自分も20代・30代の頃は、そんな感じだったと思いますが ...
僕自身は、自分のことをエクササイズクラスの参加者の皆さんのお手伝い、ガイド、サポート、学習パートーナーでありたいと思っています。僕のブログのタイトルは「エクササイズ・トレーナー」となっていますが、僕の仕事が伝わりやすいように便宜上つけただけなので、そろそろ何か別の名称に変えようかとも思ったりしますが、上記のような自分の役割を伝える用語で日本の方々にもわかりやすい言葉がなかなか思いつかない現状です。こんな未熟な僕ですが今後とも宜しくお願い致します

| | Comments (0)

06/18/2017

diary June 18th 2017

when I was watching a video on youtube, I came across a nice expression, that is " tiny but mighty ". although my body size is small, I would like to be a " tiny but mighty person" as possible.

| | Comments (0)

06/06/2017

new shooting star in sport reporters - Emily Nakagawa

I woke up earlier than usual this morning at around 5, and watching a morning new show on TV, and one of new comer sport reporters for that show said she was serving as a professional cheerleader for baseball team Tokyo Giants until a few years ago. a short footage at that time was on introduced as an self-introduction of that new comer pretty sport reporter, and her energetic and vivid dancing captured me mind. so, I searched her videos on youtube and found the video below.
of course, physically she is too short and skinnier than NFL cheerleaders, however, in a fundamental nature of the professional cheerleaders saying that making people happy, smile, and energetic through skillful dancing, cute and attractive smile, professional demeanor, and positive energy which emanates from her, her potential is as excellent as the toppest cheerleaders in the USA, I think. her name is Emily Nakagawa, check her out !
https://www.youtube.com/watch?v=YoVfMPVt8n8
https://www.youtube.com/watch?v=FyBlWPYDi0M    retrieved from youtube

今朝はなぜか朝5時頃に目が覚めてしまい、テレビをつけてみた。早朝のバラエティ・ニュース番組の新人スポーツレポーターの女性が僕の目を惹きつけた。レポーターになる前はチアリーダーをやっていたそうで、当時の映像が少しだけ流れたが、非常に躍動感のある踊りをしていた。興味を持ち、彼女の映像をyoutubeで探して、上記のリンクビデオを見つけた。ナカガワ・エミリさんという方で、幼少時代よりダンスをやっており、高校卒業後、読売ジャイアンツのチアリーディング・チームに所属していたというプロのチアリーダー。アメリカのNFLなどのチアリーダーと比較すると、小柄だし、体の線も細すぎるが、キレのあるダンス、表情、プロ意識、彼女から観客席や選手に伝わるエネルギーなど全てに目を見張るものがある。才能があり、なおかつ楽しく努力する人だということが伝わってくる。そんな人は見る者を幸せな気分にする。今後、スポーツレポーターやアナウンサー業を主体に活動予定とのことだが、言葉によるコミュニケーションは勿論だが、彼女の原点である身体を通じた自己表現やコミュニケーション(チアやダンスやエクササイズのたぐい)も引きく続き追及したら良いと思う。 僕と同じように、エミリさんに大きな可能性を感じた方がこのようなブログ記事を書かれています http://weblog.hochi.co.jp/yaguchi/2015/10/post-6577.html (報知新聞ブログ)

| | Comments (0)

05/26/2017

diary May 26th 2017 - neighbor's lawn

when you talk with people in the Philippines, sometimes they refer to the color of skin of Japanese people. please don't misunderstand it is a topic of racial difference or racism. what they want to say is ... average skin color of Japanese are a little bit paler (whitish) than the dark sun tanned skin color of philippino people, and it seems to be attractive and a bit envious to them. To me, it is a matter of difference between 50 steps and 100 steps though ...  may be it is an example of  "the lawn of neighbor looks greener than the lawn of one's back yard ", I guess.  so, I hit upon a joke like this " oh really ?  the skin color of Japanese are attractive for you people ?  thanks it's an effect of neutrogena though ... "
however, I refrained from that joke, cuz I wasn't sure whether that joke makes sense "

フィリピンの人達と話をしていると、日本人の肌の色の話題になることがある。誤解しないでいただきたいが、人種の違いやレイシズムの話ではない。日本人の肌はフィリピンの人達の肌に比べると、やや白い、その肌の白さがフィリピンの皆さんにはある意味、うらやましいらしい。僕にとっては、50歩・100歩の違いのような気もするが、隣の芝生は青く見えるということだろうか。  冗談で返そうかと思った、こんな風に。「え? 日本人の肌が魅力的なんですか? ありがとうございます。 でも、これはニュートロジーナのおかげなんですけどね」  この手のジョークが通じるか?ちょっと不安だったので、あえて止めといた(笑)

| | Comments (0)

05/20/2017

diary May 20th 2017 - coconut water

when I was talking with a person from a tropical country about fluid replacement during exercise, I got an interesting question from that person. the question was " whether coconut water can be a substitute for sport drinks such as gatorade "
because the coconut is not a common fruit in Japan, I have never thought of that idea saying that replacing a sport drink with the tropical fruit.  and I found this web article below concerning that topic.  although the author in that web article says that what is lacking in coconut water is sodium. a simple solution would be ... add a little bit of salt to the coconut water.  that would become a natural substitute for commercially produced sport drinks. a problem is a typical price of coconut is more expensive than popular sport drinks on the Japanese market ...

運動中の水分補給に関して話をしていたら興味深い質問をいただいた。その方は常夏の国の方ですが、「ココナッツ・ジュースは、運動中の水分補給の目的で、ゲータレードなどのスポーツドリンクの代用になるかな?」というもの。日本ではココナッツはあまり日常的な果物ではないので、そんなこと考えたことなかったですが、面白い発想だと思いました。
で、上記のネット記事を見つけました。記事によると、スポーツドリンクの栄養成分と比較すると、ココナッツにはナトリウム(塩分)の含有量が少ないので、高温の環境で激しい運動をする場合など、発汗によりナトリウムも著しく失われる場合は、スポーツドリンクに利があると述べていますが、シンプルな解決法としては、ココナッツ・ジュースに少量の塩を加えれば、天然のスポーツドリンクになり得ると思われますね。問題は、日本では、ココナッツの方がポカリなどよりも値段が高いことでしょうね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2017

diary May 9th 2017 - a new discovery

I had an opportunity to talk with one of my classmates after a nearly one year interval, and through the conversation I noticed that the word " discovery " wasn't in my English vocabulary (I mean I wasn't able to recall that word on the spot). that was kinda new discovery or a finding.
昨日、一年ぶり位に仲の良いクラスメートと話をする機会があった。話の中で、「新たな発見」というような意味の事を言いたかったんですが、発見を意味するディスカバリーという言葉が、出てこない。つまり、ディスカバリーという言葉が自分のボキャブラリーの中に定着していないことを意味している。そのことに気が付いたのが、まあ、ある種のディスカバリー(発見)でしょうかね(笑)

| | Comments (0)

05/02/2017

diary May 2nd 2017

it is already May, how is going everyone ?
this week is a holiday studded week in Japan, which is called " golden week holiday ", however there is nothing special in my everyday. being able to spend every single day as usual is kinda " happiness" I guess.
have a good day everyone !

| | Comments (0)

04/26/2017

diary April 26th 2017 - mindfulness and mindfullness

I came across an interesting topic about coaching psychology today.  that is ... "mindfulness " has two meanings.  one meaning is literally " compassion " and another meaning is " mindfullness " (mind and fullness). mindfulness or compassion means empathy to someone else, whereas mindfullness referes to a psychological state saying that your mind is full of something (preoccupied) rather than paying attention to your talking partner.in order to realize the true mindfulness, a kind of mind emptiness that can absorb your partner's story rather than mindfullness is important.         

| | Comments (0)

04/19/2017

diary April 19th 2017 - how to get along with the throat

in mu current lifestyle as a fitness instructor, the most frequently hard used body portion is the throat and voice. maybe be you anticipated that I would say " my hardest used body portion is muscles on the legs or muscles on the lower back".
basically in my everyday work, I'm always speaking something, for example, counting the numbers in the warming up session, instructing, demonstrating, or explaining something about exercise. and when in home, I'm reading aloud some book or internet article as a practice of English language. like this, throat, vocal cord, muscles around the base of the tongue are always working. so, how to get along with the overuse of the throat, in other words, self-care of throat and voice is a very important matter to me. probably, people who are engaging in instructing, consulting, acting, singing professions are in a similar situation. in my view, the concept of " cycle training or periodization training " is applicable for recuperation of the voice and throat in these these people.

現在の僕の生活で一番酷使されている身体部分は声と喉です。フィットネス・インストラクターが職業と言うと、酷使されているのは脚や腰の筋肉だろうと想像する方も多いかもしれません。もちろん筋肉もそれなりに使いますが、常に働いているのは喉ですね。
自分が担当させていただいている体操教室やエクササイズクラスでは、準備運動で号令かけて数を数えたり、トレーニングのことを説明したり、参加者の皆さんとのおしゃべりだったり、常に何かを喋っています。
で、家に帰ってくると、英語で一人つぶやいているわけです。基本的に英語の本やインターネット記事など読む時は極力、音読するようにしています。声に出して読むことが発音練習でもあり、読解力向上の重要なレッスンでもあります。
いかに喉や声の酷使と上手く付き合うか?が現在の重要な課題の一つでもあります。おそらく、講師業、コンサルタント業、音楽家、役者さんなど声を使うのが職業の方々は似たような状況にいらっしゃると思います

| | Comments (0)

04/14/2017

Diary April 14th 2017 - absolute amount

I noticed a reason why my English is still by far from satisfactory level, that is ... total cumulative hours in my learning English, in other words, total cumulative hours I was exposed to English are still not comparable to that of native English speakers.
the time I started learning English seriously was when I was 36 years old or so, however my learning in the first few years were on average 2 hours a day or so. After passing the Step Eiken practical English test grade 1 when I was 41 years old, English became a part of my every day life. so to speak, the total duration of my life in which English is a part of my everyday life is only these 8-9 years or so. therefore, simply considering this total duration, my English skills in total package (grammar, pronunciation, fluency, naturalness, and so on) would be less than 10 years old elemental school kinds in the US, UK, or Australia, probably. I think it is because simply a mater of total duration of practice, rather than a matter of methodology in practice. in order to switch my though process from Japanese language oriented to English language oriented, I'm writing this blog post in English.

どうして僕自身の英語力が満足なレベルからは程遠いか? シンプルな事に気がついた。英語を勉強している時間(英語に触れている時間)の累計時間・つまり練習の絶対量がまだまだ足りないのだ。
僕自身が英語を自発的かつ真剣に学び始めたのは35歳を過ぎてからのこと。でも最初の3年間位は一日平均1~2時間程度の勉強だったと思う。3年位経過して、英語力が少しだけ伸びると勉強量が一日平均3~4時間に増えた。英語が生活の一部となったと言えるのは41歳の時に英検1級に合格して、更にその翌年、通訳案内士資格を取得して以降のこと。つまり、本当の意味で英語をトレーニングしているのは、たかだか、合計8年位です。 しかも朝から晩まで一日中、英語で生活しているわけではなく、担当させていただいているフィットネスクラスの参加者の皆さんは日本人なので仕事中は日本語で暮らしているので、僕の実質的な英語訓練は、8年×0.4~0.5前後ではないかと思う   

自分の職業や趣味の話題などは、それなりに読めるし、書けるし、語れるが、生活全般となると、トータルな意味では僕の英語は(発音・自然さ・流暢さなど)アメリカ・イギリス・オーストラリアの小学校低学年もしくは幼稚園児のレベルに及ばないと思う。
方法論の問題ではないと思う、絶対量がまだ圧倒的に不足しているのだ 

| | Comments (0)

04/09/2017

stretch - shortening cycle in language pronunciation

today's topic is English pronunciation. although it is a well known fact, basically Japanese people including me are not good at pronunciation of the sound of L. the reason is simple, in Japanese language, sounds its pronunciation are almost the same as the sound of L in English don't exist. especially when it comes to English words that end with the letter of L or Le, such as beautiful, school, girl, level, people, male, female, example,  Japanese people's actual pronunciation of these words are close to beautifru, schooru, peopru, exampru.

and I noticed a measure to correct or at least make these pronunciation close to the correct, that is to pay attention or re-recognize the importance of accent, in other words, where to emphasize in these words. Compared with accent in English language, accent in Japanese language are monotonous, so to speak, Japanese people should pronounce the above words with especially an emphasis on beau, peop, schoo, leve ...
I think it is almost the same concept as the importance of weight distribution on soles of the feet in squats or deadlifts.
本日は英語の発音の話題です。よく言われることですが、日本人は英語のLの発音が苦手です。僕自身も例外ではありません。理由ははっきりしていて、日本語の発音には英語のLの音に近い発音が存在しないからです。Lの発音というと、ラ、リ、ル、レ、ロの発音を想像する方も多いと思いますが、日本語のラリルレロの音は英語では、LよりもRの音に近いです。

特に、LまたはLeの文字で終わる単語、例えば、beautiful, school, girl, people, example などの単語では、日本人はLの発音が不自然になりがちです。僕もこれらの単語の発音は、いまだに典型的日本人英語です。上に書いた理由、つまり日本語にはRの音に近い発音はあるけど、Lの音に近い発音がほとんどないので、僕も含めて、日本人がこれらの言葉を発音すると、beautifru, peopru, exampru という感じになりがちです。

では、どうしたら、これらの発音を自然な発音に近づけることができるか?
それは、少し大げさな位にアクセントを強調することです。people の発音だったら、最初の音節の部分、peop の部分を強く言う、そうすると、単語の前半を強く発音した自然な切り返しでle の音は、やや控えめになります。一種のストレッチ・ショートニング・サイクルみたいなものです。語尾のLの音は控えめでよいのです。日本人にとって、やや控えめと思えるLやLeの音が自然な英語の発音に近いので。

| | Comments (0)

03/28/2017

diary March 28th 2017 - impermanent beauty

Dscf1387

the most representative seasonal scenery in this time in Japan is cherry blossoms. usually cherry trees get in full blossoms from the third or fourth week of March and they dissipate at around first or second week of April. so to speak, peak of the gorgeous cherry flowers are only 2 weeks or so. and probably this is the reason why people in Japan are so fond of cherry flowers, in other words, they are appreciating a sense of impermanent beauty, I think. I found this beautiful cherry tree at a premise of a nearby shrine, that shrine has a close relationship with the longest lasting political and military dynasty in feudal japanese period, the dynasty lasted as long as more than 400 years. the presence of the cherry trees in the shrine premise which was a kind of guardian deity for the longest lasting Tokugawa dynasty would not be merely a coincidence.
and various climatic conditions are concerned with cherry blossoms. the explanation in this video can be a good reference (retrieved from FOX news)
https://www.youtube.com/watch?v=0FokjqkfMH8
今年は桜の開花が全国的にやや遅れているようですが、静岡浅間神社の境内には開花している桜の木もありました。浅間神社は徳川家の心の守護神のような神社です。日本の歴史上、最も長く400年以上続いた政権とゆかりの深い神社の境内に、2週間前後で散ってしまう「無常の美」の象徴である桜が植えられているのは、永遠や永続性を求める我々人間の願いでしょうか

| | Comments (0)

03/15/2017

diary March 15th 2017

when reading a book about strength & conditioning, I came across a nice expression. that is ... sticking with bodybuilding workout or fitness lifestyle is a kind of contract with oneself ".
in my translation, it is a promise with oneself, and it can be said in one's work and study too , I guess. basically our humans cannot tell a lie to one's mind.
so to speak, one of required roles of fitness professionals/wellness coaches would be to help, support clients achieve (keep) promise with themselves. of course, it is easy to say however not so easy to do ...  that is one of my future themes

ストレングス&コンディショニングに関する本を読んでいたら、なかなか良いことが書いてあった。「ボディビルやフィットネスのトレーニングを継続するということは、ある意味、自分との契約である」と。つまり、自分自身との約束ということだろう。ならば、フィットネス指導員の任務の一つは、トレーニングの方法など技術面をお伝えするのは勿論のこと、自分のクラスの参加者の皆さんが、自身との契約・約束を履行・遂行するのを少しでもお手伝いすることだろうと思う。 これが一番難しいことですよね    

| | Comments (0)

03/08/2017

diary March 8th 2017

today March 8th is an important and special day to me. because it is a private matter, I will keep the significance of this day in my mind. one of my future missions would be to help, support, guide people make a favorable difference in their lives. in other words, one of my roles would be a kind of booster. in the process of it, I would like to further study, learn, practice, and train. I would like to thank people around me and the environment. thanks guys for always understanding and supporting me      

| | Comments (0)

03/06/2017

diary March 6th 2017 - three stages in physical training

the link below is an interview video of martial arts star Jet Li.  his thought about ideal three progressive stages of the physical and the mental in martial arts practice is worth noting.
the first level ... practice of the physical, in other words, emphasis on this stage is physical contact and combat with your enemy
the second level ... practice the mental aspect, so to speak, use your accumulate knowledge and language to stop the enemy before fighting
the third level ... how to turn your enemy into your friends without fighting, through your belief, wisdom, and compassion ... etc
check at 3 minute 30 seconds from the beginning https://www.youtube.com/watch?v=_KyWIvq1ZqU

上記のリンクはアクションスター・ジェット・リー氏のインタビュービデオですが、武術の修練における主眼の推移についてとても興味深いことを述べています
第1段階 ... 敵と戦うために体や技を鍛えることを主目標とする
第2段階 ... 言葉や知恵を用いて、如何に無駄な争いを避けるか?を考える
第3段階 ... 武術の修練や自分の生き方における信念や含蓄、相手への思いやりなどを通じて、敵を友達に変えることを考える
(ビデオ開始から3分30秒のところで、このように述べています)
実は、僕自身が歩んできた道もこれに通じるところがあります。ボディビルやフィットネスのトレーニングを始めて、最初の頃(20代~40代前半)はとにかく肉体の鍛錬が第一でした。40代半ばになり、運動教室に参加する皆さんのやる気を前向きにするにはどうしたらよいか?と思い始め、フィットネスの心理面(スポーツ心理学とコーチング心理学)を学び始めました。最近は、自分がこれまで培ったもの、例えばフィットネスのトレーニングに関する経験や知識・技術、ポジティブ心理学的な側面、語学力などを通じて、世界の人達との友好・相互理解を深められたらいいな、ということを考えております。

| | Comments (0)

«diary February 20th 2017