09/10/2016

new website of fitness star Keli Roberts

Dscf1110_2

one of the most talented instructors in the fitness industry Ms.Keli Roberts launched her new website. Ms.Roberts's innovative ideas and passion for fitness are always a good stimulus for me. I got a lot of inspiration from her DVDs and videos in technical aspects as well, especially I was so impressed with her foam roller workout in the DVD " Keli Roberts Time Savor Workouts 3 Flexibility for the inflexible "
her new website is accessible from this link, check it out !
http://www.keliroberts.com/

フィットネス業界の人気インストラクターの一人、ケリ・ロバーツさんが新しいウェブサイトを開始しました。フィットネス業界で最も才能と情熱のあるインストラクターの一人で、僕自身、ケリさんのDVDなどから色々とヒントをいただきました。ケリさんの新しいサイトは上記リンクよりアクセスできます

| | Comments (0)

08/30/2016

静岡地区 スリムダウン骨盤体操 2016秋募集中

Slimdown

静岡県立科学技術高校で実施している生涯学習講座(カルチャー教室のようなものです)で、私が担当していますエクササイズクラス「スリムダウン骨盤体操」の受講者募集のお知らせです。
日時 2016年9月26日(月)より毎週月曜日(全8回) 19:00 - 20:30

フォームローラーやエクササイズボールなどを使用し、シェイプアップ・姿勢の改善・腰痛肩こりなどの改善・リラクゼーションなどを目的としたクラスです
詳しくはこちらをご覧ください http://www1.kiuchi.jp/pfi/lle.html

定員に若干余裕のある講座がいくつかあるようですので、ご興味のある方は上記にお問い合わせ下さいますようお願い致します

for those who are living in Shizuoka-city
I have an exercise class at Shizuoka Prefecture Science & Technology High School's Life Time Learning Course, which is a kind of culture school for people in the community.
They are accepting participants for the 2016 Fall Class
starts from September 26th 2016
on Mondays from 19:00 - 20:30 PM, totally 8 weeks
this class is a kind of stretching, muscle toning, and relaxation using the foam roller and the stability ball. Since this is an initiative by Shizuoka-prefecture, the fees are very affordable (5,600 Yen for the 8 weeks)
for details, please check the above link
class name is スリムダウン骨盤体操, it means " Slimming down Pelvis and Spine exercise "      

| | Comments (0)

08/07/2016

my thought about Olympics  オリンピックについての考察

Hi it's been a while everyone, so sorry for not updating the blog for nearly a month
the 2016 Rio Olympics started from yesterday, and today I would like to write my current thought about Olympic Games. Basically, watching high athletic performance of the world class athletes are fun and exciting, and most people tend to cheer up athletes who represent one's nation. so to speak, watching Olympic Games can often become an opportunity to evoke one's pride, affection, and patriotism to one's country. of course, having a sense of pride to one's country is not a bad thing, rather it would be important for unification, harmony, and further prosperity of each country. however, what I want to emphasize here is that excessive pride and patriotism to one's nation sometimes can lead to indifference or disrespect to cultures and people in other countries.

many of recent tragic incidences that happened on the globe are derived from difference in culture, race, religious faith or political views and so on. considering these points, I have to say that I'm a bit doubtful about evoking further nationalism and patriotism to one's nation through Olympic Games in this timing. rather, we human beings are reaching a new phase to change our perspectives concerning how to enjoy Olympics.
I hope the world peace and global understanding without any prejudice and preconception

ご無沙汰しております、久しぶりの更新にて失礼します。
2016年リオデジャネイロ・オリンピックが始まりました。世界レベルのスポーツ選手の活躍と努力を観るのはエキサイティングで良い刺激になりますが、正直な話、最近はオリンピックなどの世界的スポーツイベントのあり方に、やや疑問を感じることが多いです
基本的に、オリンピックを観るときは、ほとんどの人は自国の選手を応援すると思います。日本人なら「頑張れニッポン」というように。自分の国にプライドや愛国心を持つのは悪いことではないと思います、むしろ、国民の意思の統一や調和、自国の更なる繁栄には非常に大切なことだと思います。しかし、過剰なまでの愛国心は、時として、他の国の人々や文化に対する無関心や否定につながることもあります
最近、世界のあちこちで起きた痛ましい事件、テロリズム関連や銃関連の事件の多くは、人種や文化、宗教観、政治観などの違いや対立が多くの原因になっています。つまり、今、このタイミングでオリンピックで自国の選手を熱狂的に応援し、国vs国の構図を扇動し更にナショナリズムを高揚させるのは、世界平和的な観点で、やや疑問を感じると言わざるを得ません。2016年の現在、オリンピック観戦をどう楽しむか?というのも、そろそろ新しい観点・視点が必要だろうと思います               

| | Comments (4)

07/09/2016

ACSM/NPAS Physical Activity in Public Health Specialist exam

Hello dear my friends ! how is going ?  this video is my latest update. I got a cert of Physical Activityu in Public Health Specialist, which is the newest cert program of American College of Sports Medicine. since this cert program was established just a few years ago, it seems that I'm a second japanese who passed this exam. I would like to respect the first person's hard work, efforts, and passion. have a nice weekend !
ご無沙汰しております。米国スポーツ医学会(ACSM)の新資格プログラム、パブリックヘルス・スペシャリストを取得致しましたのでご報告させて下さい。これはACSMが2年ほど前に開始したプログラムで、まだ受験者が比較的少ないこともあり、僕が日本で二人目の取得者のようです。最初に取得した方の努力と情熱を見習ってマイペースで頑張ります。暑い日々ですので、お互い体調には気をつけましょうね。良い週末を!    

| | Comments (4)

06/21/2016

there is no deadline in learning

I found an inspiring story of a 68 years old man in Nepal who is pursuing education at a middle school with 14-15 yeas old classmates. main reasons for his study at the middle school are the following three
1. to escape from lonely living (his wife already passed away)
2. when he was a child, he had to drop out from school because of poverty
3. to become an inspiring role model for raising awareness about the importance of education especially in his country
he embodies the notion that " there is no deadline/age restriction in learning " I guess
http://www.nbcnews.com/slideshow/never-too-old-meet-nepal-s-68-year-old-student-n592701

nbcニュースで、上記リンクの記事を見ました。ネパールの68歳の男性が、ミドルスクール(日本の中学と高校の中間位のものでしょうか)で14~15才のクラスメートと一緒に学生生活をエンジョイしているという。この男性が学校に行こうと決めたのは主として以下の理由
1)奥さんに先立たれ、子供もすでに独立しており、一人暮らしなので、一人の生活から抜け出したかった
2)子供の頃、教員になるのが夢だったが、貧困のため、学校を途中で辞めざるを得なかった
3)68才の人間が自分の孫くらいの年齢の学生と一緒に学ぶことで、学ぶことの楽しさ・大切さを多くの人に伝えたい

欽ちゃんもそうだと思いますが、学ぶことに年齢なんて関係ないんだという良い見本だと思います

| | Comments (0)

06/12/2016

クリスティーナ・グリーミーさんに捧ぐ Tribute to Ms.Christina Grimmie 

Hi everyone !  it's been a while, how are you doing ?
as you already know, Ms.Christina Grimmie has become a victim of a tragedy. nearly 5 years ago from now, I introduced Ms.Christina on my blog, cuz I was also a fan of Ms.Christina's prettiness and attractive singing   (this post on Nov 6 2011)
http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2011/11/christina-grimm.html
her songs and spirit are forever with her fans' mind and her family, I believe. thanks for inspiring me, Ms.Christina Grimmie

既に報道されている通り、米国の歌手・クリスティーナ・グリーミーさんがショッキングな事件の犠牲になってしまいました。僕自身もクリスティーナさんの人を惹きつける歌唱力とチャーミングなところが好きで気になる存在でした。このブログで2011年11月に彼女のことを書いています(上記リンク)
大変残念なことになってしまいましたが、クリスティーナさんの歌と精神は永遠にファンと家族の方々の心と共にあることを願います

| | Comments (0)

05/13/2016

MBA program focued on business analytics - CalU of PA

Calu_graduate_studies_2let me introduce my alma mater CalU PA's new online program. it is an MBA course focused on business analytics, and the first ever program of its kind, I guess
if you are interested in, please check it out from this link
http://www.calu.edu/academics/online-programs/mba-business-analytics/index.htm

母校の新しいオンラインプログラムを紹介させて下さい
MBAのプログラムですが、MBA business analytics という名称がついており
ビジネスデータの解析に焦点をあてたコースのようです
上記リンクより詳細をご覧になれます

| | Comments (0)

05/07/2016

エクササイズ イズ メディシン Exercise is Medicine

the word/concept "Exercise is Medicine" is beginning to draw people's attention recently in japan too. Correctly speaking, EIM is American College of Sports Medicine's new champaign/framework to heighten people's awareness about the importance of physical activity and regular exercise habits in terms of disease prevention especially non-communicable diseases. Also, better mutual understanding between health & fitness professionals and medical professionals is an important part of EIM. As a credentialed EIM fitness professional myself, I would like to introduce this new framework in japanese language as well below.
for details please refer to this website http://exerciseismedicine.org/

最近、「エクササイズ イズ メディシン」というキーワードで僕のブログを訪問して下さる方々が少しづつ増えているようですので、本日は、このエクササイズ イズ メディシンとは何かご紹介します。
直訳すれば、「運動は薬だ」ということですね。正確に言えば、運動は状況によっては、従来の医療(投薬など)を補完する上で生活習慣病や障害の予防効果をある程度見込める可能性がある、ということですね。皆さんご承知にように、若年層から中年層では運動不足により肥満やメタボリックシンドロームなどが健康問題になりつつあります。高齢層では加齢に伴う運動機能の減少、転倒の危険性、骨粗鬆症、認知機能の減少などが社会問題になりつつありますね。どこの国も、医療費や健康保険の財源などは非常に厳しい状態にあります。 となると、運動や生活習慣の改善を通して病気や障害を予防しましょうというのがとても大切ですね。
すると、我々フィットネス指導員などもエクササイズの指導技術に加えて、生活習慣病や慢性障害等と運動との関わりを、ある程度理解するのが非常に大切です。また必要に応じて、医療関係の専門職の方々と連携や相互理解を高めることも大切と思われます

エクササイズ イズ メディシンとは、こういった側面への理解・啓蒙を高めるために、米国スポーツ医学会(ACSM)が主体となって提唱しているキャンペーンというか枠組みです。この枠組みは2007年に開始されましたが、ようやく最近、日本でも少しづつ注目を集めつつあります。この枠組みを健康・フィットネス・医療関係の方々に広めていく上で、ACSMは米国エクササイズ評議会(ACE) および メディカル・フィットネス・アソシエーション(MFA) と提携して推進しています
私はACSM認定のフィットネス指導員ということもあり、このEIM認定を取得しております。詳しい情報は上記のリンクからウエブサイトをご覧ください

| | Comments (0)

05/01/2016

元気に生きたい中高齢者向け新番組

today, I will write my thought and expectation for a new TV program in japan, so, I will write it in japanese
テレビ番組の質が低下している最近は、あまりテレビは観ませんが、昨日、昼食時にこんな新番組をやっていて、ちょっと興味を持った http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000522-san-ent
元気で前向きに生きたい中高齢者向けの情報番組で主な出演者が水前寺清子さん(チーター)と長州力さんという点が興味深い。なぜなら、チーターも長州も前向きで元気な中高齢者の見本のような方だから。しかも水前寺さんは熊本出身、今の日本を元気づけるには最適な方だと思う

一般に、チーターは「演歌歌手」と思われていますが、彼女は良い意味で従来の「演歌」の枠を超えていると思います。僕は演歌について何も知らないので、よくわかりませんが、演歌というと、歌の内容が、故郷に対する郷愁や男と女の別れなどを歌ったものが多く、なんか悲しい気持ちになるものが多いような気がする。水前寺さんのヒット曲は「365歩のマーチ」、「いっぱんどっこの歌」など、前向きに進もうといった内容のものが多く、伝統的な演歌というよりは、「応援歌」とでも言うべきでしょうか。水前寺さんの生き方も、それを象徴しているように思う

長州さんは大学時代にレスリングでミュンヘン・オリンピックに出場されている。レスリングのように歴史が長く競技人口も多いスポーツで、大学在学中にオリンピック選手に選ばれるということは、スポーツ選手として、あるいは格闘家として、才能・努力とも並外れたものがあることを意味すると思う。プロレスラーになってからも、現在まで40年間位トップで頑張っていらっしゃる。それと、これは長州さん御本人が公言していらっしゃることなので、ここに書かせていただくが、彼は日本生まれ日本育ちではあるが、人種的には外国の方です。おそらく、偏見や差別など色々な経験をされたことは想像に難くない。つまり、長州さんは社会問題に非常に敏感で自分なりの考えを持った方です。

水前寺さんと長州さんを起用した新番組、良い人選だと思います

| | Comments (0)

04/19/2016

総合格闘技の実験 RIZIN タッグティームマッチ

since the demise of PRIDE fighting championship in 2006, japan's MMA business has been in recession for these 10 years. however, a new MMA promotion named RIZIN which stands for " rising " was born in December 2015. and the second RIZIN event was held on April 17th 2016. in this event, an intersting experiement was tested. that is a kind of MMA version tag rope team match of pro-wrestling. so to speak, each contender is allowed to change to one's partner during the match. contenders for this experiment were Wanderlei Silva & Tamura vs Sakuraba & Tokoro. I'm expecting the future growth of RIZIN, however, I have a bit complicated feeling about RIZIN's way of business. as you know, Wanderlei Silva is currently suspended by Nevada Athletic Commission due to banned drug use. however, the RIZIN used Silva for this event because Silva is a big star in japan, ignoring the Nevada's decision. The Nevada athletic commission is showing a directive role to eradicate use of banned substances among athletes and professional fighters. so, even MMA promotions in Japan should follow the policy of the Nevada commission, I think. RIZIN's attitude this time is against the real future growth of worldwide MMA business and popularity, I think. aside from that, enjoy this interesting experiment. the rule is grappling only, striking are prohibited. https://www.youtube.com/watch?v=KbKqReSWyUI

PRIDEの復活と期待されているRIZINの第2弾大会が、2016年4月17日に開催され、興味深い実験が行われました。それは、総合格闘技のタッグマッチ。つまり、プロレスのタッグマッチのようにピンチになったらパートナーにタッチできるルール。UWFインターで行われていたダブルバウトの復活といったところでしょうか。今回出場したのは、ヴァンダレイ・シウバ&田村 vs 桜庭 & 所。ルールはグラップリングのみで打撃はなし。

PRIDEが好きだった僕はRIZINに期待していますが、彼らのビジネス感覚にやや疑問を感じる部分も正直あります。ヴァンダレイ・シウバは禁止薬物の使用により、ネバダ州のアスレティック・コミッションの規定より現在、試合への出場停止期間中で、定められた一定期間が経過するまではプロ選手として試合することは禁じられています。にもかかわらず、今回、同選手を出場させてしまった ... ネバダ州のコミッションは米国内において非常に大きな権限を持っている組織です。RIZINのスタッフからすれば、日本での大会なので、米国の組織の規定に従う必要はない、それよりも久しぶりにシウバにチャンスを与え、日本のファンに喜んでもらいたい思いだと推測します。しかし、このグローバル時代の感覚からすれば、禁止薬物使用の蔓延に歯止めをかけようと努力しているネバダ州コミッションの裁定を無視するのは、彼らに対する敬意を欠くように思います。どこの国の組織だろうが、その分野の発展のために努力・貢献している組織の方針は尊重し、それに協力すべきと思います。こういった感覚のズレを修正しないと、本当の意味でグローバル・リーダーにはなれないでしょう。まあ、それは別として、この新しい実験を上記リンクよりお楽しみ下さい

| | Comments (0)

04/05/2016

ウェルネス・コーチング試験に合格 & パム・シュミッド女史に捧ぐ  

one of great pioneers in wellness coaching and fitness, Ms.Pam Schmid is battling with a recurrent breast cancer. this video is my greeting to all of you and my mind to Ms.Schmid

2015年12月18日に投稿したビデオの中で「現在、ウェルネス・コーチングの認定試験に向けて準備中」とお伝えしました。あれから約3か月経過し、おかげさまで米国・ウェルコーチのウェルネス・コーチング資格に合格しました。現在、日本でもコーチングという言葉が次第に認識されてきています。例えば、会社等でビジネスマンのやる気や生産性を高めるための心構えや気の持ちよう等の手法をビジネス・コーチングとかエグゼクティブ・コーチングなどと称しているようです。健康・体力づくり関連の行動変容、たとえば、食生活の改善・運動習慣を生活の一部にするための心理的手法はヘルス・コーチングとかウェルネス・コーチングなどと称しています。今回、取得した資格は米国スポーツ医学会 (ACSM) と提携しており、健康・フィットネス関連のコーチング資格の中では、最も代表的なプログラムの一つです

試験に受かってホッとしているところで、ちょっとショッキングな知らせが ...  この分野の先駆者の一人であるパム・シュミッド女史が、再発性の乳がんで闘病中との知らせ。というわけで、このビデオは皆さんへのご挨拶とシュミッド氏へのメッセージです
P.S. the woman in this video is Ms.Schmid (この女性がシュミッド氏です)
https://www.youtube.com/watch?v=OtiwHd-HNEQ 

| | Comments (0)

03/26/2016

ロールモデル ミーシャ・テイト role model Miesha " the cupcake" Tate

currently, one of my interest is female MMA fighter Miesha Tate. not only her beauty and sexiness, I like her sincere attitude to MMA and life, pride and modesty, sense of respect to contenders, warmth, smile, and sense of humor, her way of speaking ... etc.  although she is much younger than me and she is female, Miesha is a kind of role model to me in these points.
in this video, I like her humor " google it " lol


最近、興味のあるのが女性総合格闘家のミーシャ・テイト
美人でセクシーだけではなく、格闘技や生き方そのものへの、ひたむきさ、自信と謙虚さ、対戦相手への敬意、常に笑顔でフレンドリー、ユーモアのセンスなど、ずっと年上のオッサンの僕から見ても見習いたい点が多いです
このビデオの最初の部分、司会の男性との会話でのユーモアが面白い
司会者  「あなたは、ロンダ・ラウジーとは仲が悪いという話ですが、本当ですか?」
ミーシャ 「はい、でも話すと長くなるので、ググってね!(グーグルで検索してね)」

| | Comments (0)

03/20/2016

TEDトーク ブルース・リーの哲学&成功法則

this is a link to a TED talk by great Bruce Lee's daughter Ms.Shannon Lee. although the presentation theme is " philosophy of Bruce Lee ", this is an inspiring principle for acheiving one's goals not limited to martial arts and action movies. please enjoy her 13 minute presentation ! https://www.youtube.com/watch?v=QOKKUSwEaxg&feature=youtu.be
上記リンクはブルース・リーさんの娘・シャノン・リー氏によるTEDトークです。講義テーマは「ブルース・リーの哲学」となっていますが、格闘技やアクション映画に限らず、自分の目標に向かって進むための有用な法則というかメッセージです。13分のプレゼンテーションをお楽しみください

| | Comments (0)

03/05/2016

ブルース・リーの哲学を受け継ぐ少年

tears fell off of my eyes being moved with this little dragon's spirit and determination
and someone was writing a similar thing on the comment on youtube
" he is a kid in body, but an adult in mind, concentration, seriousness, and striving to be the best, following Bruce Lee's big mind will lead him successful in whatever he is doing later in life " 


このビデオを見た時、思わず感激で涙が出ました。この少年(イマイ リュウセイ君)のブルース・リーに対する熱い思い、集中力と気迫、努力は凄まじいものがあります。youtubeのコメント欄で僕と同じようなことを書いている人がいました(原文は英語ですが)
" 彼は身体的には子供だけど、心というか精神は大人だね。集中力・真剣さ・最高のものを求めて常に努力する姿勢といったブルース・リーの精神・哲学は、彼が成長してから何をするにしても成功へと導くだろう "

| | Comments (0)

02/23/2016

ブルース・リーの哲学

No_limitstoday I found this encouraging message on the web. what I like/admire about Mr. Bruce Lee is his philosophy like this one. my another favorite Bruce Lee's word is " absorb what is useful whatever it is, and discard what is not "

本日、インターネットでこのメッセージを見かけました。ブルース・リーさんの言葉ですが、よいメッセージなので訳しますね。
"自分のやることすべてにいつも自分自身で限界を決めつけていたら(それが格闘技や肉体鍛錬でも、勉強や仕事など別のことでも) それは、自分の仕事や生活にも悪影響を及ぼすだろう。プラトー(一時的な停滞状態)というものはあるにしても、限界なんてものはないんだよ。そして、そこで立ち止まっちゃだめなんだ。それを乗り越えていかなきゃ"

ブルース・リーさんが32年という短い生涯で、あれだけ偉大なものを世界に残したのは、このような彼の生きる姿勢だと思います。僕はそれを尊敬します

| | Comments (0)

02/16/2016

中年期における運動習慣が認知症予防に大切な可能性

in the present society of aging population, prevention of senile dementia is one of important health problems, especially in my country Japan, more than 25 of the current population is 65 years old or older. a result of latest research about brain aging and exercise was published on CNN (original article was publised on Neurology Journal) http://edition.cnn.com/2016/02/15/health/poor-fitness-smaller-brain/index.html
the following is my japanese translation of this article
高齢化が進む現代社会では、高齢期の認知症などの予防は大切な問題です。脳の老化と運動の効果に関する最新研究の一つがCNNで報じられましたので、以下に訳します

ボストン大学・医学部 ニコール・スパルターノ研究員らが神経学の学術誌 Neurologyの電子版に発表した記事

概要 中年期における運動習慣(有酸素系の機能など)が約20年後の脳の老化に関与している可能性あり

実験内容 被験者1500名(平均年齢40歳で認知症や心臓病のない人)がトレッドミル(いわゆるウォーキングマシン)にて歩行またはランニングし心肺機能を測定。そして、20年後にMRIで脳の容積などを測定し、中年期の有酸素機能と高齢期における脳の老化や萎縮の関連性を調査

中年期におけるトレッドミル測定で、心肺機能の低い人達や、与えられた運動負荷に対して心拍数や血圧が、より大きく反応した人達は、約20年後の脳の老化・萎縮の程度が大きいことがわかった

スパルターノ研究員によると、運動により脳への血流を良くすることが、高齢期における認知機能低下の予防に大切だということです

ENDOより追記
ちなみに、私の母校でgerontology(老齢学とでも訳しますか)を研究している教授も、高齢期における認知症予防に大切なのは、運動により脳への血液・酸素の供給を高め、適切な食事により脳への栄養供給を保つことだと、おっしゃっていました

| | Comments (0)

02/09/2016

new video of CALU online programs

this is a new video of online programs of my alma mater California University of Pennsylvania. CALU's online programs are ranked as one of the toppest among universities that deliver distance education. enjoy watching it !
母校のオンラインプログラムの新しい紹介ビデオが出来たそうなのでご紹介させて下さい。全米の多くの大学がインターネットでも講義やプログラムを配信するようになった現在、どの大学も、オンラインプログラムをいかに充実させるかに今後の発展がかかっていると言っても過言ではありません

| | Comments (0)

02/06/2016

スポーツ心理学に関する新聞記事 - how pro footballers control pre-game nervousness

one of my ex classmates is currently studying sport and performance psychology, and the link below is an article she shared on her social newtworking site. that is about how NFL players control pre-game nervousness and anxiety. it is supposed to be a good article for introducing many of you to the world of sport psychology, besides the concept can be applied to your everyday life as well, so I would like to share it on my blog as well. enjoy reading it !
http://www.cbsnews.com/news/super-bowl-football-pros-manage-jitters/
元クラスメートの一人は現在、スポーツ&パフォーマンス心理学(スポーツ選手が試合の時に、いかに平常心を保つか、あるいはトレーニングや練習、仕事、学業、家庭生活などでのストレスや悩みとどう対処するかなど)を学んでいます。彼女のソーシャルネットワーキングサイトに上記のリンク記事が紹介されていました。NFLのプロフットボール選手が心理面・精神面をどうコントロールしているか?についての記事です。スポーツ心理学について知っていただくのに良い記事だと思いますし、スポーツだけでなく日々の生活にも応用できるので、興味のある方は御一読下さい。
ちなみに、スポーツ選手の心理面・精神面のサポートやトレーニングを、日本では、メンタル・トレーニングとかメンタル・トレーナーなどと称していますが、私の知る限り、米国ではそのような表現はまずしないようです。やや堅い表現になりますが、心理面へ働きかける方法ならば、psychological intervention などと言います。心理面のサポートをする専門家で学位を持った人は sport psychologist などと称されます

| | Comments (0)

01/30/2016

female friendly workout gym - Open Gym San Francisco

Dscf1002Please look at this nice t-shirt ! このTシャツにご注目下さい!
one of my classmates in CalU, Ms. Linda Chungchootairong opened her workout gym in San Francisco. the name of her gym is Open Gym San Francisco. as the name implies, her gym is opened and friendly to female trainees as well !
http://www.opengymsf.com/home.html
https://www.facebook.com/OpenGymSF/?fref=ts
Linda herself is also a hardcore weightlifting competitor with master's degree in exercise science, ACSM Personal Trainer, NASM/Corrective Exercise Specialist.

Linda_photoamazingly she can do strict form squats with 120-130kg ! and she is a sweet and attractive lady with affection for animals. I highly recommend her gym OGSF to from beginners to hardcare athletes and bodybuilders. her gym's apparels are also cool !  Please check her gym through the above links !

大学のクラスメートの一人、リンダ・チャンチュータイロン氏がサンフランシスコにトレーニングジムをオープンしました。ジムの名前はオープンジム・サンフランシスコ(OGSF) オープンという言葉が示す通り、このジムは女性にも適しています。リンダ自身がウエイト・リフティングの選手で、エクササイズ・サイエンスの修士号を持ったACSMパーソナルトレーナー、NASMコレクティブエクササイズスペシャリストです。女性ながら、120-130kgでストリクトフォームのスクワットを軽々こなすので驚きです。また、動物を愛する優しい女性でもあります。上記リンクより彼女のジムにアクセスできます

| | Comments (0)

01/20/2016

ディプロマ到着 diploma has arrived

Dscf0995today, the diploma of the wellness coaching program I completed in this December arrived from my graduate school. I would like to thank all the people who supported me through this program
この12月に修了したウェルネス・コーチングコースのディプロマ(修了証)が本日、届きました。このプログラムを通じてお世話になった全ての皆さんに感謝致します

| | Comments (0)

01/12/2016

ポジティビティ診断ツール positivity ratio

today I would like to introduce you to a useful website that easily caluculates the ratio of your positivity and negativity in a day. it can only take a few minutes. knowing one's positivity and negativity in a day is supposed to be helpful for enhancing forward looking attitude for the next day. ratio of positivity and negativity above 3.0 is ideal
http://www.positivityratio.com/single.php
本日は、自分自身の精神状態・心理状態の前向きさと消極さを簡単に評価するサイトをご紹介します。上記のリンクのクリックし、アンケート形式の設問に答えるだけで、その日のポジティブさとネガティブさの比率が出ます。比率3.0以上が理想的な状態です。毎日の自分のポジティビティとネガティビティを知ることで明日への活力につながると思われます
Retrieved from http://www.positivityratio.com/

| | Comments (0)

01/05/2016

エクササイズ指導者検索の新サイト - The United States Registry of Exercise Professionals

today, I would like to introduce you to a new online registry of fitness professionals. the name of this new fitness professional finder is USREPS (United States Registry of Exercise Professionals), and is currently made up of seven fitness organizations (ACE, ACSM, NSCA, NCSF, NETA, Cooper Institute, and Pilates Method Alliance). although the registry is currently limited to certified pro of these seven organizations living in the united states, I hope exercise professionals in other countries are also involved in this trainer search service in the future.
http://www.usreps.org/Pages/default.aspx
本日は、エクササイズ関連のプロフェッショナルを検索するための新しいサイトをご紹介します。上記リンクのUSREPSという検索サイトで、ACE(米国エクササイズ評議会)の主導により立ち上げられたもので、現在、ACEの他、ACSM, NSCA, NCSF, NETA, クーパー・インスチチュート、ピラテスメソッド・アライアンスの7団体により構成されています。今のところ、登録されているのは上記7団体の認定資格を持つ米国のエクササイズ・プロフェッショナルのみに限定されていますが、将来は他の国の認定者も含まれることを期待したいと思います

| | Comments (0)

01/01/2016

Happy New Year 2016

My 2016 started with light weight training workout.
Wishing all of you health and happiness in the new year.
僕の2016年は軽いウエイト・トレーニングでスタートしました。
皆さんの今年の健康と幸運をお祈りしております

| | Comments (0)

12/29/2015

diary December 29th 2015

Dscf0975my best friend living in Tokyo dropped by my city Shizuoka on his way to home in Kyushu. so we visited Hihondaira which commands fine view of Mount-Fuji. Thanks to my friend, I had a wonderful day
東京在住の友人が冬休みの帰省途中に静岡に立ち寄ってくれたので、本日は一緒に日本平を訪れました。ご覧のとおり、富士山が綺麗に見えました

| | Comments (0)

12/28/2015

diary December 28th 2015

all of my work in 2015 finished today, and my work in 2016 starts from January 4th. I would like to thank all the people I met this year.
Have a nice new year vacation everyone !
2015年の仕事は本日完了しました。2016は1月4日より仕事始めです
今年お会いしたすべての皆さんに感謝いたします。良いお年をお迎えください。

| | Comments (0)

12/20/2015

Be the person you want to be !

Be_the_pesron_you_want_to_bemotivational tip
the message in the photo is one of steps toward your desired change

行動変容へのステップ
自分自身がなりたい自分になっていきつつあると信じること

Retrieved from ACSM facebook

| | Comments (0)

ウェルネス・コーチングとは? what is wellness coaching ?

what I majored in through the post-master's course is wellness coaching. probably the word wellness coaching is an unfamiliar word to many of you, I guess. according to the textbook Coaching psychology manual, coaching is the art of creating an environment, through conversation and a way of being, that facilitates the process by which a person can move toward desired goals in a fulfilling manner (Moore & Tschannen-Moran, 2010). so to speak, wellness coaching is a kind of coaching psychology for health and fitness professionals. and it will become one of major topics in the health & fitness industory in the near future.  
僕がポスト・マスターズコースで学んだのはウェルネス・コーチングです。おそらく、ウェルネス・コーチングとは多くの皆さんには聞き慣れない言葉だと思います。「コーチング・サイコロジー」というテキストによると、コーチングとは、会話やコーチの存在&行動を通じて、顧客や生徒・選手の望む目標に向けたプロセスを促進する環境を創り出す技術である、と定義しています。つまり、ウェルネス・コーチングとはヘルス&フィットネス関連のプロフェッショナルのためのコーチング心理学の一種であると言えるでしょう。そして、これはヘルス&フィットネス業界の新しいトレンドの一つになりつつあります

Reference
Moore, M., & Tschannen-Moran, B. (2010).
Coaching psychology manual.
Philadelphia, PA: Lipincott Williams & Wilkins.

| | Comments (0)

12/18/2015

ウェルネスコーチング・ポストマスターズ修了 - completed the post-master's of wellness coaching

Pic_for_videolog_20151212I completed the post-master's course of wellness coaching in this December. the following link is my thank you video to all of you and my professors. I'm happy if you could watch it.
ウェルネスコーチングのポストマスターズコースを、この12月で無事修了することができました。下記のリンクは僕から皆さんと教授達へのサンキュービデオです、ご覧いただければ幸いです。
http://video.fc2.com/content/20151212LbdVWtZn/

| | Comments (4)

12/13/2015

diary December 13th 2015 - brand new shoes

Dscf0969as my workout shoes wore out, I bought a new one. Although this model Reebok Ex-O-Fit Hi is quite rare nowadays, it's my favorite because of the simple design and the slightly high heeled sole which fits to squat and deadlift. I'm looking forward to the next workout.
愛用のトレーニングシューズが古くなったので新しいものを購入しました。これまで愛用していたのと同じリーボックのEx-O-Fit のハイカットモデル。近年ではすっかり珍しくなってしまった感がありますが、このシンプルなデザインと微妙に踵が高くなったソールがスクワットやデッドリフトに最適で気にっています。次回のトレーニングが楽しみです。   

| | Comments (0)

12/09/2015

tesimonial for CALU

Calu_testimonial_photo_3A while ago, I wrote a testimonial for my alma mater California University of Pennsylvania. and the testimonial has been uploaded on the website of CALU. It's my honor and pleasure ! http://www.calu.edu/prospective/global-online/why-cal-u/testimonials/index.htm

数か月前に、母校・ペンシルバニア州立カリフォルニア大学より修士課程在学時の体験記を書く栄誉をいただいたのですが、この度、大学のウェブサイトに僕の体験記が掲載されましたのでご報告させて下さい (上記リンクをクリック、僕のプロフィール写真下のREAD MOREをクリックするとご覧になれます)

| | Comments (0)

12/08/2015

diary December 8th 2015 - year ending party

Dscf0948Hi everyone, very long time no see ! I'm so sorry for not updating the blog for a long time. On this Sunday, I had a dinner with one of best friends. we enjoyed chinese food while talking about bodybuilding topics. it was a bit early year ending party
皆さん、大変ご無沙汰しております。久しぶりの更新でスミマセン。先日、ボディビル仲間と毎年恒例の食事会(少し早い忘年会)を行いました。中華料理を楽しみながら、トレーニングの話題などで楽しい時間を過ごしました。ご覧の通り、元気でやっております。

| | Comments (0)

05/14/2015

be the change we want to see in the world !

the spring semester at CALU completed last week, and currently I'm reviewing the textbook I used in this semester. The most impressive point in what I read today is ... we need to be the change that we want to see in the world. we need to model the behavior we want to see in our clients and our prespective clients (Moore & Tschannen-Moran, 2010)

Reference

Moore,M., & Tschannen-Moran,B. (2010).
Coaching psychology manual.
Philadelphia,PA : Lippincott Williams & Wilkins.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2015

ACSMの新刊本情報 May 2015              new books from ACSM May 2015

Acsm_group_exercise_trainer_textb_2Acsm_cift_textbook

information about new books of American College of Sports Medicine
the first one is a textbook for group exercise instructors
the next one is a texbook for inclusive fitness trainer certification
considering that the curent customer base in japanese finess indstory are the middle aged and the elderly (one in four people in japanese population are over 65 years old), the both textbooks would be very useful for health & fitness professionals in japan as well
if I have a chance in the future, I would like to translate these two books into japanese language
米国スポーツ医学会(ACSM) の新刊本2冊をご紹介します
ひとつめは、グループエクササイズ・インストラクター向けのテキスト
もうひとつは、包括運動トレーナー認定試験(NCHPAD/CIFT)に最適なテキスト
4人に1人が65歳以上という現在の日本の人口動態を考慮すると、どちらのテキストも日本のフィットネス指導者には必須のものと思われます
将来機会があれば、ぜひ、僕が翻訳してみたいテキストです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2015

ACSMの新しい認定証 new certificates of ACSM

Acsm_certificate_2015_2as I wrote previously, American College of Sports Medicine changed the name of their two certifications from 2015. by this name change, ACSM Health/Fitness Specialist has become Exercise Physiologist (EP-C), ACSM Clinical Exercise Specialist has become Clinical Exercise Physiologist (CEP) respectively. and the new certificates arrived from the US today
I'm proud of being a member of this wonderful organization !
以前このブログでお伝えした通り、米国スポーツ医学会(ACSM) は2015年より2つの認定資格の名称を刷新しました。この名称変更により、ACSM ヘルス/フィットネス・スペシャリストはエクササイズ・フィジオロジスト(EP-C)に、ACSM クリニカルエクササイズ・スペシャリストはクリニカルエクササイズ・フィジオロジスト(CEP) という呼称になりました
そして待望の新しい認定証が本日、米国より届きました
この素晴らしい組織の一員であることを誇りに思います

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2015

Rage in the Cage 米国の注目総合格闘技団体

Ritc_178_posterone of my former classmates at California University of Pennsylvania, Mr.Nathan Hyland has become new president and chief exective officer of mixed martialarts promotion Rage in the Cage. Rage in the Cage (abbreviated as RITC) has the second longest running history in the world of MMA since its inception in 1998. Based on the hometown Arizona, RITC has held more than 175 mma events so far. I hope further growth and expantion of Rage in the Cage

大学院・修士課程の際のクラスメートの一人、ネイサン・ハイランド氏が米国の総合格闘技団体 レイジ・イン・ザ・ケイジの新会長&経営執行幹部長に就任しました。このレイジ・イン・ザ・ケイジという団体は日本ではあまり知られていませんが、アリゾナを拠点に1998年の創設以来、これまで175以上の総合格闘技イベントを開催してきたそうです。友人の経営する総合格闘技団体の今後の発展に期待したく思います
for details about Rage in the Cage, please click this link http://www.rageinthecage.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/30/2015

38th NSCA Annual National Conference      第38回米国NSCA年次総会のお知らせ

Nsca_national_2015_3

For those who have NSCA certifications and who are interested in strength & conditioning, the 38th Annual National Conference of National Strenghth & ConditioningAssociation is going to be slated from July 8 to July 11 2015 at Swan Dolphin Hotel in Orland Florida
this is a good opportunity to earn 2.0 Continuing Education Unit
for registration, please access from the banner
NSCAの認定者の皆さんとストレングス&コンディショニングに興味のある方にお知らせです。第38回NSCA年次総会が2015年7月8日から7月11日までフロリダ州オーランドのスワンドルフィンホテルで開催されます。
継続教育ポイント(CEU 2.0)を獲得する良い機会です。
お申し込みはバナーよりアクセスできます

| | TrackBack (0)

04/04/2015

Diary April 4th 2015 - the importance of positive attitude

Dscf0838This is a photo I took after today's workout
what I learned through today's workout is the importance of positive attitude, which I'm currently learning in the program of wellness coaching
If you hit a serious snag in your lifetime, talk to yourself some positive word in your mind
that is a key for succeed !
本日のトレーニング後に撮った写真をUPしますね。
本日のトレーニングで学んだことは、いわゆる"ポジティブ・アティチュードの大切さです
これらは僕が現在学んでいるウェルネス・コーチングのコンセプトから学んだことです 

| | TrackBack (0)

03/31/2015

Victory at NCAA division 2

Calu_womens_bascket_2My alma mater CALU's women's bascketball team won the NCAA division 2
I hope further advancement of CALU women's bascketball team !
僕の母校CALUの女子バスケットボールチームがNCAAのディビジョン2で優勝しました
CALU女子バスケットボールチームの更なる前進を期待します!

| | TrackBack (0)

03/29/2015

diary March 29th 2015 - 幻の六本木BIO

Dscf0780This is a back shot I took after today's workout
the T-shirt I'm in is a one that I purchased at PARCO departmentstore in Shibuya when I was a sophomore or a junior in undergraduate school
This T-shirt is a special one of now defunct Roppongi Fitness Space BIO, which makes me a bit nostalgic

本日のトレーニングの後、久しぶりに写真を撮ってみました
着用しているBIOのTシャツは、学部生の2年か3年の頃に渋谷のパルコで購入したものです。嗚呼、懐かしき六本木BIO&トライアングル・ブルー(笑)

| | TrackBack (0)

03/12/2015

review about CALU on GraduateReport.com

given an honor to write my experience on GraduateReport.com from my alma mater, my review about California University of Pennsylvania has been uploaded on that website
大学のランキングや評判等を掲載するウェブサイトでGraduateReport.comというのがあります。今回、母校より寸評を書く栄誉を与えられ、僕の書いた体験談が掲載されましたのでよろしければご覧ください
http://www.gradreports.com/colleges/california-university-of-pennsylvania-online

| | TrackBack (0)

03/07/2015

basic human anotomy quiz March 7th 2015

Human_anatomy_quizthis quiz is helpful for reviewing your knowledge about basic human anatomy, if you have time, please try it out from the following link !
このクイズは基本的な解剖学の知識をおさらいするのに役立ちますので、時間があったら下記のリンクからトライしてみてください
http://www.playbuzz.com/toddbv10/can-you-answer-these-basic-human-anatomy-questions?utm_source=facebook.com&utm_medium=page-posts&utm_campaign=can-you-answer-these-basic-human-anatomy-questions&smff=fb

| | TrackBack (0)

02/22/2015

diary February 22nd 2015

today, I attended a convention of Shizuoka Health and Longevity Foundation which was held in Numazu-city. totaly 5 panelists discussed about how to promote health of people in shizuoka-prefecture. in that discussion, what was most intriguing to me was " how to increase intake of vegetables " so I looked up related informations on the BBC website, and found an interesting article. According to that article, one prospective way for increasing consumption of veggies is .... " the recommendations are that you add as much colours as possible to one's diet. The different colours of different plants represent some of thousands of different bioactive compounds, known as phytochemicals, which keep plants alive and healthy. "
representative colours are the following
Green
Orange and Yellow
Red
White
for details, plese refer to this link http://www.bbc.com/news/magazine-26848981

本日は静岡県健康長寿財団の「健康づくりサポーター・連携・協働のつどい」に出席しました。合計5名のパネリストがいかにして静岡県の人々の健康を高めるか?を討論しました。ディスカッションの中で僕の興味をひいたのは " いかにして野菜の摂取量を増やすか?」ということでした。BBCのウェブサイトで関連情報を検索したところ、興味深い記事を見つけましたので、上記にご紹介いたします。大切なポイントは「できるだけ沢山の色を自分の食事に加えること。異なった植物の異なった色合いは、フィトケミカルとして知られる数千の生体活動物質を表している(それらは、植物を活き活きと健康にしている)」
記事によると、代表的な色合いはグリーン、オレンジ、イエロー、レッド、ホワイトだそうです。詳細は上記のリンクをご参照下さい

| | TrackBack (0)

02/21/2015

高齢者の栄養摂取 guideline for gariatric nutrition

I sometimes receive questions concerning optimal nutrition for the elderly. However as far as I know, unified guidelines regarding geriatric nutrition are few. So I checked related informations concerning nutritional guideline for the older adults through online databeses, and I found an interesting article. This article is about nutritional guideline for people with dementia. According to this article, appropriate nutritional intake for a person wiith a weight of 60kg is the following. it's my pleasure if this guideline is of some help.                

 

Nutrient (栄養素)

 
 

Quantity (基準値)

 
 

Protein (タンパク質)

 
 

0.8-1.5g/kg/day (48-90grams)

 
 

Energy (エネルギー)

 
 

25-35kcak/kg/day(1800-2100kcal)

 
 

Fluid (水分)

 
 

30-35ml/kg/day(1800-2100ml)

 

(Nazarko, 2013)

僕が担当しているエクササイズクラスの参加者の方々から高齢者の栄養摂取に関する質問を受けることが時々あります。僕の知る限り、高齢者の栄養摂取に関する統一的なコンセンサスはまだ少ないようです。オンラインデータベースにて関連情報を検索したところ興味深い記事をみつけました。この記事は認知症のある人の栄養摂取に関して基準値を示しています。上記のチャートは体重60kgの高齢者を対象とした数値です。ご参考になれば幸いです

Reference
Nazarko,L. (2013). Maintaining good nutrition in people with dementia. Nursing and Residential care, 15(9), 590-595.

| | TrackBack (0)

02/20/2015

ランナーズ・ハイ- how to experience euphoric feelings during running

I got a question concerning what is called " runner's high " from one of my exercise class participants yesterday. So, I searched for related informations through online database of my university and I came across an interesting article. Accrding to that article, it seems that euphoric feeling runners experience during thier workout or race is closely related to secretion of Endorphins and Endocannabinoid.
effective ways to experience the euphoric feeling or what is called " flow " during running are ...
1) Teaming up with others
2) listening to your favorite music may facilitate the production of endorphins
3) Running at 70-85 percent of your age adjusted maximum heart rate can lead to secretion of endocannabinoids
4) Be positive - the biggest threat to flow is negativity
5) Focusing on moving not thinking
6) Running your familiar ground
(Fetters, 2014).
I'm happy if this information is of some help for you

昨日、高齢者筋トレ教室の参加者の一人から「ランナーズ・ハイ」についての質問をいただきましたので、関連情報を母校の図書館データベースにて検索したところ、興味深い記事を見つけました。それによると、トレーニング中やレース中に感じる至福感・多幸感はエンドルフィンやエンドカンナビノイズという物質の分泌と関連があるとのことでした。こういった感覚(いわゆるflow)を体験するための効果的な方法は...
1) 仲間と一緒に走ること
2) お気に入りの音楽を聴くことはエンドルフィンの分泌を促進する
3) 最大心拍数の70-85%で走るとエンドカンナビノイズの分泌につながる
4) ポジティブ思考で走る
5) 考えることよりも動作に意識を集中する
6) 慣れている道を走る

これらの情報がお役に立てば幸いです

Reference
Fetters,K.A. (2014). A natural high. Runner's world, 49(5), 55-56.

| | TrackBack (0)

02/19/2015

coaching strategies for people in pre-contemplation phase

following yesterday, I would like to write about coaching strategies for behavioral change
coaching strategies for clients in what is called " I won't " stage are ...
1) expressing empathy
2) connecting with their positive core
3) leave them having been heard not judged
4) leave them a contact information of yours so that they can contact you whey they are ready for their desired behavior change

coaching strategies for what is called " I can't " stage are ...
1) expressing empathy
2)connecting with their positive core
3) praising them for knowing their barriers
4) decrease emotional response and increase rational response

昨日に引き続き、本日も行動変容を促進するためのコーチング方法を書きたいと思います。本日は、特に「pre-contemplation stage」(まだ、行動変容を本気で熟考していないステージ)について
上記にも書いた通り、大切なのは、共感・理解を示し、顧客の自己確信を高めることですが、まだ行動変容を本気で考えていない人たちにアドバイスを強要するのは、逆効果な場合もありますので、彼らが望む変容に準備が出来たときに備えて、コーチの連絡先などを残しておくのも有用なようです

Reference
Moore,M., & Tschannen-Moran,B. (2010).
Coaching psychology manual.
Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins

| | TrackBack (0)

02/18/2015

prospective coaching strategies that promote behavioral change

The day before yesterday, I wrote about Transtheoretical Model of behabior change (TTM), and today, I would like to review some important points regaring coaching strategies for stages of readiness
1) expressing empathy
2) connecting with their positive core (positve core is self-confidence in other word)
3) having some positive role model toward one's desired change
4) support from family, friends, or colleagues
5) especially for those who are in the maintenance stage, to become a role model oneself for those who have similar interests would be effective for prevention of lapse or relapse

一昨日、行動変容のトランスセオレティカルモデル(TTM)について述べましたが、本日は、行動変容を促すためのコーチング方法を復習にたいと思います。
1) 相手の置かれた立場や心情に理解や共感を示すこと
2) 望む行動変容に向けた自信・確信と結びつけること
3) 望む行動変容に関して見本となる人物を見い出すこと
4) 家族・友人・同僚などからの援助・理解(ソーシャル・サポート)
5) 特に第5段階(メンテナンス期)においては、自分自身が、同様の目標を持つ人たちの模範となるようにふるまうことが、前段階のステージに戻ってしまうことへの予防となります

| | TrackBack (0)

02/17/2015

announcement ACSM資格の名称変更について

American College of Sports Medicine announced name change of its two certifications.
Through this title change, ACSM/HFS becomes ACSM Certified Exercise Physiologist, ACSM/CES becomes ACSM Certified Clinical Exercise Phisiologist respectively.
It seems that there are some controversies regarding this title change, however, I agee to this title change, because new titles evoke an impression of exercise specialists based on more diverse and holistic perspective.
for details, please refer the following link
http://certification.acsm.org/name-change-faqs

米国スポーツ医学会(ACSM)には複数の資格がありますが、そのうちの2つの名称変更が発表されました。
ACSM/ヘルス・フィットネススペシャリストはACSM/エクササイズ・フィジオロジスト、ACSM/クリニカルエクササイズ・スペシャリストはACSM/クリニカルエクササイズ・フィジオロジストとなります。
今回の名称変更に関しては賛否両論あるようですが、僕の意見としては、これら新たな名称は、より包括的な視点を持ったエクササイズ・プロフェッショナルの印象を想起させると思いますので賛成です (詳細については上記リンクをご参照下さい)

| | TrackBack (0)

02/16/2015

Transtheoretical Model of behavior change

I wrote about wellness coaching yesterday, and in wellness coaching, one of the most important points is how to encourage one's clients' desired behavioral change. In the process of behavior change, people go back and forth between five different stages.
Stage 1 - pre-contemplation, aka I won't or I can't stage ... in this stage people don't have intention to change their behavior, because they don't think they have a problem, or they lack enough self-confidence
Stage 2 - contemplation, aka, I may stage ... in this stage, people are considering to start some behavioral change within the next 6 months, but at the same time, they have reluctance or ambivalent feelings toward the change
Stage 3 - preparation, aka, I will stage ... in this stage, people are preparing for their behavior change within the next months, and in this stage, ambivalent feelings are already resolved
Stage 4 - action stage, aka I'm doing stage, in this stage, people have already started their behavior change, but the length (duration) of the change is within 6 months, one of characteristics of this stage is that there is a risk of lapse or relapse
Stage 5 - maintenance stage, aka I'm still doing it stage, in this stage, eople are maintaining their behavior change over 6 months, and the change has become a part of their lifestyles. but, there is still a risk of lapse or relapse, one of preventative mothods is to have some positive role models or support from family, friends, or colleagues.
these consecutive stages are called as " Transtheoretical Model of behavior change (abbreviated as TTM),  this is what I'm learning at my wellness coaching program    

| | TrackBack (0)

02/15/2015

diary Febuary 15th 2015

As you already know, currently I'm learning coaching psychology for health & fitness professionals (aka, wellness coaching)
however, I'm faced with a dilemma now ... that is how to remove what is called " expert hat " and change it to a  " coach's hat ". because, according to Moore,M., & Tschannen-Moran,B(2010), giving an advice as an expert can sometimes evoke one's client's resistant feelings toward their desired behavior change. As you know, I have 20 years of experience as a fitness professional, therefore, I tend to view various things from a perspective of an " expert ".  In order to encourage one's client's desired behavior change, how to change one's mindset from "expert approach "to "coach approach ", that is one of the most important issues for me now.

皆さんご存知の通り、現在僕はフィットネス・プロフェッショナル向けのコーチング心理学(ウエルネス・コーチング)を学んでおりますが、ちょっとしたジレンマを感じております。というのは、ウエルネス・コーチングでは、「トレーニングの専門家」として、顧客にアドバイスするのは、時として、顧客の望む行動変容に対して反抗心を生じさせるのだそうです。
僕はフィットネス・インストラクターとして20年の経験がありますので、ものの見方・考え方はフィットネスの専門家になりがちです。 顧客の望む行動変容を奨励する上で、いわゆる「エキスパートの帽子」から「コーチの帽子」に考え方を改めるのが、
現在の課題の一つです。

Reference
Moore,M., & Tschannen-Moran,B. (2010).
coaching psychology manual.
Philadelphia,PA: Lippincott Williams & Wilkins

| | TrackBack (0)

01/30/2015

Deep vein thrombosis syndrome

a while ago, I wrote an article concerning deep vein thrombosis syndrome " what is called economy class syndrome " on a publication of Shizuoka-city Health Promotion Department.
the pics are the article published on the paper.
(if you click the photos, it becomes larger)
If I have some opportunity in the future, I would like to write articles again

静岡市健康づくり推進課が発行している機関紙に”エコノミークラス・シンドローム予防”に関する記事を執筆させていただきました。写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。また機会があれば、執筆活動もしてみたいと思います。

Dscf0744_4 Dscf0745_3

 

 

| | TrackBack (0)

«diary January 27th 2015